果物
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

「フルーツ」はこの項目へ転送されています。

日本の女性アイドルグループについては「フルーツ (アイドルユニット)」をご覧ください。

佐野元春のアルバムについては「フルーツ (アルバム)」をご覧ください。

様々な果物。

果物(くだもの、: fruits フルーツ)は、食用になる果実。水菓子(みずがし)[注釈 1]、木菓子(きがし)ともいう。

一般的には、食用になる果実及び果実的野菜のうち、強い甘味を有し、調理せずそのまま食することが一般的であるものを「果物」「フルーツ」と呼ぶことが多い。狭義には樹木になるもののみを指す。だが、(広く)多年性植物の食用果実を果物と定義する場合もあり、農林水産省でもこの定義を用いている[1]


目次

1 概説

2 果物の種類・分類

2.1 落葉性果樹

2.1.1 仁果類

2.1.2 核果類

2.1.3 殻果類

2.1.4 その他


2.2 常緑性果樹

2.2.1 柑橘類

2.2.2 その他


2.3 熱帯果樹


3 果物のように食べられる野菜

4 生物学的側面

4.1 果物の糖分の構成

4.2 ビタミンC合成能を失った動物種との共生

4.3 癌予防の可能性

4.4 高血圧の予防


5 文化

5.1 くだものの日


6 CCDによる収穫悪化リスク

7 樹形と枝の名称

7.1 樹形

7.2 枝の名称

7.3 芽の呼び方


8 栽培

8.1 苗木生産

8.2 受粉

8.2.1 単為結果性


8.3 剪定

8.4 施肥


9 脚注

9.1 注釈

9.2 脚注


10 参考文献

10.1 樹体と果樹栽培の参考


11 関連項目

12 外部リンク


概説市場に並ぶ果物。

果物とは、食用になる果実のことである。

果物はさまざまな栄養素を含んでいる。人体に必要な糖分カリウムが豊富なものも多い。果実を乾燥させ、ドライフルーツとする例も多い。乾燥させた場合、糖分の濃度が高くなり、保存に適する。なお乾燥した国では分の補給源としても重要な役割を果たしている。日本では果物は、糖分補給のため(甘みを楽しむため)や、ビタミン源として摂られてきた歴史がある。

糖分だけでなく酵素を含み、(さほど手間をかけずとも、つぶして放置するだけで)それ自体で発酵し酒となるものもあり、の原料としても用いられてきた。特にブドウワイン地中海周辺ヨーロッパ、そして欧米諸国(南米オーストラリアも含む)で非常に広まった。リンゴなども同様である(シードル)。

料理に利用する例も多い。その甘みや酸味を利用したり、種によってはタンパク質分解酵素を含む(パイナップルパパイヤなど)ため、肉類を柔らかくする効果も持っている。

(なお日本では、贈答品やお見舞いの品として利用されることも多い)


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:51 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE