村田氏寿
[Wikipedia|▼Menu]
村田氏寿

村田 氏寿(むらた うじひさ、文政4年2月24日1821年3月27日) - 明治32年(1899年5月8日)は、幕末武士越前福井藩士)、明治時代の政治家官僚

は子慎。は文峰。通称は巳三郎。
目次

1 経歴

2 栄典

3 著作

4 脚注

5 参考文献

経歴

450取りの藩士として松平慶永に仕えた。橋本左内とは親友であり、共に幕末の政情不安の中で国事について語り合うことが多かった。

1853年ペリーが来航すると武者修行と称して江戸に向かい、情勢を探った。1856年には慶永の命令で熊本藩横井小楠招聘に赴いている。1858年将軍継嗣問題が起こると、左内と共に一橋派に与して徳川慶喜擁立のために京都で交渉に尽力した。

その後は禁門の変戊辰戦争などに参加し、慶永の補佐に務めた。維新後は岐阜県令内務大丞警保を務めた。1899年、79歳で死去。
栄典

1874年(明治7年)2月18日 - 従五位[1]

著作

佐々木千尋との共著『続再夢紀事

脚注

[ヘルプ]
^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号109

参考文献

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2018年4月)

ウィキソースに村田巳三郎宛の坂本龍馬の手紙の原文があります。


上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。










福井県参事(第一次)(1871 - 1872 / 足羽県令:1872 - 1873)
官選

第一次福井県

村田氏寿 参事

足羽県
村田氏寿 県令

第二次福井県
石黒務 県令→知事

安立利綱

牧野伸顕

荒川邦蔵

波多野伝三郎

関新吾

岩男三郎

宗像政

阪本ソ之助

中村純九郎

池松時和

香川輝

佐藤孝三郎

川島純幹

湯地幸平

白男川譲介

福永尊介

豊田勝蔵

市村慶三

小浜浄鉱

斎藤直橘

小浜浄鉱

大達茂雄

近藤駿介

羽生雅則

中野与吉郎

木村清司

久保田o

三好重夫

永野若松

加藤初夫

宮田笑内

斎藤武雄

小幡治和

吉川覚 未赴任


公選
小幡治和

羽根盛一

北栄造

中川平太夫

栗田幸雄

西川一誠











岐阜県令(第2代:1873)
官選

県令

長谷部恕連

村田氏壽 権令

小崎利準 参事→権令→県令

知事
小崎利準

曽我部道夫

樺山資雄

湯本義憲

安楽兼道

野村政明

田中貴道

川路利恭

小倉久

薄定吉

島田剛太郎

石橋和

鹿子木小五郎

上田万平

白根竹介

鈴木信太郎

大野緑一郎

金澤正雄

鵜澤憲

吉田勝太郎

伊藤武彦

宮脇梅吉

坂間棟治

坂千秋

宮野省三

数藤鉄臣

中野善敦

三好重夫

橋本政實

沖野悟

野村儀平

桃井直美

増本甲吉


公選
武藤嘉門

松野幸泰

平野三郎

上松陽助


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE