松江騒擾事件
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

松江騒擾事件
全焼した島根県庁舎
場所日本島根県松江市
日付1945年(昭和20年)8月24日
標的島根県庁など主要施設・知事・検事正
攻撃手段殺人放火・器物破壊
兵器日本刀
三八式歩兵銃
銃剣
ダイナマイト
死亡者1人
犯人皇国義勇軍(リーダー・岡崎功)
動機「聖戦続行・昭和維新政府樹立[1]

松江騒擾事件(まつえそうじょうじけん)は、1945年(昭和20年)8月24日未明、日本島根県松江市で青年グループ「皇国義勇軍」数十人が武装蜂起し、県内主要施設を襲撃した事件である。この事件により、民間人1名が死亡した。

松江騒擾事件という名称は取締当局によるものであり、皇国義勇軍事件[2]、島根県庁焼き打ち事件とも呼ばれる[1]


目次

1 概要

2 事件の背景

2.1 皇国義勇軍・岡崎功

2.2 大日本言論報国会島根支部・深田屋旅館別館での謀議


3 日本の終戦から事件発生まで

3.1 玉音放送

3.1.1 桜井三郎右衛門の動き


3.2 波多野の上京・山陰での事前工作

3.2.1 深田屋旅館下宿者の証言


3.3 事件前日


4 事件発生から事件直後まで

4.1 皇国義勇軍結成・部隊編成の決定

4.1.1 皇国義勇軍の人数

4.1.2 ある女子隊員の決起理由


4.2 各襲撃隊の動き

4.2.1 ダイナマイト拾得者の証言


4.3 放送局における集結・蜂起の終了

4.4 警察・県当局の動き

4.5 世間の反応・報道管制


5 公判

5.1 決起の動機

5.2 検事側からの位置付け

5.3 弁護人側からの位置付け

5.4 松江地裁の担当裁判長からみた印象

5.5 地裁結審・大審院上告

5.5.1 確定判決

5.5.2 石橋秀野と松江騒擾事件


5.6 その他の人物に対する処分


6 戦後社会における関係者

6.1 恩赦

6.2 事件後の足取り


7 後世の評価

8 関連文献

9 脚注

10 参考文献

11 外部リンク


概要

この事件は、太平洋戦争敗戦直後に各地で発生した無条件降伏に反対する騒擾事件の一つである[3]。地方都市である松江市で発生した事件であるが、大日本帝国憲法下における全国的規模の騒乱を目的とした最後のクーデターであり[4]大審院で裁かれた最後の事件でもある[5]

1945年(昭和20年)8月15日、ポツダム宣言の受諾による日本の降伏が玉音放送によって国民に発表されると、その2日後の8月17日、東京では降伏に反対する尊攘同志会の会員らが愛宕山に篭城、全国に決起を呼びかけた。(愛宕山事件。)

松江騒擾事件は、この愛宕山事件に呼応する形で発生した[3]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:113 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE