棋士_(将棋)
[Wikipedia|▼Menu]
将棋 > 棋士 (将棋)

将棋

ゲームの詳細

将棋のルール

将棋盤 -

将棋のハンデキャップ

将棋の格言

将棋用語

歴史と組織

将棋の歴史

将棋界

コンピュータ将棋

日本将棋連盟 - 奨励会

日本女子プロ将棋協会

日本アマチュア将棋連盟

棋戦と棋士

棋戦

将棋の記録一覧

タイトル在位者一覧

女流タイトル在位者一覧

永世称号

棋士

将棋の段級

棋士一覧

女流棋士一覧

将棋大賞

各年度の将棋界

2016 - 2017 - 2018 - 2019










羽生善治渡辺明

棋士(きし)は、将棋用語としては俗に「将棋指し」・「プロ棋士」ともいい、本将棋職業(専業)とする人のこと。現代では日本将棋連盟に所属し、棋戦に参加する者を指す(狭義)。女性限定の制度による「女流棋士」(女流のプロ)やアマチュアへの普及・指導を担当する「指導棋士」は(狭義の)棋士ではない。

また、日本将棋連盟は各種アマチュア大会に出場するアマチュア(愛棋家)のことを「アマチュア棋士」ではなく「選手」と呼んでいる。


目次

1 沿革

1.1 新聞棋戦と日本将棋連盟の誕生

1.2 「棋士」の誕生

1.3 棋士番号


2 棋士の称号

3 女流棋士と指導棋士

4 棋士になるための道

4.1 通常のコース

4.2 プロ編入制度

4.3 その他


5 引退

5.1 引退の日付


6 将棋史上の代表的な棋士

6.1 タイトル経験者

6.2 歴代の強豪棋士

6.3 中学生棋士


7 アマチュアおよびコンピュータとの棋力差

7.1 アマチュアとプロの棋力差

7.2 アマチュア選手プロ編入問題

7.3 コンピュータとプロの棋力差


8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 関連項目

10 外部リンク


沿革
新聞棋戦と日本将棋連盟の誕生

前近代の日本において、将棋を生業とする者は「将棋指し」と呼ばれる遊芸師(芸人)であった。江戸幕府の崩壊により家元制度が消滅した後は、安定収入のある専業の将棋指しはほとんどいなくなり、賭け将棋で生計を立てる真剣師や他に生業を持つ者などが多かった。彼らはいくつかの将棋団体や将棋専門紙をつくって将棋の復興を試みたがなかなかうまくいかなかった。

1924年大正13年)9月8日、ついに東京の将棋指し三団体が関根金次郎(十三世名人)の下で合併し、「東京将棋連盟」を結成した。1927年昭和2年)には関西の将棋指しも合流して「日本将棋連盟」となり、1936年(昭和11年)に「将棋大成会」と改称、1947年(昭和22年)に現在の「日本将棋連盟」になる。統一的な将棋連盟が結成されることによって、なおかつ新聞紙上に実戦対局棋譜を掲載することによって、対局料や賞金による安定的な収入が得られるようになっていき、兼業だった将棋指したちがようやく将棋を専業とすることが可能になった。
「棋士」の誕生

将棋連盟結成と新聞棋戦賞金の収入によって専業プロの制度が確立するとともに、「将棋指し」に替わって「専門棋士」という呼称が広まった。当時は専門棋士の社会的地位は低く、特に田舎などではバクチ打ちの様にみなされていた。大山康晴(十五世名人)によれば、彼が少年の頃(昭和初期)には専業プロをすでに「専門棋士」と呼んでいたようであるから、大正頃に「専門棋士」という呼び方ができたと考えられる。実際にプロが「棋士」と自称するのが一般的になるのは大山や戦後のプロからと思われる。現在では、日本将棋連盟の「棋士」がプロの正式名称である。
棋士番号

日本将棋連盟では、棋士(引退棋士を含む)に対して「棋士番号」を付与している(将棋棋士一覧 を参照)。 棋士番号制度が始まったのは1977年4月1日であり、同日の時点での現役棋士と引退棋士に対し、棋士となった日が早い順番に、1番の金易二郎(名誉九段)を筆頭として通し番号としての棋士番号を付与した。このとき、1977年3月までに死去または退会した棋士に対しては棋士番号を付与しなかった。以後、毎年新たに棋士となった者に、順次、棋士番号を付与している。 なお、棋士番号制度導入後に退会・廃業した棋士の棋士番号は欠番として扱っているが、2015年4月1日現在欠番となっているのは、退会による139番のみ。



棋士の称号

棋士は一般的に「氏名 段位」の形式で呼ばれる。 ただし、タイトル保持者は「氏名 タイトル名」とタイトル名を称号として用いる。 複数タイトル保持者の場合は、別格タイトルである竜王と名人が優先され(例:竜王と王位を保持する場合は単に「氏名 竜王」となる)、その他のタイトルを複数保持する者についてはその数に応じて「氏名 ○冠」となる。 この他、特別の称号として以下の永世称号・名誉称号等を持つ棋士がいる。

名人

永世名人(○世名人)…初代大橋宗桂(一世)、二代大橋宗古(二世)、初代伊藤宗看(三世)、五代大橋宗桂(四世)、二代伊藤宗印(五世)、三代大橋宗与(六世)、三代伊藤宗看(七世)、九代大橋宗桂(八世)、六代大橋宗英(九世)、六代伊藤宗看(十世)、八代伊藤宗印(十一世)、小野五平(十二世)、関根金次郎(十三世)、木村義雄(十四世)、大山康晴(十五世)、中原誠(十六世)、谷川浩司(十七世)、森内俊之(十八世)、羽生善治(十九世)

実力制名人(実力制第○代名人)[1]塚田正夫(第二代)、升田幸三(第四代)

名誉名人…小菅剣之助[2]土居市太郎[3]

大阪名人(関西名人)[4]小林東伯斎阪田(坂田)三吉


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:72 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE