李成桂
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は中立的な観点に基づく疑問が提出されているか、議論中です。そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。議論はノートを参照してください。(2018年3月)

太祖 李成桂
李朝
初代国王
太祖大王御真
王朝李朝
在位期間1392年8月5日 - 1398年10月14日
都城開京漢陽
姓・諱李旦(初名:成桂)
字君晋
小字仲潔
号松軒
諡号康献至仁啓運応天肇統広勲永命聖文神武正義光徳大王
廟号太祖
生年元統3年10月11日
1335年10月27日
没年永楽6年5月24日
1408年6月18日
李子春桓祖
懿恵王后(永興崔氏)
后妃神懿王后(安辺韓氏)
神徳王后(谷山康氏)
陵墓健元陵
※高麗時代は、一夫多妻制で、神懿王后韓氏は、故郷に住む第一夫人で、李成桂が朝鮮を建国する1年前に他界している。神徳王后康氏は、開京に住む第二夫人であり、李氏朝鮮王朝の初代王妃である

李成桂
各種表記
ハングル:?? / ??? / ?? / ?? / ?? / ??
漢字:太祖 / 李成桂 / 李旦 / 仲潔 / 君晋 / 松軒
発音:テジョ / イ・ソンゲ / イ・ダン / チュンゴル /クンジン / ソンホン
日本語読み:たいそ / りせいけい / りたん / ちゅうけつ / くんしん / しょうけん
ローマ字:Tejo / I Seonggye / I Dan / Junggyeol / Songheon
テンプレートを表示

李 成桂(り せいけい、???、太祖 康献大王、1335年10月27日 - 1408年6月18日)は、モンゴル)の武官、1357年から高麗の武官、李氏朝鮮の創始者にして初代国王。咸鏡南道の永興(金野郡)の出身[1]。『李朝太祖実録』によれば本貫全州李氏という[2]大韓帝国期に太祖高皇帝の称号を送られた。
目次

1 略伝

1.1 李氏の出自

1.1.1 論点

1.1.2 女真族説

1.1.3 高麗系モンゴル軍閥説


1.2 朝鮮王朝建国までの道程

1.3 後継者争いと失意の晩年


2 伝説

3 人物

4 高麗の継承

5 年表

6 宗室

6.1 父母

6.2 兄弟

6.3 后妃

6.4 後宮

6.5 王子

6.6 王女


7 李成桂が登場する作品

8 脚注

9 参考文献

10 関連項目

略伝

李氏朝鮮王室の根元である全州李氏の始祖は新羅司空という役職に就いていた李翰と『太宗実録』など李氏朝鮮時代の歴史書には記録されている一方で、李翰の中国渡来説があり[3]、これは全州李氏の記録である『完山実録』には、「李翰は元々は、中国に住んでいたが、海を渡って新羅に渡来した」と記録されており、また『李氏得姓之由來(???????)』には、「李翰は本来は中国の唐朝帝国の末裔であり、李翰の新羅への渡来以降代々全州に住んでいた」と記録されていることを証拠とする[3]

李翰とその子孫たちは全州の有力者として影響力を持ち、1170年の武臣の反乱を契機に中央政界に進出した[4]。しかし全州李氏一族の発展はすぐに躓くことになる。李成桂の六代前の李?は兄の李義方と共に武臣の乱鎮圧の勢いに乗じて中央に進出したが、兄が出世競争に敗れると李?も都から追放され、夫人も流離いの身となった[1]。李?の子で、李陽茂も苦難の日々を過ごした。そして彼らは都での権力闘争に敗れると、故郷の全州で一揆を起こした疑いまでかけられるようになる[4]。ついに李成桂の四代前、李陽茂の子である李安社は180名に及ぶ一族郎党を率いて故郷を離れた。

最初彼らは江原道に定住したが、中央からの追手に見つかったため、当時が支配していた咸鏡北道に亡命した[4]。朝鮮王室の記録では「李安社が地方の役人と女を巡って激しく対立し、その役人が何かにつけて揚げ足をとり李安社を排除しようとした。それに堪えられなかった李安社は一族郎党を率いて江原道に避難したが、その役人が人事異動で江原道の責任者として来ることになったので、再び一族郎党を率いて咸鏡北道に移住した[4]。そこは元の影響下にあり、国外亡命の様相を呈した」[5]と記している。しかし現在では研究が進んだ結果、これが事実ではないことが明らかとなった。その実態は中央政府の監視や圧力に耐えられなかったか、すすんで中央に反旗を翻した末に敗北して亡命に至ったと考えられている[4]

咸鏡道北部に亡命した李安社は元からダルガチの職責を与えられ周辺の女真族の統治を任された[6]。しかし女真族との間に徐々に対立が生じると、李成桂の曽祖父李行里(翼祖)は一族郎党を率いて南方の江原道安辺郡に移住して[6]、妻である貞淑王后崔氏(本貫登州[7][8]であり、登州で戸長を務めていた崔基烈(???)の娘)とのあいだに李椿を授かり、一族は磨天嶺以南(以北には女真族の集落が散在)の東北面を管轄する大勢力となり一種の独立政権を築いた[6]。そして1335年、李成桂が双城総管府[9]の和州(咸鏡南道の永興、現在の金野郡)で李子春と永興崔氏(もと中国山東半島登州人で咸鏡道移住した[10][11]懿恵王后)の子として生まれた[1]
李氏の出自
論点

李成桂の出自は公的には全州李氏とされているが、三田村泰助は「がんらい李成桂は、全羅道全州の名門の出といわれるが、疑わしく、数代まえより、北鮮の咸鏡道にいた。」と述べている[12]池内宏は、全州李氏という如きは決して信じるべきではないと斥けている[13]。六反田豊(東京大学教授・専攻李氏朝鮮)は、高祖父李安社の時代に全州から東北面に移住して、元朝に入仕した後各地を転々とした。或いは父李子春は、双城などの千戸として元朝に仕えたが、1355年に高麗に内応して小府尹に任命され、翌年高麗が行った双城総管府攻撃の際に、高麗王の命令を受けてこれを攻撃して戦功を立て咸鏡道の万戸・兵馬使の任命されたというのは「伝説」として[14]、「こうした伝説は、『高麗史』・『太祖実録』・『竜飛御天歌』等にみられるが、どこまで史実を反映したものであるかは疑問である。」と述べている[15]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:101 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE