椎熊三郎
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年2月)

日本政治家椎熊 三郎しいくま さぶろう
生年月日1895年4月11日
出生地北海道小樽市
没年月日 (1965-07-27) 1965年7月27日(70歳没)
出身校中央大学
所属政党立憲民政党
北海道政治同盟
日本進歩党
民主党
改進党
日本民主党
自由民主党
称号勲一等瑞宝章1965年
テンプレートを表示

椎熊 三郎(しいくま さぶろう、1895年4月11日 - 1965年7月27日)は、日本政治家衆議院議員衆議院副議長(第39代)、衆議院議院運営委員長(第10代)などを務めた。
来歴・人物

北海道小樽市出身。中央大学卒業。大学時代は中央大学辞達学会に所属していた。大学卒業後『小樽新聞』の記者になる傍ら立憲民政党院外団にも所属し、1942年翼賛選挙に旧北海道5区から非推薦候補として出馬。この時は落選したが、1946年第22回衆議院議員総選挙で北海道政治同盟の公認候補として初当選。北海道政治同盟が日本進歩党系の地方政党だったため、当選後は進歩党に所属。1947年第23回衆議院議員総選挙以降は旧北海道1区を選挙区とし、民主党国民民主党改進党日本民主党を経て、保守合同に伴い自由民主党に属した。

政治家としての椎熊の業績としては衆議院日米安全保障条約等特別委員会理事、自由民主党北海道支部連合会会長等の要職を歴任したことが挙げられる。

1965年7月27日死去。享年70。
略歴

1946年 衆議院帝国憲法改正案委員会委員に就任。

1947年 片山内閣で逓信政務次官に就任。

1951年 地方公共団体の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律案両院協議会において衆議院側の協議委員に選出。

1955年 第10代衆議院議院運営委員長に就任。

1958年 衆議院副議長に就任。

1965年 春の叙勲で勲一等瑞宝章受章。70歳にて没。叙・従三位


議会
先代:
杉山元治郎 衆議院副議長
第39代:1958年次代:
正木清
先代:
中村梅吉 衆議院議院運営委員長
第10代:1955年 - 1957年次代:
保利茂










衆議院副議長
帝国議会

津田真道

曾禰荒助

楠本正隆

安部井磐根

片岡健吉

島田三郎

元田肇

杉田定一

箕浦勝人

肥塚龍

関直彦

花井卓蔵

早速整爾

浜田国松

粕谷義三

松田源治

小泉又次郎

松浦五兵衛

清瀬一郎

小山松寿

増田義一

植原悦二郎

岡田忠彦

金光庸夫

田子一民

内ヶ崎作三郎

勝田永吉

木村小左衛門

井上知治

国会
田中萬逸

岩本信行

原彪

高津正道

杉山元治郎

椎熊三郎

正木清

中村高一

久保田鶴松

原健三郎

田中伊三次

園田直

小平久雄

藤枝泉介

荒舩清十郎

長谷川四郎

秋田大助

三宅正一

岡田春夫

勝間田清一

多賀谷真稔

安井吉典

村山喜一

鯨岡兵輔

渡部恒三

中野寛成

横路孝弘

衛藤征士郎

赤松広隆

川端達夫

赤松広隆


議院

衆議院

貴族院

参議院











衆議院議院運営委員長


新設

淺沼稻次郎

山口喜久一郎

大村清一

小沢佐重喜

石田博英

福永健司

菅家喜六


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:17 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE