書店
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年9月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年9月)


書店を描いた1891年の絵画(William Fettes Douglas 画) フランスで非常に多い bouquiniste ブキニスト。古書を中心に広く書籍や、またしばしばデッサン類・写真類や音楽メディアなど様々なものを扱う露店。写真はパリセーヌの川岸にずらりと並んだブキニスト。閉店時には本を箱の中に収め蓋を閉じて鍵をかける。 イギリスの現代の書店(Much Wenlockにて) ポーランドの書店の店内。客が座るためのソファーが置いてある。 トルコイスタンブールの書店の店頭。 アメリカ合衆国、L.A.にあるバーンズ・アンド・ノーブルの店内 ブエノスアイレス、アルゼンチンの書店

書店(しょてん、英:bookstore, bookshop)とは、、という意味で、より具体的には書籍雑誌小売店卸業者出版社である。本屋(ほんや)とも呼ばれる。(古い時代の呼称には「書肆(しょし)」というものもある)。
目次

1 概説

2 歴史

2.1 アメリカ合衆国


3 各国の書店および各国で主な書店

3.1 アメリカ合衆国

3.2 イギリス

3.3 フランス

3.4 ドイツ

3.5 香港

3.6 台湾

3.7 韓国

3.8 日本


4 日本

4.1 種類

4.1.1 新書店

4.1.2 古書店

4.1.3 コンビニエンスストア

4.1.4 オンライン書店


4.2 日本の主な書店

4.3 日本での本の流通経路

4.4 日本での書店業界の問題点

4.5 日本での業界用語


5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

概説

書店とは、、という意味で、より具体的には書籍雑誌小売店卸業者出版社である。

書籍を扱う業者と言っても、本を作る出版社、出版社から本を大量に仕入れ各地の小売店に卸売をする業者、本を実際に読むなどして使うことになる個人や組織に販売する業者がいるわけである。なお、出版・印刷業界では、出版社を「版元(はんもと)」、卸業者を「取次(とりつぎ)」、小売店を「小売書店」などと呼び分けている。このうち、一般消費者に特に馴染み深いのは、直接目にすることの多い小売書店、ということになる。

古代ローマ時代にはすでに書籍を扱う業者がいたことが知られている。→#歴史

以下、本稿では、小売書店を中心に概説する。
歴史

古代ローマで共和制の末期には、人々の間で本を自宅で多数持つことが流行したので、書籍を扱う商人も栄えた。

中世のヨーロッパにおいて書籍を大量に持っていたのは修道院であり、修道院内で写本の作成などが行われていた。この段階では書籍を扱う業者が出る幕はあまりなかったわけであるが、グーテンベルク印刷技術が実現し、キリスト教関連の書籍である『聖書』、聖歌集等々が日常語で大量に印刷されて人々に大量に届けられる必要が出てきた段階で書店(書籍取り扱い業者)の役割が大きくなっていったと言ってよいだろう。(なお『聖書』は印刷技術登場時から現在にいたるまで、全ての書籍の中で特に突出したベストセラーである。)


この節の加筆が望まれています。

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国では小売書店以外の販売ルートが数多くあったため、昔から小売書店の地位は日本ほど高くない。例えば1930年代、マスマーケット・ペーパーバックが登場したが、新聞スタンドが取り扱った。第二次世界大戦後もブック・クラブのような通信販売が人気を博した。書籍販売に占める小売書店の割合は歴史的に3割程度で、現在でも割合に変化はない。

漫画の販売が大きな比重を占めている日本の書店とは異なり、アメリカの一般書店で漫画(コミック・ブック)を取り扱うことは少ない。コミックの多くは、書店ではなく、もっぱらコミック専門店で販売される。

小売書店は1960年代まではハードカバーを取り扱う、個人書店が主流だった。1970年代、ビー・ドルトンやウォルデンブックスのような大型チェーン書店・郊外型書店が登場し、急速に発展した。両社はマス・ペーパーバックの販売に力を入れた。また新刊書や超ベストセラー(ブロックバスター)を重視し、回転率を至上命令とした。返本が問題となった。

1980年代、ビー・ドルトンやウォルデンブックスは更に発展した。マス・ペーパーバックだけでなく、雑誌販売にも力を入れた。副商品としてビデオソフトやコンピューターゲーム、カレンダーの販売も始まった。一方で書籍の大幅割引(1?3割)を行う、クラウン書店が一世を風靡した。また買取制が始まった。

1990年代、10万点以上の在庫を持つ、超大型書店(スーパーストア)が流行した。一方でコストコの親会社であるウェアハウス・クラブが食料品や雑貨などと共に、書籍の大幅割引(4?9割)を行った。業界再編が行われた[1]。ビー・ドルトンはバーンズ・アンド・ノーブルに、ウォルデンブックスはボーダーズ・グループに、クラウン書店もランダムハウスに買収された。

2011年現在、アメリカでは書店ビジネスそのものが消滅の危機に瀕している[2]。上述のボーダーズ・グループはアメリカで2位の書店チェーンだったが、連邦倒産法の適用を申請して倒産した[3]。背景にはインターネットでの書籍販売や電子書籍の普及が指摘されている[4]
各国の書店および各国で主な書店
アメリカ合衆国

バーンズ・アンド・ノーブル

ボーダーズ・グループ

イギリス

W・H・スミス

ウォーターストーンズ

フランス ストラスブールの書店 fr:Librairie Oberlinの店内

フナック

ドイツ

DBH


タリア

フーゲンドゥーベル

香港

商務印書館

中華書局

台湾

誠品書店

韓国

教保文庫


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE