曹洞宗
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年9月)

曹洞宗(そうとうしゅう)は、中国禅宗五家(曹洞、臨済?仰雲門法眼)の1つで、日本仏教においては禅宗(曹洞宗・日本達磨宗臨済宗黄檗宗普化宗)の1つ。鎌倉仏教のひとつである。本山は永平寺福井県)・總持寺横浜市鶴見区)。専ら坐禅に徹する黙照禅であることを特徴とするが、仏陀つまり悟りを開いた人・目覚めた人の教えであるので、出家在家に拘らず、求道者各自が悟りを開くことを標榜する。

中国禅宗の祖である達磨(5C後半 - 6C前半)から数えて6代目の南宗禅の祖・曹渓宝林寺の慧能(638 - 713年)の弟子の1人である青原行思(? - 740年)から、石頭希遷(700 - 790年、石頭宗)、薬山惟儼(745 - 828年))、雲巌曇晟(782 - 841年 )と4代下った洞山良价(807 - 869年)によって創宗された。


目次

1 中国における曹洞宗

2 日本における曹洞宗

2.1 教義

2.1.1 主な経典


2.2 歴史

2.3 宗政

2.4 著名な寺院

2.4.1 大本山(根本道場)

2.4.2 僧堂

2.4.2.1 大本山僧堂

2.4.2.2 専門僧堂

2.4.2.3 専門尼僧堂

2.4.2.4 その他


2.4.3 その他著名寺院

2.4.4 日本国外の寺院


2.5 派生した教団

2.6 訴訟

2.7 宗議会選挙での買収

2.8 曹洞宗寺院出身の主な著名人


3 越南(ベトナム)における曹洞宗

4 脚注・出典

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


中国における曹洞宗

中国曹洞宗は、洞山良价と彼の弟子である曹山本寂(840 - 901年)を祖とし、はじめ「洞曹宗」を名乗ったが、語呂合わせの都合で「曹洞宗」となったというのが定説の1つとなっている[1][2]。また、道元(1200 - 1253年)をはじめ日本の禅宗では、洞曹宗の「曹」は曹山本寂ではなく、曹渓慧能(大鑑慧能、638-713年)から採られている、という解釈がなされている[1]。(道元がこのような解釈をした理由は、曹山本寂の系統分派は途絶えていて、道元が学んだのが雲居道膺(?-902年)につながる系統であったためである。)

道元らが提唱した系譜は、前述した南方禅の慧能にさかのぼり、その弟子青原行思?石頭希遷?薬山惟儼?雲巌曇晟?洞山良价?‥‥とつづく法脈である。曹山本寂の系譜は四代伝承した後に絶伝した一方で、洞山良价の一系譜のみが現在まで伝わっている。洞山良价の禅学思想に基づき、曹洞宗の禅風は「万物皆虚幻、万法本源為佛性」である。

洞山良价から5代下った大陽警玄(943 - 1027年)には弟子がいなかったため、師資の面授を経ずに付法相承する「代付」によって投子義青(1032-1083年)へと嗣法がなされることで、北宋末における再興が成された[3]

次代の芙蓉道楷(1043 - 1118年)の弟子の代になると、宋の南遷による南宋の成立に伴い、河北に留まる鹿門自覚(? - ?年)の系統と、江南に下る丹霞子淳(?-1119年)の系統に分かれた。

丹霞子淳の門下には、宏智正覚(1091 - 1157年)と真歇清了(1088-1151年)がおり、宏智正覚は「黙照禅」を提唱し、「看話禅」を提唱する臨済宗大慧宗杲(1089 - 1163年)と対立したことや、多くの弟子を持ち「宏智派」を形成したことで知られ、他方の真歇清了の門下では3代下った天童如浄(1163年 - 1228年)から道元が日本へと曹洞宗を伝えた。宏智正覚の高弟であった自得慧暉(1097 - 1183年)の系統が、「宏智派」ではその後唯一、初に至るまで、中国曹洞宗の法脈を保ち支えていくことになった。この「宏智派」の宗風は、東明慧日(1272 - 1340年)や東陵永?(1285‐1365年)によって日本にも伝えられ、鎌倉京都五山禅林にも大きな影響を与えた[3]

他方、河北に留まった鹿門自覚の系統は、普照一辨(青州希辨、1081 - 1149年?)、大明僧宝(1114 - 1173年)、玉山師体(? - ?年)、雪巌慧満(? - ?年)を経て、代に万松行秀(1167 - 1246年)が登場することで隆盛した。彼の弟子には、雪庭福裕(??1274年)、耶律楚材(1190 - 1244年)、林泉従倫(? - ?年)などがいる。雪庭福裕は代に皇帝クビライ(1215 - 1294年)に認められ、「国師」に指名されると共に嵩山少林寺を任され中興の祖となった。現在の中国でも、嵩山少林寺(曹洞正宗)が華北地方の拠点として有名である。

以上の主な法嗣をまとめると、以下のようになる。

洞山良价 - 雲居道膺 - 同安道丕 - 同安観志 - 梁山縁観 - 大陽警玄 - 投子義青 - 芙蓉道楷

鹿門自覚 - 普照一辨(青州希辨) - 大明僧宝 - 玉山師体 - 雪巌慧満 - 万松行秀 - 雪庭福裕・・・

丹霞子淳

宏智正覚(宏智派) - 自得慧暉・・・(東明慧日・東陵永?)・・・

真歇清了 - 天童宗? - 雪竇智鑑 - 天童如浄(- 道元)・・・



日本における曹洞宗道元

日本仏教における曹洞宗は鎌倉時代に始まる。道元は、臨済宗黄龍派明全に随身した後、共にに渡り、天童山で曹洞宗の天童如浄(長翁如浄)に師事して開悟(身心脱落)して修行が終わり、1226年に帰国した。

宗祖・洞山良价から道元までの法嗣は、

洞山良价 - 雲居道膺 - 同安道丕 - 同安観志 - 梁山縁観 - 大陽警玄 - 投子義青 - 芙蓉道楷 - 丹霞子淳 - 真歇清了 - 天童宗? - 雪竇智鑑 - 天童如浄 - 道元

となる。

道元自身は自らの教えを「正伝の仏法」であるとしてセクショナリズムとしての宗派を否定した。このため弟子たちには自ら特定の宗派名を称することを禁じ、禅宗の一派として見られることにすら拒否感を示した。どうしても名乗らなければならないのであれば「仏心宗」と称するようにと示したとも伝えられる。

後に奈良仏教の興福寺から迫害を受けた日本達磨宗の一派と合同したことをきっかけとして、道元の入滅(死)後、次第に禅宗を標榜するようになった。宗派の呼称として「曹洞宗」を用いるようになったのは、第四祖瑩山紹瑾(1268 - 1325年)とその後席峨山韶碩(1275 - 1366年)の頃からである。 日本における曹洞宗は、中国における曹洞宗の説とは違い、曹渓慧能と洞山良价の頭文字を取って曹洞宗と呼ぶのを定説としている。

「臨済将軍曹洞士民」といわれるように、臨済宗が時の中央の武家政権に支持され、政治・文化の場面で重んじられたのに対し、曹洞宗は地方武家、豪族、下級武士、一般民衆に広まった。 曹洞宗の宗紋は久我山竜胆紋(久我竜胆紋・久我竜胆車紋)と五七桐紋である。
教義

「正伝の仏法」を伝統とし、「南無釈迦牟尼仏」として釈迦本尊と仰ぐが、各人が坐禅により万法に証せられる(悟る)ことを肝要とする。

曹洞宗の坐禅は中国禅の伝統と同じく「只管打坐(しかんたざ)」(非思量の坐禅をすること)をもっぱらとし、臨済宗のように公案禅をとる流派も一部にあるが少数である。江戸時代のように多くの曹洞宗僧侶が、公案禅に参じた時もあった。

『普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)』は、道元が帰国後、坐禅の仕方について著した指南書。四六駢儷体による表現がなされている。

また、道元の著書である『正法眼蔵』は、道元の自らの悟り体験に基づき仏教全般について表現している。決して思惟による哲学ではない。
主な経典

主によまれる経典

摩訶般若波羅蜜多心経

妙法蓮華経観世音菩薩普門品

妙法蓮華経如来寿量品』

大悲心陀羅尼

『甘露門』(施餓鬼会に際し読む)

『参同契』(枕経として読む)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:54 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE