本庶佑
[Wikipedia|▼Menu]

本庶 佑
(ほんじょ たすく)
文化勲章受章に際して
文部科学省より公表された肖像写真
生誕 (1942-01-27) 1942年1月27日(76歳)
京都府京都市
居住 日本
国籍 日本
研究分野医学
研究機関京都大学
東京大学
大阪大学
出身校京都大学医学部進学課程修了
京都大学医学部専門課程卒業
京都大学大学院医学研究科修了
博士課程
指導教員西塚泰美
他の指導教員早石修
博士課程
指導学生石田靖雅
主な業績

リンパ球クラススイッチ組換えや体細胞突然変異により遺伝子を改変し抗体を作る仕組みの解明

活性化誘導シチジンデアミナーゼの発見

IL-4IL-5相補的DNAの単離と構造決定

影響を
受けた人物柴谷篤弘
主な受賞歴本文「学術賞」節を参照
プロジェクト:人物伝

ノーベル賞受賞者
受賞年:2018年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用

本庶 佑(ほんじょ たすく、1942年昭和17年)1月27日 - )は、日本医師医学者医化学分子免疫学)。学位医学博士京都大学・1975年)。京都大学名誉教授・高等研究院副研究院長特別教授、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、お茶の水女子大学学長特別招聘教授。日本学士院会員文化功労者文化勲章受章者。京都市出身。

京都大学医学部副手、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長内閣府総合科学技術会議議員、静岡県公立大学法人理事長、先端医療振興財団理事長などを歴任した。

免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用により、2018年にノーベル生理学・医学賞ジェームズ・P・アリソンと共同受賞した。
目次

1 概要

2 来歴

2.1 生い立ち

2.2 学術的な活動

2.3 その他の公的な活動


3 業績

4 家族・親族

5 略歴

6 学術賞

7 栄典・顕彰

8 著作

8.1 自著

8.2 編集


9 脚注

10 関連項目

11 外部リンク

概要

クラススイッチ組換えと体細胞突然変異によって抗体が造られるメカニズムを解明した。また、世界で初めて活性化誘導シチジンデアミナーゼを発見したことでも知られている。さらに、PD-1を阻害するがん免疫療法を開発したことから、のちに免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブの開発に繋がった。

これらの功績から日本学士院会員文化功労者として顕彰され、2013年には文化勲章が授与されている。2018年にはノーベル生理学・医学賞が授与された。

母校である京都大学をはじめ、東京大学大阪大学にて教鞭を執り、後進の育成に力を注いだ。長年に渡って勤務した京都大学では、医学研究科研究科長医学部学部長など要職を歴任した。その後は静岡県立大学などを設置・運営する公立大学法人にて理事長に就任した。また、先端医療振興財団とその後身である神戸医療産業都市推進機構においても理事長を務めた。
来歴
生い立ち

1942年京都府京都市にて生まれた[1]1945年の実家がある富山市富山大空襲に遭い、自宅が焼ける。避難していた防空壕焼夷弾が命中したが、防空壕の底に水がたまっていたため不発だった。「もし爆発していたら私はこの世にいなかったと思う」と述べている。その後、に抱かれながら富山市から母の実家がある魚津市まで避難した[2]。戦後、医師山口大学医学部教授を務めた父の仕事の都合により[3]山口県宇部市で育つ[1]山口県立宇部高等学校卒業後、1960年京都大学医学部医学科に入学、1966年には京都大学医学部医学科卒業[4]。両親は共に富山県出身、本籍も富山市花園町にある[5]

大学生時代は、同期の中西重忠らと知り合う[1]。また、かつて父の同僚であった柴谷篤弘の著書を読んで感銘を受け、柴谷に会いにいったこともあったという[1]。父や柴谷らのアドバイスを受け、早石修の門下となる[1]1966年、京都大学医学部医学科を卒業し、京都大学医学部附属病院にてインターンに従事する[4]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:75 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE