普通科_(陸上自衛隊)
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
陸上自衛隊 > 職種 (陸上自衛隊) > 普通科 (陸上自衛隊)普通科大隊旗、主に対戦車隊に対して授与されており、編制上2佐を長としているので、隊旗は2本線の普通科部隊旗が授与される普通科中隊旗(甲)で編制上3佐を長とする部隊、普通科連隊の隷下中隊や師団等直轄の普通科職種中隊等はこの旗が授与される

陸上自衛隊における普通科(ふつうか、: Infantry)は、職種の一つで、軍隊に於ける歩兵科相当の呼称である。職種標識の色は

師団等あるいは諸職種連合部隊(戦闘団等)の基幹部隊となり、各種戦術行動において主として近接戦闘により、敵を撃破または捕捉し、あるいは必要な地域を占領確保するのが使命である。89式5.56mm小銃06式小銃てき弾ミニミ軽機関銃など小火器による直接照準火力、L16 81mm 迫撃砲120mm迫撃砲 RTなど迫撃砲による間接照準火力、中距離多目的誘導弾01式軽対戦車誘導弾など対戦車兵器による対装甲火力、そして普通科隊員による近接戦闘能力を備えている。各種車両または徒歩で行動し、いわゆる機械化歩兵部隊、あるいはヘリボーン部隊等として行動することもある。陸上自衛隊の中では最も基本となる職種であり、人員も多い。


目次

1 中期防衛力整備計画に伴う改編予定

2 編制

2.1 普通科連隊

2.2 普通科連隊(軽)

2.3 普通科大隊

2.4 旅団対戦車中隊・対舟艇対戦車隊


3 部隊一覧

3.1 機械化連隊(装甲車装備連隊)

3.2 自動車化連隊(高機動車主体、一部96式装輪装甲車装備)

3.3 自動車化連隊(高機動車主体、一部軽装甲機動車装備)

3.4 自動車化連隊(高機動車装備連隊)

3.5 対戦車中隊・対舟艇対戦車隊


4 関連項目

5 脚注

6 外部リンク


中期防衛力整備計画に伴う改編予定

現在各方面隊に置かれている師団及び旅団の普通科連隊に関しては、中期防衛力整備計画により一部の師団・旅団が機動師団・旅団編成への改編に伴い、各普通科連隊においては普通科中隊対戦車小隊を廃止し連隊長直轄部隊として本部管理中隊隷下に対戦車小隊を編成する予定が組まれている[1][2]他に、旅団編成においても本部管理中隊隷下に対戦車小隊が編成される予定が組まれている。また、普通科連隊隷下に対戦車中隊編成を最後まで編成していた第8師団についても、2018年3月をもって、対戦車中隊を廃止予定。

また、旅団においては特科部隊の整理縮小に伴い火力の減少を考慮し、機動運用が容易な重迫撃砲を重点的に整備する観点から重迫撃砲中隊を再編する予定も同時に組み込まれている[3]
編制

普通科部隊の編制部隊単位定員部隊長普通科中隊重迫撃砲
部隊対戦車
部隊
中隊数中隊長
連隊甲編制(通常)1佐(二)4個3佐
[4]中隊編制中隊編制
(機甲型)6個なし
乙編制(通常)4個
(政経中枢型)5個
連隊(軽)650名1佐(三)3個小隊編制
大隊380名2佐1尉[5]なし

普通科連隊普通科連隊の標準的な編制図小銃小隊の標準的な編制図

普通科連隊は、師団における最大規模の普通科部隊であり、通常、もっとも標準的な戦術単位として運用される。指揮官たる連隊長には、1等陸佐(二)が補せられる。第20普通科連隊

師団タイプの普通科連隊を構成する部隊は下記のとおりである。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE