横須賀地方隊
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

横須賀地方隊

横須賀地方総監部
創設1952年4月26日
国籍 日本
軍種 海上自衛隊
上級部隊防衛大臣直轄
基地横須賀基地
・編・歴

横須賀地方隊(よこすかちほうたい、英称:Yokosuka District)は海上自衛隊地方隊のひとつ。主要部隊は神奈川県横須賀市にある横須賀基地に配備されている。日本の表玄関とも称すべき最も重要な海域の防衛を担当しており、後方支援任務も海上自衛隊最大の規模と内容を有し、任務も多岐にわたっている[1]


目次

1 概要

2 沿革

3 編成

4 総監部

5 主要幹部

6 脚注

7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク


概要

1952年(昭和27年)4月26日海上保安庁の付属機関として海上警備隊が発足し、地方機関として海上警備隊横須賀地方監部が設置された。同年8月1日保安庁警備隊発足と同時に横須賀地方隊が新編された。

警備区域は、主に岩手県以南で三重県以東の太平洋岩手県宮城県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都沖ノ鳥島を除く)、神奈川県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県および三重県の区域並びに青森県と岩手県の境界線が海岸線と交わる点から90度に引いた線と三重県と和歌山県の境界線が海岸線と交わる点から170度に引いた線との間にある東京都(沖ノ鳥島を除く)およびこれらの県の沿岸海域[2])。

主な任務は、担当警備区域の防衛・警備、災害派遣自衛艦隊等の正面部隊に対する後方支援業務、機雷・爆発性危険物の除去及び処理、民生協力等である。横須賀地方隊が対応する補給、造修については、全海上自衛隊艦艇の約1/3を担当しており、海外派遣艦艇(南極輸送を含む。)の支援に関しては、横須賀所在の艦艇に限らず全て支援している[1]

横須賀地方隊所属の艦艇の実力部隊としては、第41掃海隊のみであるが、横須賀地方総監は、必要に応じフォースユーザー(事態対処責任者)として、自衛艦隊から提供された護衛艦回転翼機を運用して事態対処にあたる。

また、記念艦「三笠」の保存を支援している[1]
沿革


1952年昭和27年)

4月26日海上保安庁海上警備隊が発足し、地方機関として海上警備隊横須賀地方監部が田浦港町旧海軍水雷学校跡地(現・第2術科学校)に設置された。8月1日保安庁の創設により海上警備隊が警備隊に改編され「横須賀地方隊」が新編。新編時の横須賀地方隊の編成(横須賀地方総監部、横須賀、函館、西部、呉、大阪、徳山、下関、佐世保各航路啓開隊)新編時の横須賀地方総監部の編成(総務部、警備部、航路啓開部、経理補給部、技術部)


1953年(昭和28年)

9月16日:各航路啓開隊を廃止し、横須賀基地警防隊、館山航空隊、呉地方基地隊を新編。大湊地方隊佐世保地方隊が新編され、横須賀地方隊の警備区域が縮小される。10月16日:総監部組織の改組(航路啓開部の廃止、調査室の設置、通信所の昇格)10月19日:横須賀地方総監部が田浦から現在地(西逸見町)に移転。


1954年(昭和29年)

7月1日:「防衛庁」が創設され「海上自衛隊」が発足。自衛艦隊及び呉地方隊が新編され横須賀地方隊の警備区域が縮小される。


1955年(昭和30年)

5月1日:「横須賀通信隊」を新編。11月1日:総監部組織の改組(副総監を設置)12月1日:「横須賀水雷調整所」を新編。


1958年(昭和33年)

4月1日:横須賀基地警防隊に「横須賀防備隊」及び「剣崎警備所」、「観音崎警備所」を新編。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE