査読
[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアにおける査読については、Wikipedia:査読依頼をご覧ください。

「ピアレビュー」はこの項目へ転送されています。ソフトウェア開発、システム開発におけるピアレビューについては「ソフトウェア・ピアレビュー」をご覧ください。

査読(さどく、: peer review、ピア・レビュー)とは、研究者仲間や同分野の専門家による評価や検証のことである[1]研究者学術雑誌に投稿した論文が掲載される前に行われる。研究助成団体に研究費を申請する際のそれも指すことがある。審査(しんさ、refereeing)とも呼ばれることがある。
目次

1 概説

2 理由

3 プロセス

3.1 投稿

3.2 査読者の選定

3.3 査読

3.4 採否の決定

3.5 結果の通知

3.6 受理

3.7 出版


4 査読のいろいろなスタイル

4.1 匿名性の扱い

4.2 審査の厳しさ


5 査読の問題点

6 査読されなかった論文や査読が行われていなかった専門誌の例

7 科学における不正行為と査読の限界

7.1 査読の限界の事例


8 査読とソフトウェアの進歩

9 脚注

10 参考文献

11 関連項目

12 外部リンク

概説

Peer reviewとは、仲間(同僚)による評価や、同領域の専門家たちによる判断を指す[1]

投稿前に、論文の原稿を共著者や同僚にチェックしてもらうこと[1]も査読と呼ばれる。ただし学術論文誌に掲載されるためには通常、下述のようにその論文誌が定める査読を別途受ける必要があり、単に査読と言う場合は通常こちらを指す[2]

学術論文誌・専門誌においては、寄せられた原稿がすべて掲載されるわけではなく、そこに掲載される前に、原稿が予め同じ分野の専門家(査読者)の評価を受ける過程が入ることがある。この過程が査読である。査読の評価内容によって掲載 / 不掲載が決定されることになる。科学的に評価の高い論文誌の場合、査読者は通常複数の外部の人間が選定され、著者や所属機関との独立性を重視して選ばれる[3][4][5]#査読者の選定を参照)。

学術雑誌の出版社や助成団体は、査読を行うことで論文や申請を取捨選択することができ、また論文の著者は公表前に原稿の内容を改善する機会が得られる(#プロセス#査読を参照)。査読の過程を経て雑誌への掲載が決まることを受理またはアクセプト (accept) といい、却下され掲載が拒否されることを掲載不可またはリジェクト (reject) という。また単純な採否だけでなく、間違い等の修正等を経た上での条件付きの採用となる場合もある(解説例: [6])。このように専門家が審査することで、スペルミス等の単純なチェックのみならず、専門的知識を要する既存の知見との整合性等もある程度まで調べることができる。査読で全てのミスや不正行為を見抜けるわけではなく、論文の発表後に他グループによる追試等で誤りが見つかる場合もあるが( → #科学における不正行為と査読の限界を参照)、掲載される論文全体の質を高めることはできるとされる[7]

査読の厳しさは個々の論文誌等によって異なる。また同じ学会が発行する雑誌であっても、雑誌によって異なる場合がある(#審査の厳しさを参照)。査読対象となる分野の広さも、個々の論文誌等で異なる。特定分野に特化した論文誌が数多く存在するが、ネイチャーサイエンス誌のように様々な分野を広く扱うものもある。

また(研究助成金の選考など)分野によっては、申請書が同様の過程で吟味され、申請に対して研究費が配分されるかどうかが決定されることがある。
理由

査読を行う根拠としては、個々の研究者や研究グループが自分たちだけで仕事の価値を完全に評価するのは難しい、ということがある。まったく新しい分野やきわめて学際的な内容の仕事を評価できるのは限定された専門家だけであるから、公に発表する前に他人に研究成果を見せ意見を聞くことで誤りを予め見つけ出すことができ、またアドバイスを受けて内容を向上させることができる。

査読を行う側はほぼ完全に匿名であることが多く、かつ独立に行われるため、遠慮のない批評がされ、またコネによる採用を抑制することができる。ただし査読を受ける側に査読者の候補を挙げさせる場合もあるなど、論文誌によってポリシーが異なる(#査読者の選定を参照)。
プロセス

一般的な学術雑誌の査読プロセスに関わる人物は、著者(: author)、編集者 (editor)、および査読者 (reviewer、referee、judge) である。

著者: 自分の研究成果を発表したがっている個人またはグループである。なお、ほとんどの雑誌では投稿資格といったものを設けておらず、誰でも投稿できる。

編集者: 雑誌の編集を行っている人物で、商業誌ではたいてい専任者がいる。学会誌では大学教員が兼任していることが多い。[要出典]

査読者: 著者と同じ分野で研究活動を行っている人物の中から、編集者によって選ばれた人物で、これも大学の教員などが務めることが多い。[要出典]

以下、一般的な査読プロセスについて概説する。
投稿

著者は、自分の仕事を論文にまとめ、分野・内容の良し悪し・審査の厳しさなどを勘案して、投稿する雑誌を選び、編集部宛に送付する。現在ではほとんどの雑誌が電子投稿を受け付けており、電子投稿に限定している場合もある[4]。また情報科学などの一部の分野では、研究の再現性を確保するため、研究に利用した実際のデータやプログラムコードの提出も求められる場合がある。

原稿を受け取った編集者は、著者に受け取ったことを知らせる (received)。これ以後の段階では、その論文は投稿中 (submitted) であるといわれる。ただし、この段階では論文が雑誌に掲載されるかどうかは全く決まっていないため、業績として書くことはできない。

また、ネイチャーなどの一流雑誌では、受け取り時に編集者によるレビューが行われ、価値が低いと判断されるとこの時点で掲載拒否となり、査読にまわされる前に原稿が返却されてしまう[3]
査読者の選定

原稿を受け取った編集者は、その内容を評価できる(であろう)専門家から、ふさわしい査読者を探し依頼する。通常、査読者が誰であるかは、著者には知らされない[4]

査読者は、通常、著者と同じ研究分野で活動している研究者から1名以上(通常2-3名程度で論文誌ごとに人数はほぼ決まっている)が選ばれる(例: [3][4][5])。通常、著者との独立性が重視され、共同研究者・同僚等も避ける[3][4][5]。通常、その雑誌に過去に投稿したことがある人物や、引用文献として名前が挙げられている人物に依頼することが多い。

場合によっては、著者は査読者としてふさわしい人物、あるいはふさわしくない人物(例えば、研究上の競争相手 (competitor) など)の名前を挙げるように求められる[5]

ただし、査読者は、報酬は支払われず、時間的にも負担が大きいため、嫌がる人も少なくない。それゆえ、査読者になりうるのは自ら論文を投稿したことがあって、査読制度に理解がある人でなければならない。また、分野によっては研究者の数が非常に少なく、ほとんどが著者の利害関係者であったり、あるいは匿名性が維持できなくなってしまうこともある。

ふさわしい査読者が決定したら、編集者は査読者に締切などを記した依頼状とともに原稿を送付する。
査読

原稿を受け取った査読者は、内容について審査を行う。このとき、査読者同士も他に誰が査読者かは明かされず、完全に独立した立場で仕事を行う。

最終的には論文に対しての疑問点・改善点をまとめ、編集者に返送する。このとき、同時に原稿に対しての具体的な評価をつけることが求められる。たいていの場合は以下の4つの選択肢からどれかを選ぶように依頼される(例: [8][9][10])。
accept
論文をそのまま受理してよい。
minor revision
若干の修正の必要あり。正しく修正されれば、掲載しても良い。
major revision
大幅な修正の必要あり。著者による修正後、再度査読される。修正後の査読でもmajor revisionになると自動的にrejectされる場合もある[9](もっと基準が緩い場合もある[8])。
reject
掲載拒否すべきであり、同じ内容での再投稿も認めない。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:43 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE