朝鮮中央通信
[Wikipedia|▼Menu]

朝鮮中央通信
Korean Central News Agency略称KCNA
本社所在地
北朝鮮
平壌市
設立1946年
業種通信社
事業内容報道
外部リンク朝鮮中央通信ホームページ
特記事項:設立当初は「北朝鮮通信社」という社名だったが、1948年に現社名となる。
テンプレートを表示

朝鮮中央通信社
各種表記
ハングル:???????
漢字:朝鮮中央通信社
発音:チョソンジュンアントンシンサ
日本語読み:ちょうせんちゅうおうつうしんしゃ
ローマ字:Chos?n Chungangt'ongsinsa(MR式
Joseon Jungangtongsinsa(2000年式
英語表記:Korean Central News Agency (KCNA)
テンプレートを表示

朝鮮中央通信(ちょうせんちゅうおうつうしん、英語: Korean Central News Agency、略称: KCNA)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国営通信社にして、同国最大の報道機関。平壌放送と共に対外向けに北朝鮮の宣伝や主張のための報道機関であり、内部向けメディアの朝鮮中央放送朝鮮中央テレビ、朝鮮労働党機関紙・労働新聞等と違って北朝鮮の一般住民は報道内容に接するのは不可能である[1]


目次

1 概要

2 朝鮮通信社

3 支局

4 提携通信社

5 脚註

6 外部リンク


概要

朝鮮中央通信社は1946年12月5日北朝鮮臨時人民委員会・第60回常務委員会の決定により「北朝鮮通信社」[2]という名称で設立されたが、朝鮮民主主義人民共和国が建国された1948年10月12日に現在の名称へと変更された。長年、『朝鮮中央年鑑』と『国際常識』を出版してきたが、『国際常識』は1998年に出版が中止された。『朝鮮中央年鑑』は、朝鮮中央通信社が年内に報道したニュースを集めて発行した書籍であり、1948年から発行され続けている。

朝鮮中央通信社は、朝鮮民主主義人民共和国政府の声明を数多く報道してきた。その際には、多くの場合において、朝鮮中央通信社の記者が出す質問に対し、政府の各部門のスポークスマンが答える形式で声明を示してきた。また、朝鮮中央通信社は、金日成国家主席の指示により、事件事故に関する情報を報道しないことで知られてきた。しかし、2004年龍川駅列車爆発事故が発生した際には、長年の慣行に反して事故に関する情報を報じた。

2010年10月、公式ウェブサイトを開設。当初は英語版とスペイン語版だけだったが、12月には朝鮮語版、さらに翌年1月には日本語版も誕生、動画も配信し始めた。[3]
朝鮮通信社

朝鮮中央通信社は東京所在の朝鮮通信社と相互連携関係にある。そのため、朝鮮中央通信社が配信する記事は、朝鮮通信社を経由して日本の各報道機関へ提供される場合が多い。こちらのウェブサイト(www.kcna.co.jp)は英語版とハングル版のみで、日本語版はない。新聞紙面での記事配信元は「朝鮮通信(東京)」と表記される場合がある。
支局

中国ロシアキューバインドイランエジプト
提携通信社

新華社共同通信社ロイター聯合ニュース
脚註^北朝鮮が韓国揺さぶり発言を国内で報じず その意図は?
^ 1948年独立する以前の朝鮮連合軍軍政期)では、北緯38度線を境として、以北のソ連軍管轄地域を「北朝鮮」、以南のアメリカ軍管轄地域を「南朝鮮」と呼称していた。
^????? ?? ??…北 ??? `??' ??(朝鮮日報

外部リンク

Korean Central News Agency ??????? 朝鮮中央通信社(朝鮮語)(英語)(中国語)(ロシア語)(スペイン語)(日本語)

Korea News Service Korean News ???? 朝鮮通信(英語)(朝鮮語)










通信社
アジア

時事通信社東京

共同通信社東京

ラヂオプレス東京

聯合ニュースソウル特別市

朝鮮中央通信(平壌

新華社北京市

中国新聞社 (中華人民共和国)北京市

中央通訊社台北市

Lao News Agency(ラオス

Asian News International(ニューデリー

Press Trust of India (デリー

Pakistan Television(イスラマバード

Azerbaijan State Telegraph Agency(アゼルバイジャン

Islamic Republic News Agency(テヘラン

アナドル通信社アンカラ

ヨーロッパ

ロイターロンドン

Press Association(ロンドン

AFPパリ

ドイツ通信社ハンブルク

EPA通信フランクフルト

Belga(ブリュッセル

Swiss Telegraphic Agency(ベルン

Austria Press Agency(ウィーン

ANSA通信ローマ

Inter Press Service(ローマ

Zenit(ローマ

Agenzia Fides(バチカン

EFEマドリード

Lusa(リスボン

Athens-Macedonian News Agency(アテネ

ポーランド通信社ワルシャワ

MTI(ブダペスト

タニューグベオグラード


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE