普通科_(陸上自衛隊)
[Wikipedia|▼Menu]
陸上自衛隊 > 職種 (陸上自衛隊) > 普通科 (陸上自衛隊)普通科大隊旗、主に対戦車隊に対して授与されており、編制上2佐を長としているので、隊旗は2本線の普通科部隊旗が授与される普通科中隊旗(甲)で編制上3佐を長とする部隊、普通科連隊の隷下中隊や師団等直轄の普通科職種中隊等はこの旗が授与される

陸上自衛隊における普通科(ふつうか、: Infantry)は、職種の一つで、軍隊に於ける歩兵科相当の呼称である。職種標識の色は

師団等あるいは諸職種連合部隊(戦闘団等)の基幹部隊となり、各種戦術行動において主として近接戦闘により、敵を撃破または捕捉し、あるいは必要な地域を占領確保するのが使命である。89式5.56mm小銃06式小銃てき弾ミニミ軽機関銃など小火器による直接照準火力、L16 81mm 迫撃砲120mm迫撃砲 RTなど迫撃砲による間接照準火力、中距離多目的誘導弾01式軽対戦車誘導弾など対戦車兵器による対装甲火力、そして普通科隊員による近接戦闘能力を備えている。各種車両または徒歩で行動し、いわゆる機械化歩兵部隊、あるいはヘリボーン部隊等として行動することもある。陸上自衛隊の中では最も基本となる職種であり、人員も多い。


目次

1 中期防衛力整備計画に伴う改編予定

2 編制

2.1 普通科連隊

2.2 普通科連隊(軽)

2.3 普通科大隊

2.4 旅団対戦車中隊・対舟艇対戦車隊


3 部隊一覧

3.1 機械化連隊(装甲車装備連隊)

3.2 自動車化連隊(高機動車主体、一部96式装輪装甲車装備)

3.3 自動車化連隊(高機動車主体、一部軽装甲機動車装備)

3.4 即応機動連隊

3.5 水陸機動連隊

3.6 対戦車中隊・対舟艇対戦車隊


4 関連項目

5 脚注

6 外部リンク


中期防衛力整備計画に伴う改編予定

現在各方面隊に置かれている師団及び旅団の普通科連隊に関しては、中期防衛力整備計画により一部の師団・旅団が機動師団・旅団編成への改編に伴い、各普通科連隊においては普通科中隊対戦車小隊を廃止し連隊長直轄部隊として本部管理中隊隷下に対戦車小隊を編成する予定が組まれている[1][2]

また、旅団においては特科部隊の整理縮小に伴い火力の減少を考慮し、機動運用が容易な重迫撃砲を重点的に整備する観点から重迫撃砲中隊を再編する予定も同時に組み込まれている[3]
編制

普通科部隊の編制部隊単位定員部隊長普通科中隊重迫撃砲
部隊対戦車
部隊
中隊数中隊長
連隊甲編制(通常)1佐(二)4個3佐
[4]中隊編制中隊編制
(機甲型)6個なし
乙編制(通常)4個
(政経中枢型)5個
連隊(軽)650名1佐(三)3個小隊編制
大隊380名2佐1尉[5]なし

普通科連隊普通科連隊の標準的な編制図小銃小隊の標準的な編制図

普通科連隊は、師団における最大規模の普通科部隊であり、通常、もっとも標準的な戦術単位として運用される。指揮官たる連隊長には、1等陸佐(二)が補せられる。第20普通科連隊

師団タイプの普通科連隊を構成する部隊は下記のとおりである。 なお、師団隷下の普通科連隊はその編制上、対応可能な能力に応じて「甲」と「乙」に分割される。甲編制には、4個普通科中隊・重迫中隊・対戦車中隊を基幹とするものと、6個普通科中隊[6]と重迫中隊を基幹とするものがあり、前者は現在存在せず、後者は第7師団隷下の普通科連隊がこれにあたる。乙編制は対戦車中隊を省くもので、上記部隊をのぞくすべての普通科連隊が該当する。なお、政経中枢型師団の隷下部隊はいずれも5個普通科中隊基幹となっている。1995年時点の乙編制第32普通科連隊の場合、各中隊の定数は、本部管理中隊が212名、普通科中隊が195名、重迫撃砲中隊が143名であった[7]。方面混成団隷下の普通科連隊においても重迫中隊を隷下に編制する部隊はこちらに該当する。

かつて高機動車が配備される以前までは本部管理中隊に輸送小隊が編成され、隷下の普通科中隊小銃小隊の輸送を担当していたが、普通科中隊に高機動車が導入され車両化されると廃止され要員は連隊隷下の各中隊や師団輸送隊等へ異動となっている。輸送小隊には主に73式小型トラック8両(連隊長・幕僚等輸送用)と73式大型トラック10両程度が配備され、野営や演習等ではそれぞれ小銃小隊等に配備され、輸送業務を担当していた。
本部管理中隊


本部班

情報小隊

施設作業小隊

通信小隊

衛生小隊(一部小規模部隊では駐屯地業務隊衛生科との業務を兼務している場合がある)

補給小隊(編成する場合は連隊本部第4科の要員所属先として編成される[8]

普通科中隊(4-6個)
総合近代化(機甲型)師団は6個中隊で隷下に対戦車小隊は保有せず[9]、政経中枢型師団は5個中隊、その他の師団は4個中隊を基幹とする。

本部班

小銃小隊(3-4個)

迫撃砲小隊(L16 81mm 迫撃砲を装備)

対戦車小隊(87式対戦車誘導弾を装備、一部には79式対舟艇対戦車誘導弾を装備している部隊も存在。但し中距離多目的誘導弾の導入により近年中に連隊本部管理中隊隷下へ統合整理縮小される予定。

普通科中隊(コア化中隊、基本的に4中隊が該当)


本部班

小銃小隊(基本的には1個)

区隊(1-4個で教育専門、小隊に相当)

対戦車小(分)隊(必要に応じて編成)

迫撃砲小隊(必要に応じて編成)

重迫撃砲中隊
普通科連隊に対して間接照準による直掩火力を提供する。第1師団では政経中枢師団への改編に伴い平成13年度末に一度廃止されたが、平成22年度末に再編成された。

本部班

重迫撃砲小隊(4個; 120mm迫撃砲 RTを装備)

前進観測班(FO)

対戦車中隊
79式対舟艇対戦車誘導弾・中距離多目的誘導弾を装備し、連隊に対して対戦車火力を提供する。第2師団では師団直轄の対舟艇対戦車中隊を編成するため、平成22年度末で隷下普通科連隊の対戦車中隊を廃止した。第10師団隷下の普通科連隊でも平成25年度末で廃止されている。第8師団隷下の普通科連隊のみに残っていたが、これも2018年3月に廃止されている。

本部班

対戦車小隊(4個)

教育隊
詳細は「教育隊」を参照
普通科連隊(軽)第15普通科連隊西部方面普通科連隊

普通科連隊(軽)は、旅団方面混成団[10]における最大規模の普通科部隊であり、通常、もっとも標準的な戦術単位として運用される。平成8?12年度中期防で発動された旅団化改編において新設された新しい部隊編制であり、連隊長としては1等陸佐(三)が補せられるが、戦闘序列上は、師団隷下の普通科連隊と同列に置かれている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE