横井小楠
[Wikipedia|▼Menu]

 凡例横井小楠 / 横井時存
横井小楠(文久元年(1861年)8月、鵜飼玉川撮影)
時代江戸時代後期 - 明治時代
生誕文化6年8月13日1809年9月22日
死没明治2年1月5日1869年2月15日
別名平時存、北条時存、平四郎(通称)、畏斎、沼山(号)、子操(字)
墓所京都市左京区南禅寺天授庵
官位従四位下
主君細川斉護細川韶邦
熊本藩
氏族横井氏
父母父:横井時直、母:かず
兄弟時明、小楠
妻先妻:ひさ(小川吉十郎の娘)
後妻:津世子(矢嶋直明の娘)
時雄海老名みや

横井 小楠(よこい しょうなん)は、日本の武士熊本藩士)、儒学者。横井 時存(よこい ときひろ/ときあり)とも呼ばれる。

熊本藩において藩政改革を試みるが、反対派による攻撃により失敗。その後、福井藩松平春嶽に招かれ政治顧問となり、幕政改革公武合体の推進などにおいて活躍する。明治維新後に新政府に参与として出仕するが暗殺された。

本姓平氏で、北条時行の子孫を称していた。諱は「時存」(「ときひろ」「ときあり」)であり、正式な名のりは平 時存(たいら の ときひろ/ときあり)。通称は「平四郎」で、北条平四郎時存、北条四郎平時存ともいう。

「小楠」は彼が使った号の一つで、楠木正行(小楠公)にあやかって付けたものとされる[1]。他の号に畏斎(いさい)、沼山(しょうざん)がある[1]は子操[2]
目次

1 生涯

1.1 誕生・就学

1.2 開塾・福井藩出仕

1.3 暗殺


2 人物

3 評価

4 家系

5 関連作品

6 史料・著作

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク

生涯
誕生・就学

文化6年(1809年)8月13日、肥後国(現在の熊本県)熊本城下の内坪井町に、家禄150石の熊本藩士・横井時直の次男として生まれる[1]

文化13年(1816年)、8歳で藩校・時習館に入校[1]天保4年(1833年)に居寮生となったのち、天保7年(1836年)の講堂世話役を経て、天保8年(1837年)に時習館居寮長(塾長)となる[1]。下津久馬(休也)とともに居寮新制度を建議、採用されるものの実施過程において頓挫する。このとき、家老の長岡是容の後ろ盾を得る。天保10年(1839年)、藩命により江戸に遊学、林?宇の門下生となり、佐藤一誠、松崎慊堂らに会う。また、江戸滞在中に幕臣の川路聖謨水戸藩士の藤田東湖など、全国の有為の士と親交を結ぶ。

しかし、同年12月25日に藤田東湖が開いた忘年会に参加した帰り、更に酒を飲み重ねた後、藩外の者と喧嘩になったことが咎められ、翌天保11年(1840年)2月9日、藩の江戸留守居役から帰国の命令を下され、帰国後には70日間の逼塞に処された[1]。この間、小楠は朱子学の研究に没頭する[1]。翌天保12年(1841年)頃より、長岡是容、下津久馬、元田永孚、萩昌国らと研究会を開く。これが「実学党」となり、筆頭家老の松井章之を頭目とする「学校党」と対立することとなるが、藩政の混乱を避けるため長岡が家老職を辞職し、研究会を取り止める[1]。また『時務策』を起草する。
開塾・福井藩出仕

天保14年(1843年)、自宅の一室で私塾(のち弘化4年(1847年)に「小楠堂」と命名)を開く。小楠の第一の門弟は徳富一敬であり、一敬は徳富蘇峰蘆花の父親である。第二の門弟は矢嶋源助であり、のちに嘉悦氏房、長野濬平、河瀬典次、安場保和、竹崎律次郎など多くの門弟を輩出する。

嘉永2年(1849年)、福井藩士・三寺三作が小楠堂に学び、これにより小楠の名が福井藩に伝わり、のちに福井藩に出仕するきっかけとなる。さらに嘉永5年(1852年)には、福井藩の求めに応じて『学校問答書』を、翌嘉永6年(1853年)には『文武一途の説』を書いて送り、これにより後に福井藩より招聘を受けることとなる。同年10月、ロシア軍艦に乗ろうとして長崎に向かっていた吉田松陰が小楠堂に立ち寄り、小楠と3日間話し合った[1]

安政元年(1854年)7月、兄・時明が48歳で病死。兄の長男・左平太はまだ10歳と幼少だったため、小楠が兄の末期養子として家督を継いだ[1]。この頃、考え方の対立により長岡と絶交することとなった[1]

安政2年(1855年)5月、農村の沼山津(現・熊本市東区沼山津)に転居し、自宅を「四時軒」(しじけん)と名づけ、自身の号も地名にちなんで「沼山」(しょうざん)とする。坂本龍馬井上毅由利公正元田永孚など、明治維新の立役者や後の明治新政府の中枢の多くが後にここを訪問している。

安政4年(1857年)3月、福井藩主・松平春嶽の使者として村田氏寿が小楠の元を訪れ、福井に招聘される。小楠がそれを内諾したため、春嶽は8月に熊本藩主・細川斉護に書状を送り、小楠の福井行きを願い出た。斉護は実学党による藩校の学風批判などから一旦それを断るが、春嶽らが幾度にもわたり要請した後にようやく承諾された。小楠は翌安政5年(1858年)3月に福井に赴き、賓師として50人扶持の待遇を与えられ、藩校明道館で講義を行うなどした[1]。同年12月、弟の死去により熊本に帰郷。翌安政6年(1859年)に再度福井藩から招きを受けて福井に滞在。同年12月、実母が危篤との知らせが来たため熊本に帰郷[1]

万延元年(1860年)2月、福井藩による3回目の招きにより福井に再び赴く。この頃、福井藩内では、保守・進歩の両派が対立していたため、これを見た小楠は『国是三論』を著し、挙藩一致を呼びかけた[1]文久元年(1861年)4月、江戸に赴き、春嶽と初対面する[1]。この江戸滞在中、勝海舟大久保忠寛と交流を持った[1]。同年10月、7人の福井の書生を連れ、熊本・沼山津へ帰る。しかし11月26日に狩猟に出掛けた際、藩主専用の鷹狩の場所となっていた沼山津の沼沢地において、残った弾を射ち放した事を咎められ、謹慎処分となった(榜示犯禁事件)[1]

文久2年(1862年)6月、福井藩から4回目の招きを受けて熊本を発つ。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE