東京ガスサッカー部
[Wikipedia|▼Menu]

東京ガスサッカー部(とうきょうガス・サッカーぶ)について、以下の2つがあり、それぞれこの記事内で記載する。
かつて存在した
日本サッカークラブ。東京ガスのサッカー部として1935年に創部し、1997年および1998年は「東京ガスフットボールクラブ」と呼称していた。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のFC東京の前身となったクラブ。

1999年に設立された東京ガス社員によるサッカー同好会チームであり、東京都社会人サッカーリーグに所属する。

目次

1 東京ガスサッカー部(1935年 - 1998年)

1.1 歴史

1.1.1 太平洋戦争以前

1.1.2 太平洋戦争終戦後

1.1.3 1980年代

1.1.4 1990年代


1.2 スタジアム

1.3 成績

1.4 タイトル

1.5 背番号

1.6 歴代監督

1.7 歴代所属選手

1.7.1 ゴールキーパー(GK)

1.7.2 ディフェンダー(DF)

1.7.3 ミッドフィルダー(MF)

1.7.4 フォワード(FW)



2 東京ガスサッカー部(1999年創部)

2.1 概要

2.2 成績

2.3 歴代所属選手


3 脚注

4 参考文献

5 外部リンク

東京ガスサッカー部(1935年 - 1998年)

東京ガスサッカー部
原語表記東京ガスサッカー部
東京瓦斯サッカー部
クラブカラー  青  赤
創設年
1935年
解散年1998年
ホームタウン東京都
ホームスタジアム国立西が丘サッカー場
江戸川区陸上競技場

ホームカラーアウェイカラー

テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

画像外部リンク
エンブレム
en:File:TokyoGasFC.png

歴史
太平洋戦争以前 本サッカー部の最初の公式戦である第6回関東実業団蹴球大会(1回戦)が開催された東京高等学校
1935年

東京瓦斯株式会社のサッカー部として創部。
1936年

関東蹴球協会主催の第6回関東実業団蹴球大会に参加し、1回戦(3月15日)で第一生命保険に1-4で敗北。なお、この試合が東京瓦斯(ガス)サッカー部として文献から確認できる最初の公式戦である[1]
1937年

東京実業団蹴球リーグが創設され、航研航技などと同じBクラスに所属することとなった[2]。第7回関東実業団蹴球大会の1回戦の日本光学戦(5-0で勝利)が、東京瓦斯(ガス)サッカー部として文献から確認できる最初の勝利試合である[3]
1940年

第9回関東実業団蹴球大会に参加して、1回戦(3月21日)でマツダに0-3で敗北[4]。これが文献から確認できる太平洋戦争開戦前の最後の公式戦である。
1941年

4月16日に関東実業団蹴球連盟(現:関東サッカー協会)の総会で「関東東実業団蹴球」(リーグ戦)を創設することが決定し、2部(他に三共日本興業銀行日本銀行など)に所属することとなった[5] が、12月の太平洋戦争開戦に伴って小平の厚生閣練習場が農場に変えられ、選手も徴兵されていった[6]
太平洋戦争終戦後
1945年

日本蹴球協会加盟。
1948年

チーム再建が進み、物資不足の中で実業団リーグへ参加[6]
1967年

第1回関東サッカーリーグに参加するも、入れ替え戦で敗れ降格。
1970年

東京都社会人サッカーリーグに所属して2位の成績。なお、同年の東京都リーグは読売サッカークラブ(現在の東京ヴェルディ)が優勝したが、直接対決(1試合)は、東京ガスが5-3で読売クラブに勝利した[7]
1980年代
1985年

第19回関東社会人サッカー大会で優勝。サッカースクール開校[8]
1986年

関東サッカーリーグに昇格。全国社会人選手権では、奈良教員、YKK、地元沖縄の海邦クラブ茨城日立を下し決勝戦へ進出するも、古河電工千葉に敗れ準優勝[9][10]
1988年

入部2年目の大熊清が主将を務め[8]、第12回全国地域リーグ決勝大会に初出場。中央防犯松島クラブを抑えてグループ1位で決勝リーグに進んだが、マツダオート広島サッカー部京都紫光に阻まれて昇格ならず[11]。全国社会人選手権ではベスト4進出[12]
1989年

前年に続き第13回全国地域リーグ決勝大会に出場するも、西濃運輸サッカー部に敗れグループ2位で決勝リーグ進出を逃した[11]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:103 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE