月見
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
望月

月見(つきみ)とは、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。

なお、鶏卵黄身を満月に例え料理もその形から月見という(後節参照)。


目次

1 概要

2 八月十五夜

2.1 呼称

2.2 日付

2.3 各地の風習

2.3.1 日本

2.3.2 中国

2.3.3 香港

2.3.4 中華民国(台湾)

2.3.5  ベトナム

2.3.6 韓国



3 八月十五夜以外の月見

3.1 九月十三夜

3.2 十月十夜

3.3 その他の夜


4 月見の名所

4.1 日本

4.1.1 日本三大名月鑑賞地

4.1.2 日本三大名月の里

4.1.3 その他の名所


4.2 中国

4.3 台湾


5 月見に関連した作品

5.1 文学

5.1.1 古典文学

5.1.2 漢詩

5.1.3 小説

5.1.4 俳句

5.1.5 短歌


5.2 童謡・唱歌

5.3 絵本

5.4 能


6 月見に見立てた料理

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 関連項目

9 外部リンク


概要

月見は、主に旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)にも行われる。そのため、月見に関する話題で単に「十五夜(じゅうごや)」「十三夜(じゅうさんや)」という場合、これらの夜を意味する。

中国日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。

名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。当時の日本での月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだった。この頃の月見は中国、日本ともに願掛け供え物といった宗教的な要素はなく、ただ月を眺めつつ楽しんでいた。

明代の中国では宴会に加えて、名月の日に供え物や月餅を贈り合う習慣が始まったと田汝成の『煕朝楽事』に記録がある。日本では室町時代に入ってからも名月の日は続いたが、遊宴としては簡素になっていき、室町後期の名月の日には月を拝み、お供えをする風習が生じていた。『御湯殿上日記』には後陽成天皇ナスに開けた穴から月を見て祈る「名月の祝」という祝儀の様子が記録されている。

東アジアには旧暦の8月15日には月見の成立以前からサトイモの収穫祭がある地域が多く、日本でもその日にサトイモを食べる習慣があった。月見が世俗化した江戸時代前期の記録によれは、十五夜の日は芋煮を食べて夜遊びをするのが一般的だった。その頃の庶民の月見には月見団子などの供え物の記録は見られず、家庭で供え物が行われるようになったのは中期以降のことと見られている。江戸後期の風俗記録である『守貞漫稿』には十五夜の日は文机で祭壇をこしらえ、供え物として江戸では球形の、京阪ではサトイモの形をした月見団子を供えると記録されている[1]
八月十五夜月見の飾り
呼称

この夜の月を「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と呼ぶ。

「仲秋の名月」という表現もあるが、これだと「旧暦8月の月」を指し、十五夜の月に限定されなくなる。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:44 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE