松坂屋
[Wikipedia|▼Menu]
J.フロント リテイリング > 大丸松坂屋百貨店 > 松坂屋

株式会社松坂屋[1]
Matsuzakaya Co.,Ltd.
本社がある松坂屋名古屋本店南館(2015年10月)
種類株式会社[1]
市場情報非上場(以下は過去のデータ)
東証1部8235
1949年5月16日 - 2006年8月28日大証1部(廃止) 8235
1949年5月14日 - 2003年11月名証1部8235
2006年8月28日上場廃止
略称マツザカヤ
本社所在地 日本
〒460-8430
愛知県名古屋市中区三丁目16番1号[1]
北緯35度9分55秒
東経136度54分28.4秒座標: 北緯35度9分55秒 東経136度54分28.4秒
設立1910年(明治43年)2月1日[1]
(株式会社いとう呉服店)
業種小売業
事業内容百貨店
代表者岡田 邦彦(代表取締役会長)
茶村 俊一(代表取締役社長)
資本金97億6,500万円
売上高連結:3,439億3,600万円
単独:3,001億円
総資産連結:2,176億4,200万円
単独:2,029億円
従業員数連結:4,004名
単独:2,959名
決算期2月末日[1]
主要株主J.フロント リテイリング(株) 100%
主要子会社(株)松坂屋ストア 100%
外部リンク ⇒http://www.matsuzakaya.co.jp/
特記事項:1611年創業。各種経営指標は2008年2月期のもの。2010年3月1日付で株式会社大丸と合併。
テンプレートを表示

松坂屋(まつざかや、英称:Matsuzakaya)は、J.フロント リテイリング傘下の株式会社大丸松坂屋百貨店が運営する百貨店屋号である。

現在の運営会社である大丸松坂屋百貨店は、2010年3月1日に株式会社松坂屋が株式会社大丸吸収合併して発足したもの。

「松阪屋」は誤表記(屋号について参照)。
目次

1 概要

2 沿革

3 屋号について

3.1 松坂屋お家騒動


4 松坂屋ホールディングス設立?経営統合

5 店舗

6 過去に存在した店舗

6.1 直営店

6.2 提携店

6.3 海外店舗


7 松坂屋美術館

8 参考文献

9 関連項目

10 提供番組

11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 外部リンク

概要

東海地方を本拠点とし、とりわけ地元である名古屋市など中京圏では今なお最有力の百貨店である。イメージフラワーはカトレヤで、キャッチフレーズは「生活と文化を結ぶマツザカヤ」である。

三越高島屋などを凌ぎ日本一の売上を誇る百貨店であった時期も存在する。現在の三菱UFJ銀行(旧東海銀行)の前身の一つである伊藤銀行や「名古屋の帝国ホテル」と呼ばれた名古屋観光ホテル、名古屋商工会議所など各企業・団体の設立にも関連した、近代の名古屋における有名企業である。

業界他社に先駆けてエレベーターガール、制服の完全洋装化を採り入れた。

地元市民の高齢層では松坂屋のことを「伊藤様」と呼ぶ人もいるほど、愛知県では他店よりも松坂屋が格上の百貨店であるという認識が非常に強く、松坂屋の外商部と取引があることが一種のステイタスとみなされる場合もある。

2010年に百貨店開業から数えて100周年、2011年に「いとう呉服店」創業から数えて400周年を迎えた。
沿革

1611年(慶長16年)- 織田家の小姓の子孫である伊藤蘭丸祐道が名古屋本町で 呉服小間物商「いとう呉服店」創業。
祐道はのち大坂夏の陣豊臣方について戦死し、呉服店は一旦閉店となる。

1659年(万治2年)- 祐道の遺児・伊藤次郎左衞門祐基が名古屋茶屋町に呉服小間物問屋を再開。

1736年(元文元年)- 呉服太物小売商に業態転換。正札販売を開始。徳川家の呉服御用達となる。

1740年(元文5年)- 尾張藩の呉服御用となる。

1745年(延亨2年)- 京都室町錦小路に仕入店を開設。1749年(寛延2年)新町通六角町に移転。

1768年(明和5年)4月5日5月20日) - 江戸進出。上野の「松坂屋」を買収し、同店を「いとう松坂屋」と改称。

1805年(文化2年)- 江戸大伝馬町に木綿問屋 亀店(かめだな)を開設。問屋兼業により価格の引き下げを図った。同店の開設に伴いいとう松坂屋は鶴店と呼称した。

1854年 - 当主治朗左右衛門の婚礼。その祝儀曲として地歌曲の『花の縁』が吉沢検校により作曲される。

1875年(明治8年)- 大阪進出。高麗橋の呉服店「恵比須屋」を買収の上、新町通に「ゑびす屋いとう呉服店」を開店。

1881年(明治14年)- 名古屋茶屋町角に伊藤銀行(現.三菱UFJ銀行)を開業。
松坂屋東京上野古絵葉書

1907年(明治40年)- 上野店を「合資会社松坂屋いとう呉服店」に改組。3月14日、「いとう呉服店裁縫所」(常磐女学院の前身)を設立[2][3]

1910年(明治43年)2月1日 - 伊藤祐民が「株式会社いとう呉服店」を設立(資本金50万円)[1]。名古屋・栄町に百貨店を開業。

1911年(明治44年)- いとう 少年音楽隊結成。後に東京フィルハーモニー交響楽団へと発展。

1924年(大正13年) - 銀座店開店。全館土足入場可能な百貨店となった。

1925年(大正14年)- 全店の名称を「松坂屋」に統一。この頃からビルマ独立運動家を支援する。

1957年(昭和32年)- カトレヤをシンボルフラワーに制定。

1961年(昭和36年)- ニナ・リッチ(フランスのオートクチュール)と独占契約[4]。※現在は 伊藤忠商事

1964年(昭和39年)- ヘンリー・プール社(イギリス紳士服テイラー)と提携
松坂屋CMソング「振り向けば松坂屋」誕生(作詞 永六輔、作曲 中村八大[注 1]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:101 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE