柳宗悦
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

柳 宗悦
(やなぎ むねよし)
柳宗悦
誕生(1889-03-21) 1889年3月21日
東京府(現:東京都
死没(1961-05-03) 1961年5月3日(満72歳没)
職業思想家美学者、宗教哲学
最終学歴東京帝國大学文学部心理学科卒業
ジャンル美学工芸民芸
主題英米文学、日本民芸、アイヌ沖縄朝鮮台湾の文化
文学活動白樺派民藝運動
主な受賞歴文化功労者(1957年)
配偶者柳兼子(旧姓:中島)
子供柳宗理(長男)、柳宗玄(次男)、柳宗民(三男)
親族柳楢悦(父)、嘉納治五郎(叔父)、柳悦孝(甥)、石丸重治(甥)、今村成和(甥)
影響を受けたもの

ウィリアム・ブレイクウォルト・ホイットマン鈴木大拙

影響を与えたもの

志賀直哉武者小路実篤河井寛次郎浜田庄司

テンプレートを表示

柳 宗悦(やなぎ むねよし、1889年(明治22年)3月21日 - 1961年(昭和36年)5月3日)は、民藝運動を起こした思想家美学者、宗教哲学者。名前はしばしばそうえつと有職読みされ、欧文においてもSoetsuと表記される[1]


目次

1 来歴・人物

2 家族

3 朝鮮とのゆかり

4 交流、著述活動

5 著作

5.1 全集・編著

5.1.1 選集(新版)


5.2 文庫判


6 関連文献

7 関連人物

8 関連項目

9 脚注

10 外部リンク


来歴・人物

東京麻布市兵衛町において、海軍少将柳楢悦の三男として生まれた。旧制学習院高等科を卒業ごろから同人雑誌白樺』に参加する。東京帝國大学哲学科(現在の大学院人文社会系研究科)に進学した宗悦は、宗教哲学者として執筆していたが、西洋近代美術を紹介する記事も担当しており、やがて美術の世界へと関わっていく[2]1913年(大正2年)、大学卒業。このころからウォルト・ホイットマンの「直観」を重視する思想に影響を受け、これが芸術と宗教に立脚する独特な柳思想の基礎となった[3]

1914年(大正3年)、声楽家の中島兼子(柳兼子)と結婚。母・勝子の弟の嘉納治五郎千葉我孫子に別荘を構えており、宗悦も我孫子へ転居した。やがて我孫子には志賀直哉武者小路実篤白樺派の面々が移住し、旺盛な創作活動を行った[4] 。陶芸家の濱田庄司との交友もこの地ではじまる[5]

当時、白樺派の中では、西洋美術を紹介する美術館を建設しようとする動きがあり、宗悦たちはそのための作品蒐集をしていた。彼らはフランスの彫刻家ロダンと文通して、日本の浮世絵と交換でロダンの彫刻を入手する。 宗悦が自宅で保管していたところ、朝鮮の小学校で教鞭をとっていた浅川伯教が、その彫刻を見に宗悦の家を訪ねてくる。浅川が手土産に持参した「染付秋草文面取壺」を見て宗悦は朝鮮の工芸品に心魅かれる[2]1916年(大正5年)以降、たびたび朝鮮半島を訪ね、朝鮮の仏像や陶磁器などの工芸品に魅了された[3] [5]1924年(大正13年)にはソウルに「朝鮮民族美術館」を設立、李朝時代の無名の職人によって作られた民衆の日用雑器を展示し、その中の美を評価した[3]

1923年(大正12年)の関東大震災を機に、京都へ転居 。木喰仏に注目し、1924年から全国の木喰仏調査を行う[2][5]


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:43 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE