曹敏修
[Wikipedia|▼Menu]

本来の表記は「゙敏修」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。

゙ 敏修(そう びんしゅう、チョ ミンス、? - 洪武23年12月22日1391年1月27日))は、高麗末期の武官。本貫昌寧1388年高麗滅亡、李氏朝鮮建国のきっかけとなったクーデター(威化島回軍)を李成桂とともに行ったが、後に対立し失閣した。

1361年恭愍王10年)、順州府使として紅巾(紅巾の乱)の侵入を退け、二等功臣になった。また都巡問使として倭寇をはねのけ、1383年(?王9年)昌城府院君に封ぜられた。

1388年(?王14年)、王命を受け、遼東を攻略するため、左軍都統使として滿洲に出征したが、右軍都統使だった李成桂とともにクーデター(威化島回軍)を起こす。回軍後、国都開京を攻撃、?王を廃した。゙敏修は?王の世子昌王擁立で重要な役割をはたした。翌年、李成桂一派と対立し、流罪になる。その後赦されたが、王位継承で李成桂一派と再び対立、郷里の昌寧へ追放されて、そこで病死した。

この項目は、歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:歴史/P:歴史学/PJ歴史)。

この項目は、朝鮮に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:朝鮮)。


更新日時:2018年11月7日(水)04:39
取得日時:2018/12/19 10:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:3613 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE