横井時雄
[Wikipedia|▼Menu]

横井 時雄
牧師時代の横井時雄
生誕(1857-12-02) 1857年12月2日
肥後国(現・熊本県
死没(1927-09-13) 1927年9月13日(69歳没)
大分県別府市
職業牧師教育者政治家
配偶者山本みね(山本覚馬次女)

横井 時雄(よこい ときお、安政4年10月17日1857年12月3日) - 昭和2年(1927年9月13日)は、日本の牧師ジャーナリスト編集者、元逓信官僚、元衆議院議員、同志社第3代社長(現・総長)。一時期、伊勢時雄を名のる。

父は幕末期に活躍した儒学者の横井小楠

金森通倫徳富蘇峰徳冨蘆花は、母方の親戚にあたる。最初の妻・みねは山本覚馬の次女で、後妻は柳瀬義富の五女・豊。妹・みや海老名弾正の妻である。


目次

1 来歴

2 登場作品

3 脚注

4 関連項目


来歴

安政4年(1857年)、熊本藩士・儒学者横井小楠の長男として肥後国に生まれる。熊本洋学校に学び、明治9年(1876年)には熊本バンドの結成に参加、同年に上京し開成学校に入学するが翌年に同志社に転入。1883年の第三回全国基督信徒大親睦会、横井は前から3列目の右から3人目、左隣が宮川、最前列右端が海老名

明治12年(1879年)に同志社を卒業ののち伝道者として愛媛県今治市に赴任、新島襄により按手礼を受けた。明治16年(1883年)には上京して、宮川経輝海老名弾正ら熊本バンドのメンバーと共に、第三回全国基督教信徒大親睦会の幹部として活動する。

明治19年(1886年)、今治教会牧師を辞任。同志社の教師を経たのちに、明治20年(1887年)、再上京し、帰郷した義弟・海老名弾正に代わり、本郷教会の牧師をつとめる傍ら、『基督教新聞』、『六合雑誌』の編集にも携わったほか、内村鑑三を支援した。また、この頃から自由主義神学思想に傾倒していき、明治27年(1894年)にはその思想を鮮明に打ち出した『我邦の基督教問題』を著した。

明治30年(1897年)、丁酉懇話会の設立に加わり、同年に同志社の第3代社長に就任。明治32年(1899年)に辞職した後、官界に転身し、逓信省官房長をつとめた。明治36年(1903年)、岡山選挙区より立憲政友会公認で衆議院議員選挙に立候補し、当選を果たした。明治42年(1909年)、日本製糖汚職事件で拘禁され、同年5月6日に衆議院議員を辞職[1]。同年8月10日に東京控訴院第一部で、重禁固5ヶ月、追徴金2,500円の有罪判決が言い渡された[2]

雑誌『時代思潮』を発行したほか『東京日日新聞』の主幹もつとめた。

大正8年(1919年)、パリ講和会議に出席。

昭和2年(1927年)、大分県別府市にて死去。
登場作品

八重の桜 - 2013年、NHK大河ドラマ、演:黄川田将也

脚注

[ヘルプ]
^ 『官報』第7757号、明治42年5月7日。
^ 雨宮昭一「日糖事件 - 汚職事件と検察権の拡大」『日本政治裁判史録 明治・後』第一法規出版、1969年、512頁。

関連項目

熊本バンド










熊本バンド
メンバー

L・L・ジェーンズ

宮川経輝

金森通倫

海老名弾正

下村孝太郎

徳富蘇峰

浮田和民

小崎弘道

徳冨蘆花

山崎為徳

横井時雄

吉田作弥

原田助

加藤勇次郎

上原方立

森田久萬人

不破唯次郎

亀山昇

松尾敬吾

市原盛宏

岡田松生

家永豊吉

歴史

熊本洋学校

同志社大学

日本組合教会

会衆派

 三大バンド

横浜バンド(1872)

熊本バンド(1876)

札幌バンド(1876)

その他

静岡バンド(1876)

弘前バンド(1876)

阪神バンド(1870)

松江バンド(1891)











学校法人同志社
設置校

大学同志社大学人物一覧)。同志社女子大学人物一覧
高等学校
中学校同志社中学校・高等学校同志社女子中学校・高等学校同志社香里中学校・高等学校同志社国際中学校・高等学校
小学校同志社小学校同志社国際学院初等部
幼稚園同志社幼稚園
各種学校同志社国際学院国際部


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:26 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE