朝鮮労働党
[Wikipedia|▼Menu]

座標: 北緯39度1分15.23秒 東経125度45分10.99秒 / 北緯39.0208972度 東経125.7530528度 / 39.0208972; 125.7530528

朝鮮民主主義人民共和国政党朝鮮労働党
?????
朝鮮勞動黨
朝鮮労働党旗
党委員長金正恩
永遠なる総書記金正日
政治局常務委員金正恩金永南黄炳瑞朴奉珠崔竜海
成立年月日創設日:1945年10月10日
(朝鮮共産党北部朝鮮分局として創設)
成立日:1949年6月30日
(南朝鮮労働党と合併し、朝鮮労働党に党名改称)
本部所在地 朝鮮民主主義人民共和国 平壌直轄市
最高人民会議601 / 687   (87%)
政治的思想・立場社会主義[1]
先軍思想
主体思想
金日成・金正日主義
公式サイト労働新聞
テンプレートを表示

朝鮮労働党
各種表記
ハングル:?????(朝鮮民主主義人民共和国)、?????(韓国)
漢字:朝鮮勞動黨
発音:チョソンノドンダン(韓国・北朝鮮)
日本語読み:ちょうせんろうどうとう
MR式
2000年式
英語:Chos?n-rotongtang
Joseon-rodongdang
Workers' Party of Korea (WPK) / Korean Workers' Party (KWP)
テンプレートを表示

朝鮮労働党(ちょうせんろうどうとう)は、朝鮮民主主義人民共和国の執権政党である。

党の旗は、赤地で革命を、中心の農民労働者知識人をそれぞれ表す。
目次

1 概要

2 名称

3 歴史

4 組織

4.1 情報・諜報機関

4.1.1 現在の党の諜報機関

4.1.2 過去に存在した党の諜報機関


4.2 その他

4.3 党員


5 党幹部

5.1 第3回党代表者会

5.2 第4回党代表者会

5.3 第7回党大会


6 日本社会党との友好関係

7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク

概要

朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法第11条には「朝鮮民主主義人民共和国は、朝鮮労働党の指導の下にすべての活動を行う」と規定されており、朝鮮労働党は国家行政機構より上位にあって、事実上の一党独裁制を堅持している。

朝鮮労働党の指導性を認めている衛星政党として、朝鮮社会民主党天道教青友党がある。

朝鮮労働党の党員は約300万人と推定されている[2]。朝鮮労働党の党員数は、北朝鮮の人口約2200万人のおよそ7分の1を占める。北朝鮮では、公職企業団体において要職につくためには党員であることが必要とされる。
名称

朝鮮労働党の用いる朝鮮語表記では、「?????」(チョソンノドンダン、「朝鮮勞動黨」)。大韓民国(韓国)では、「北韓労働党」(「?? ???〈北韓 勞動黨〉」、プッカンノドンダン)と呼ばれている。

英語名称について朝鮮労働党はWorkers' Party of Korea (WPK) という表記法を使用する。しかしCNNBBCCIAなど欧米諸国メディア・機関はKorean Workers' Party (KWP) を使用することが多く、日本の英字新聞などもこれに倣うことが多い。
歴史 第1回党大会の様子(北朝鮮労働党時代)

1945年10月10日朝鮮共産党北部朝鮮分局として発足(党創設記念日)。1946年8月朝鮮新民党を吸収し北朝鮮労働党となる(第1回党大会)。1949年6月30日南朝鮮労働党(南労党)と合併し、金日成を党中央委員会委員長に選出、朝鮮労働党となる。

もともと朝鮮労働党は共産主義者系独立運動団体の連合体としての性格を有していたが、1953年には領袖の朴憲永を始めとして南労党派の主要な構成員が「アメリカスパイ」などの容疑をかけられて逮捕され、粛清された。また、1956年には8月宗派事件が起こり、ソ連派金?奉らの延安派(中国派)が粛清され壊滅した。金日成のライバルの粛清と並行して金日成に対する個人崇拝が強化されていった。

1966年10月の第2回党代表者会で自主路線を定式化してイデオロギー的にソビエト連邦中華人民共和国から自由であることを謳った。また、党組織の改組が行われ、党中央委員会委員長に代わって中央委員会党総書記が設置され、金日成が総書記に就任した。

1967年5月の第4期党中央委員会第15回総会では唯一思想体系の確立が強調された。すなわち、唯一思想体系とは党を創建し指導する首領の思想であり、党内には唯一思想体系以外の思想は存在しないというものである。この場合、首領とは革命のリーダーを意味し、金日成を指す。同年6月の第4期党中央委員会第16回総会では首領論が提唱されて、革命のリーダーである首領が指導政党である朝鮮労働党の上位に位置づけられ、朝鮮労働党は首領に従属する存在とされた[3]。その後、金日成指導部は北朝鮮独自の主体思想(チュチェ思想)を掲げ、「首領は脳髄、党は神経、人民は細胞」という有機的国家論を唱えた。 使用されていた党員バッジ(イメージ図)

国内パルチザン派とも呼ばれた甲山派1967年8月に領袖の朴金が反党・反革命分子として批判を受けて抗議のため自殺を図るなどし、多くの構成員は粛清され壊滅し、金日成を領袖とする国外パルチザン派とも呼ばれた満州派が党内の主導権を確立していった。そうしたなか、1930年代に金日成が行った抗日パルチザン闘争のみが朝鮮の革命運動で唯一正当な闘争であるという「革命伝統」が主張され、それ以外の革命の歴史は否定された。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:86 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE