有村架純
[Wikipedia|▼Menu]

この存命人物の記事には検証可能出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2012年9月)

テレビ番組内での各種情報は、信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい。Wikipedia:検証可能性に基づき除去される場合があります。

ありむら かすみ
有村 架純
第21回秋華賞表彰式
(2016年10月16日)
生年月日 (1993-02-13) 1993年2月13日(25歳)
出生地 日本 兵庫県伊丹市
身長160 cm
血液型B型
職業女優
ジャンル映画テレビドラマ
活動期間2010年 -
著名な家族有村藍里(姉)[1]
事務所フラーム
公式サイト ⇒FLaMme > 有村架純
主な作品
テレビドラマ
あまちゃん
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
ひよっこ』映画
ストロボ・エッジ
映画 ビリギャル』アニメ映画
思い出のマーニー』舞台
ジャンヌ・ダルク

 受賞
日本アカデミー賞
優秀主演女優賞・新人俳優賞
2015年映画 ビリギャル
ブルーリボン賞
主演女優賞
2015年『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』
その他の賞
受賞歴参照

表示

有村 架純(ありむら かすみ、1993年2月13日 - )は、日本女優兵庫県伊丹市出身[2]フラーム所属。
目次

1 来歴

2 人物

3 出演

3.1 テレビドラマ

3.2 映画

3.3 劇場アニメ

3.4 舞台

3.5 webドラマ

3.6 ドキュメンタリー番組

3.7 その他テレビ番組

3.8 PV

3.9 CM

3.10 広告

3.11 小説表紙

3.12 ゲーム


4 作品

5 受賞歴

6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 外部リンク

来歴

2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校[3]在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格した。

2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり[4]、4月に親元を離れて上京[4][5]。同年5月、『ハガネの女』(テレビ朝日)でドラマ初出演を果たし、同年12月、FLaMme mobileで携帯ブログをスタートした。

2011年1月、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演を果たし、同年11月、『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演を果たした。

2013年4月、出生地である伊丹市より「伊丹市大使」に任命される[2]。同年7月より、アメーバブログをスタート。また、連続テレビ小説あまちゃん』(NHK)で、小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博し、数ヶ月で大ブレイクを果たした。ニホンモニターによる「2013タレントCM起用社数ランキング」で圏外からトップ10入り、VIPタイムズ社(『日本タレント名鑑』発行元)による業界人1,000人を対象としたアンケートで選ばれた「2014年にブレイクを期待するタレント」で女性部門1位となるなど、注目を集めた[6][7]

2014年7月公開のスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』でオーディションを経てダブルヒロインの1人・マーニー役に抜擢され、声優に初挑戦[8]。同年10月、舞台劇ジャンヌ・ダルク』で初舞台を踏む。同年映画 『ストロボ・エッジ』の役作りのため、デビュー以来一度も短くしたことのなかった髪を20cmカットした。

2015年5月、主演映画『映画 ビリギャル』で金髪ギャルに挑戦して話題となる。同年6月、『永遠のぼくら sea side blue』(日本テレビ)で、地上波ドラマ初主演[9]。同年10月、『海に降る』(WOWOW)で、連続ドラマ初主演[10]

2016年主演映画『映画 ビリギャル』での演技により第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞[11]を、また『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』での演技により第58回ブルーリボン賞主演女優賞[12]を受賞する。同年1月、フジテレビ月9ドラマいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で同枠および民放連続ドラマ初主演[13]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:160 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE