李舜臣級駆逐艦
[Wikipedia|▼Menu]

李舜臣級駆逐艦
DDH 976 文武大王
艦級概観
艦種ヘリコプター搭載駆逐艦
建造期間2001年 - 2006年
就役期間2003年 - 就役中
前級広開土大王級駆逐艦(DDH)
次級世宗大王級駆逐艦(DDG)
性能諸元
排水量基準:4,400トン
満載:5,500トン
全長154.4 m
全幅16.9 m
吃水4.3 m
機関CODOG方式
MTU 20V956 TB92ディーゼルエンジン(4,000 bhp)2基
LM2500ガスタービンエンジン(14,500 shp)2基
可変ピッチ・プロペラ2軸
速力最大29ノット
航続距離4,500海里 (18kt巡航時)
電力ディーゼル発電機 (800kW)4基
乗員320名
兵装62口径5インチ単装砲1基
ゴールキーパー 30mmCIWS1基
Mk.41 VLS (32セル)
? SM-2MR block 3A SAM
? 紅鮫 SUM(装備予定)
を発射可能1基
RAM近SAM 21連装ミサイル発射機1基
ハープーンまたは海星SSM
4連装発射筒2基
324mm3連装短魚雷発射管2基
艦載機スーパーリンクスMk.99
哨戒ヘリコプター2機
C4IKNTDS戦術データ・リンク装置
KDCOM-II戦術情報処理装置
WDS Mk.14武器管制装置
レーダーAN/SPS-49 対空捜索用1基
MW-08 低空警戒/対水上用1基
DTR-92 一般航海用1基
STIR-240 射撃指揮用2基
ソナーDSQS-21BZ 艦底装備式1基
SQR-220K 曳航式1基
電子戦
対抗手段SLQ-200(v)1K電波探知妨害装置
KDAGAIE Mk.2 デコイ発射機4基
SLQ-260K 対魚雷デコイ装置
AN/SLQ-25 対魚雷デコイ装置

忠武公李舜臣級駆逐艦(チュンムゴンイスンシンきゅうくちくかん、英語: Chungmugong Yi Sun-sin class destroyers)は、大韓民国海軍駆逐艦の艦級。計画名はKDX-II[1][2]。建造単価は3億8500万ドル[3]

張保皐級潜水艦209型潜水艦の韓国海軍仕様)に同表記(ハングル)、同音の艦(李純信、Lee Sun Sin、舜臣の部下だった武将)があるため、「忠武公」が加えられている。
目次

1 来歴

2 設計

2.1 船体

2.2 機関


3 装備

3.1 C4ISR

3.2 武器システム


4 同型艦

4.1 一覧表

4.2 運用史


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 外部リンク

来歴

大韓民国海軍では、1970年前後にフレッチャー級駆逐艦を導入して艦隊駆逐艦の運用に着手したのち、1980年代には更にFRAM改修型のアレン・M・サムナー級ギアリング級を導入し、洋上作戦能力の強化を図っていた[4]

一方、1970年代朴正煕政権が発表した「自己完結型の国防力整備を目指した8ヶ年計画」に基づき、戦闘艦の国産化が着手され、まず東海級コルベット蔚山級フリゲートが建造された。続いて駆逐艦の建造が着手され、当初計画では17?20隻の建造が予定されたものの、計画は遅延したうえに諸般事情で削減され[2]、1998年から2000年にかけてKDX-1型(広開土大王級)3隻が建造されるに留まった[5]

そしてKDX-1に続き、韓国初の防空艦として計画されたのが本級である[2][5]。1996年末に3隻の建造が認可されたが、最終決定は1998年までずれ込んだ[1]
設計
船体

KDX-1と比して5年の開きがあるためか、全体にステルス性への配慮が導入された。主船体においては、KDX-1型よりも幅広の船型を採用し、同型で問題があった復原性能の改善を図っている。ただし下記の通り、機関は同構成なので、速力は低下した。艦首のシアはそれほど大きくないため、51番砲付近までブルワークが設けられており、ナックルは省かれた[5]

上部構造物はKDX-1と共通点が多いが、艦内容積確保のため、艦橋構造物と格納庫が連続するようになっており、側面は上甲板舷側部と一致している。格納庫側面には油圧機構で開閉する扉を設けて、舷梯を格納した。艦橋構造はKDX-1とほぼ同じ高さだが、艦橋本体を1甲板分高い位置に設けることで、KDX-1の艦橋上にあった不自然な大きさの構造物を縮小している。また前後檣とも、KDX-1のようなラティス構造をやめて、平面で構成される塔型となった[5]

内火艇は搭載されず、複合艇(RIB)のみとすることで、揚艇機やダビットの重量軽減が図られた。またその他の艤装品も全体に簡略化されており、例えば燃料の受給装置(プローブ・レシーバー)は艦橋後部両舷に装備されているのみで、物資の受給装置はポストとしては設置されていない[5]

なお本級は、韓国軍艦として初めて女性乗員のための居住区を設けている[3][2]
機関

主機はKDX-1の構成が踏襲されており、MTU 20V956 TB92ディーゼルエンジンゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービンエンジンCODOG方式で組み合わせて、バード・ジョンソン社製の可変ピッチ・プロペラ2軸を駆動する方式とされた[1][3]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:46 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE