検閲
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアにおける検閲については、WP:CENSORをご覧ください。

心理学での検閲については「自己検閲」をご覧ください。

 
検閲

国別

旧東ドイツ
アルジェリア
韓国
中国
日本
メディア

禁書
紙芝居
インターネット
音楽
コンピュータゲーム
手段

発禁
焚書
記事差止命令
改描
自主規制音
フィルタリング
ブロッキング
モザイク処理
自己検閲
表示

検閲(けんえつ)は、狭義には国家等の公権力が、表現物(出版物等)や言論を検査し、国家が不都合と判断したものを取り締まる行為をいう。歴史上、世界各国において検閲官などにより行政権による検閲が行われ、しばしば表現の自由が抑圧されてきた。対象となるのは出版物の他、音楽映画テレビインターネット等表現一般である。検閲は大きく分けて事前検閲と事後検閲の2種類あるが、ほとんどは事前検閲である。

広義にはカルトと呼ばれる反社会的集団の構成員が集団の内部事情を漏洩しないように、構成員のSNS手紙レポート携帯電話等の監視を行い情報発信の制限を行うことも含まれる。


目次

1 種類

1.1 事前検閲

1.2 事後検閲


2 各国の検閲

2.1 日本

2.2 アメリカ合衆国


3 関連項目


種類
事前検閲

行政機関による検閲

裁判所による事前差止め

事後検閲

この節の加筆が望まれています。

各国の検閲「Category:各国の検閲制度」も参照
日本詳細は「日本における検閲」を参照

日本では憲法第21条第2項で禁止されており、その憲法の言う「検閲」とは「行政権が主体となって、思想内容等の表現物を対象とし、その全部又は一部の発表の禁止を目的とし、対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、発表前にその内容を審査した上、不適当と認めるものの発表を禁止することを特質として備えるもの」(最高裁判所昭和59年12月12日大法廷判決 民集38巻12号1308頁 札幌税関検査事件)とされている。詳細は「日本における検閲#日本国憲法における検閲の概念」を参照

「思想内容等の表現物」が検閲対象となっているが曖昧であり、「表現内容」での規制は検閲対象にならないという解釈もできる[要出典]。青少年有害社会環境対策基本法案による規制は検閲に当たるという指摘が行われている[誰?]。
アメリカ合衆国

アメリカでは検閲はアメリカ合衆国憲法で禁止されている。実際に販売禁止処分等の命令が行政機関によって出されたこともある[要出典]。
関連項目

ウィキメディア・コモンズには、検閲に関連するカテゴリがあります。


萎縮効果

検閲国家ワースト10のリスト

人権

タブー

ロスコムナゾール - プーチン政権下のロシアで、メディア報道の検閲を行う政府機関。

ニュースピーク

ネット検閲

金盾

この項目は、報道に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますPortal:メディア)。

この項目は、出版に関連した書きかけの項目です。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:9 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE