[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、ブナ科クリ属の植物の一種について説明しています。犬種の一種については「クリ (犬種)」を、クリを含むクリ属の全体については「クリ属」をご覧ください。

「栗」はこの項目へ転送されています。駆逐艦については「栗 (駆逐艦)」をご覧ください。

クリ
受粉に成功した雌花(2008年7月5日、長野県
分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし:バラ類 Rosids
階級なし:真正バラ類I Eurosids I
:ブナ目 Fagales
:ブナ科 Fagaceae
:クリ属 Castanea
:クリ C. crenata

学名
Castanea crenata
Siebold et Zucc.[1]
シノニム


Castanea crenata Siebold et Zucc. var. kusakuri (Blume) Nakai[2]

Castanea japonica

Castanea pubinervis

Castanea stricta

英名
Japanese Chestnut
品種


ヤツブサグリ C. c. f. foemina

タンバグリ C. c. f. gigantea

ハゼグリ C. c. f. imperfecta

シダレグリ C. c. f. pendula

ハコグリ C. c. f. pleiocarpa

ハナグリ C. c. f. pulchella

トゲナシグリ C. c. f. sakyacephala

日本ぐり 生[3]100 gあたりの栄養価
エネルギー686 kJ (164 kcal)

炭水化物36.9 g
食物繊維4.2 g

脂肪0.5 g

タンパク質2.8 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテン(0%) 3 μg(0%)24 μg
チアミン (B1)(18%) 0.21 mg
リボフラビン (B2)(6%) 0.07 mg
ナイアシン (B3)(7%) 1.0 mg
パントテン酸 (B5)(21%) 1.04 mg
ビタミンB6(21%) 0.27 mg
葉酸 (B9)(19%) 74 μg
ビタミンC(40%) 33 mg
ビタミンK(1%) 1 μg

ミネラル
ナトリウム(0%) 1 mg
カリウム(9%) 420 mg
カルシウム(2%) 23 mg
マグネシウム(11%) 40 mg
リン(10%) 70 mg
鉄分(6%) 0.8 mg
亜鉛(5%) 0.5 mg
(16%) 0.32 mg
セレン(4%) 3 μg

他の成分
水分58.8 g
水溶性食物繊維0.3 g
不溶性食物繊維3.9 g
ビオチン (B7)3.9 μg
廃棄部位: 殻(鬼皮)及び渋皮(包丁むき)


単位

μg = マイクログラム • mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。

クリ(栗、学名:Castanea crenata)とは、ブナ科クリ属の一

クリのうち、各栽培品種原種山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれる、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒である。また、シバグリもごく一部では栽培される。
目次

1 形態・生態

2 分布

3 人間との関わり

3.1 栽培と食用

3.2 材木としての用途

3.3 伝承・言葉遊び

3.4 天然記念物


4 下位分類

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク

形態・生態

落葉高木で、高さ17m、の直径は80cm、あるいはそれ以上になる。樹皮灰色で厚く、縦に深い裂け目を生じる。

は長楕円形か長楕円状披針形、やや薄くてぱりぱりしている。表はつやがあり、裏はやや色が薄い。周囲には鋭く突き出した小さな鋸歯が並ぶ。

雌雄異花で、いずれも5月から6月に開花する。雄花状で斜めに立ち上がり、全体にクリーム色を帯びた白で、個々の花は小さいものの目を引く。また、香りが強い。非常によく昆虫が集まる。ブナ科植物は風媒花で花が地味のものが多いが、クリやシイ虫媒花となっている。一般に雌花は3個の子房を含み、受精した子房のみが肥大して果実となり、不受精のものはしいなとなる。

9月から10月頃に実が成熟すると自然にいがのある殻斗が裂開して中から堅い果実(堅果であり種子ではない)が1 - 3個ずつ現れる。果実は単に「クリ(栗)」、または「クリノミ(栗の実)」と呼ばれ、普通は他のブナ科植物の果実であるドングリとは区別される(ただし、ブナ科植物の果実の総称はドングリであり、広義にはドングリに含まれるとも言える)。また、毬状の殻斗に包まれていることからこの状態が毬果[4]と呼ばれることもあるが、中にあるクリノミ自体が種子ではなく果実であるため誤りである。

香りの主成分はメチオナール(サツマイモの香りの主成分)とフラノン(他にはイチゴパイナップルに含まれている)。

栗樹

樹皮



雄花

雌花

成長を始めたばかりの若い殻斗果(殻斗に包まれている状態の果実)

殻斗果

色付き裂開し、中の果実が見えるようになった殻斗

地面に落ちた殻斗。裂開し、中の果実が見える

分布

日本朝鮮半島南部原産。北海道西南部から本州四国九州に分布。暖帯から温帯域に分布し、特に暖帯上部に多産する場合があり、これをクリ帯という。

ただし、現在では広く栽培されているため、自然分布との境目が判りにくい場合がある。中華人民共和国東部と台湾でも栽培されている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:33 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE