東京高等師範学校
[Wikipedia|▼Menu]

東京高等師範学校
(東京高師)
創立1886年
(「高等師範学校」として)
所在地東京市神田区
初代校長
山川浩
廃止1952年
後身校東京教育大学
(現・筑波大学
同窓会(社)茗溪会
東京文理科大学附置時代の東京高等師範学校 / 両校が共有していた大塚校地は、戦後の東京教育大学本部(大塚)キャンパス時代を経て現在は筑波大学東京キャンパス文京校舎および教育の森公園となっている。

東京高等師範学校(とうきょうこうとうしはんがっこう)は、1886年(明治19年)4月、東京市神田区(現在の東京都文京区)に設立された官立の高等師範学校(旧制教育機関)である。略称は「東京高師」(とうきょうこうし)。

この項目では、その前身であり、1872年(明治5年)に設立された「(東京)師範学校」についても扱う。
目次

1 概要

2 沿革

2.1 東京師範学校

2.2 東京高等師範学校


3 年表

3.1 「師範学校」時代 (1872-73)

3.2 「東京師範学校」時代 (1873-86)

3.3 「高等師範学校」時代 (1886-1902)

3.4 「東京高等師範学校」時代 (1902-49)

3.5 「東京教育大学東京高等師範学校」時代 (1949-52)

3.6 附属学校

3.7 教員養成所


4 歴代校長

5 校地の変遷と継承

6 著名な出身者・教員

7 校史アラカルト

8 脚注

9 参考文献

10 関連文献

11 関連項目

12 外部リンク

概要

1886年4月、日本初の中等教員養成機関「高等師範学校」として設立され、1902年4月東京高等師範学校に改称された。その前身は、日本で最初に設立された官立の教員養成機関「師範学校」(のち東京師範学校と改称)である。1929年4月、東京高師の大学昇格運動の結果旧制大学たる東京文理科大学が設立されるとその附置機関となった。修業年限3年(本科)で学科としては文科・理科・体育科が設置され、附属学校として附属小学校・附属中学校なども附設された(1940年時点)。廃止時には広島金沢岡崎と並ぶ官立4高師の一つであった。

設立当初から「教育の総本山」と称され、長らく広島高師とともに近代日本の中等教育界に大きな影響力を有する存在であり続け、また長期にわたり校長を務めた嘉納治五郎の下で日本の学生スポーツ濫觴の場となったことでも知られている。

戦後の学制改革により1949年5月、新制東京教育大学が発足すると、旧制東京文理科大学および旧制専門学校たる旧制東京農業教育専門学校旧制東京体育専門学校とともに同大学に包括されてその教育学部などの構成母体となり、1952年廃止(その後東教大は筑波大学に改組され現在に至っている)。東京高師の附属小・附属中学は、それぞれ東教大の附属小学校および附属中学校・高等学校となった(現在の筑波大学附属小学校筑波大学附属中学校・高等学校の前身)。

また、もともと東京高師の同窓会として結成された「茗渓会」は東京高師を継承する東京文理大・東教大・筑波大の共通の同窓会となっている。
沿革
東京師範学校

1872年5月(明治5年4月)、文部省学制公布(同年9月(旧暦8月))に先立ち、近代教育の担い手となるべき教員の育成を重視し正院に「小学教師教導場ヲ建立スルノ伺」を提出した。この「伺」が正院による認可を受けたことで同年7月4日旧暦5月29日)、「師範学校」が東京府下に設立されることが決定され、同時に生徒募集が広く布達された。学制公布後の9月(旧暦7月末)に諸葛信澄を初代校長として開校された「師範学校」は、師範教育に詳しいアメリカ人教育者M・M・スコットを教員に招聘し、教員・教具すべてをアメリカから取り寄せたのみならず、アメリカの小学校の教授方法をそのまま導入して小学校教員の養成を進めた。この時期の「師範学校」は日本最初の(小学)教員養成機関として、将来全国に設立されるべき教員養成機関のモデルケースとしての役割を果たし、校内「編輯局」による全国の小学校で使用される新たな教科書の編纂、全国の小学校の教則の範例となるべき「小学教則」の編成などが行われた。また開校翌年の1873年(明治6年)7月に送り出された第1回の「師範学校」卒業生は、各府県の教員養成機関の訓導あるいは府県庁の学務担当吏員となって新たな教授法・教育課程を全国に普及させることに尽力した。また同時期に初めて設立された「練習小学校」(附属小学校)も、新しい教授法を実験・練習するための施設であると同時に、全国に設立されつつある小学校のモデル校ともなった(現在の筑波大学附属小学校の起源)。

1873年8月、東京以外の6大学区にも官立師範学校(大坂・宮城・愛知・広島・長崎・新潟)が設立されると、東京の「師範学校」は「東京師範学校」と改称した。この時期になると全国的な小学校教員の養成もようやく軌道に乗り、米人教師スコットが辞任したのちは原則として日本人教師が教授することとなった。次には小学校に接続する中等学校の教員に対する社会的需要が高まってきたことを受け、1875年8月には東京師範学校に中等教員養成のための「中学師範学科」が設置された。そして1878年までに東京・東京女子以外の官立師範学校6校が西南戦争時の財政難により廃校に追い込まれ、小学教員の養成が府県立師範学校に担われるようになると、東京師範学校は次第に中等学校教員の養成機関へと変化していくこととなった。しかしその一方で新しい小学校教育法の導入も続けられ、1878年に師範教育研究のためのアメリカ留学から帰国した伊沢修二高嶺秀夫らを中心にペスタロッチ主義による教育方法の普及が1882年から翌1883年にかけての「小学師範学科教職員講習」を通じて行われた。1885年には東京女子師範学校(およびその附属学校園)を統合して「女子部」とし、東京師範は全国唯一の官立師範学校となるに至った。
東京高等師範学校

1886年(明治19年)4月の師範学校令により尋常師範学校と区別される高等師範学校が制度化されると、東京師範学校は「高等師範学校」へと改称・改組されて全国唯一の高等師範学校となり、初代校長には現役の陸軍軍人(歩兵大佐)であった山川浩が就任した。この学校は文部大臣管轄下で国費によって運営される官立学校であり、小学校教員の養成にあたる尋常師範学校の校長・教員の養成を中心に中等学校教員養成を担うものとされた。同年10月には学科などの制度が規定され、修業年限3年で尋常師範学校卒業者を対象とする「男子師範学科」、修業年限4年で尋常師範学校第2学年修了者を対象とする「女子師範学科」から成るものとされたが、後者は1890年(明治23年)に「女子高等師範学校」(のち東京女子高等師範学校と改称)として分離独立した。また同時に生徒募集・学科構成・卒業生の服役義務などは文部大臣が定めるところによるものとされ、高等師範学校の運営は他の尋常師範とともに国家の強力な支配の下に置かれることとなり、この結果、高師は山川校長の下で忠君愛国教育の推進の要として寄宿舎生活から服装に至るまで完全に軍隊化された。さらに師範学校令に代わる師範教育令1897年(明治30年)公布)に基づき、高師は師範学校(尋常師範学校を改称)・尋常中学校高等女学校など広く中等学校全般の教員養成機関として位置づけられるようになり、これに相応しい学科・課程が整備された。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:66 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE