更級郡
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]


令制国一覧 > 東山道 > 信濃国 > 更級郡

日本 > 中部地方 > 長野県 > 更級郡
長野県更級郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

更級郡(さらしなぐん)は、長野県信濃国)にあった


目次

1 郡域

2 歴史

2.1 近世以降の沿革

2.2 町村制以降の沿革

2.3 変遷表


3 行政

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目


郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

長野市の一部(概ね若穂各町を除く千曲川以西かつ犀川以南および信州新町日原西・信州新町信級・松代町西寺尾・松代町牧島・松代町小島田)

千曲市の一部(概ね千曲川以西)

埴科郡坂城町の一部(概ね千曲川以西)

歴史

出土した木簡などから大宝律令以前はのちの埴科郡と共に「科野(しなのこおり)」を構成していたと考えられる[1]。長屋王家木簡では「讃信郡」との郡名表記もなされている。

神護景雲2年(768年)続日本紀に全国から善行のあった9人が朝廷から褒美を得た記述があり、4人までもを信濃の国の人が占めた。その内の建部大垣が当郡の人とされている。

和名類聚抄にはについて村上・当信・小谷・更級清水・斗女・・氷鉋と、現在では東筑摩郡に属している麻続(麻績)が当郡に含まれていたという記述がある。

千曲市八幡の社宮司遺跡から出土した9世紀前半の須恵器に付いていた漆紙文書に、出挙と呼ばれる古代の貸借税制の内容が書かれていることから、郡衙の位置として比定されている[2]
近世以降の沿革

旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領は中之条代官所が管轄。●は村内に寺社領が、○は寺社除地[3]が存在。(89村)

知行村数村名
幕府領旗本領3村上氷鉋村、○今井村、○塩崎村
藩領信濃松代藩80村○上五明村、○上平村、○新山村、○山田村、○力石村、須坂村、○若宮村、○網掛村、○羽尾村、○向八幡村、○御幣川村、○会村、○原村、○小松原村、○二ツ柳村[4]、○丹波島村、小網新田村、○大豆島村、○牧島村、○杵淵村、○真島村、小森村、○横田村、○藤牧村、○広田村、○布施村[5]、○下氷鉋村、○田ノ口村、○牛島村、○山平林村、○氷熊村、○竹房村、○高野村、○吉原村、大原村、○日名村、本鹿谷村[6]、外鹿谷村[6]、下市場村、○牧野島村、吐唄村、○和田村、四ツ屋村、○川合村、川合新田村、○山布施村、○有旅村、灰原村、小田原村、南牧村、●○桑原村、●石川村、●綱島村、●○小島田村、●中牧村、●○西寺尾村、●○東福寺村、○赤田村、●牧田中村、○稲荷山村、●○大塚村、○安庭村、●○三水村、○布施高田村、○中沢村、○志川村、○村山村、松岡新田村、青池村、今泉村、中山新田村、●○八幡村、●○大岡村[7]、小聖新田[8]、軽井沢村、境新田村、大田原村、○青木島村、布施五明村、○郡村
信濃上田藩2村○岡田村、戸部村
幕府領・藩領幕府領・上田藩1村○今里村
旗本領・上田藩1村中氷鉋村
その他大英寺領1村大池新田[9]


慶応4年2月17日1868年3月10日) - 幕府領が名古屋藩の管轄となる。

明治2年

2月30日1869年4月11日) - 幕府領が伊那県の管轄となる。

このころ旗本領が伊那県の管轄となる。


明治3年9月17日1870年10月11日) - 伊那県の管轄区域が中野県の管轄となる。

明治4年

6月22日1871年8月8日) - 中野県が改称して長野県となる。

7月14日(1871年8月29日) - 廃藩置県により藩領が松代県上田県の管轄となる。

11月20日(1871年12月31日) - 第1次府県統合により全域が長野県の管轄となる。


明治初年 - 山田村が改称して上山田村となる。

明治5年(1872年)(86村)

志川村・郡村・八幡領[10]・大池新田が八幡村に合併。

今泉村が三水村に、中山新田村が有旅村にそれぞれ合併。

大岡村が分割され、宮平村[11]・根越村[12]・和平村[13]・川口村となる。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE