普天間基地
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、普天間飛行場について説明しています。基地移転問題については「普天間基地移設問題」をご覧ください。

普天間飛行場


IATA: なし - ICAO: ROTM
概要
国・地域 日本
所在地沖縄本島
種類軍用
運営者アメリカ海兵隊
開設1945年
所在部隊第1海兵航空団
標高75 m (246 ft)
座標北緯26度16分27.39秒 東経127度45分23.38秒 / 北緯26.2742750度 東経127.7564944度 / 26.2742750; 127.7564944座標: 北緯26度16分27.39秒 東経127度45分23.38秒 / 北緯26.2742750度 東経127.7564944度 / 26.2742750; 127.7564944
公式サイト ⇒普天間基地
地図
ROTM沖縄本島の地図を表示ROTM日本の地図を表示飛行場位置図(日本)
滑走路

方向 長さ (m) 表面
06/24 2,740 アスファルト/コンクリート

出典: 公式サイト[1]、日本航空路誌(AIS Japan)[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、: Marine Corps Air Station Futenma)は、日本沖縄県宜野湾市にある在日米軍海兵隊軍用飛行場。通称は普天間基地[3](ふてんまきち、MCAS FUTENMA)。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。
目次

1 地理

2 施設概要

3 所属部隊

4 歴史

4.1 飛行場建設以前

4.2 飛行場建設以降の経緯

4.3 接受国建設工事

4.4 その他

4.5 過去の飛来機(固定翼機)

4.6 主要な事故等

4.6.1 墜落事故

4.6.2 燃料漏れ


4.7 周辺対策

4.7.1 障害防止工事

4.7.2 住宅防音工事

4.7.3 民生安定施設の助成

4.7.4 特定防衛施設周辺整備調整交付金

4.7.5 沖縄懇談会事業


4.8 民間機の発着

4.9 イベント


5 航空管制

6 航空保安無線施設

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク

地理 普天間飛行場

宜野湾市は沖縄本島中部、那覇市の北約10kmにある。普天間は宜野湾市の地名から命名。普天間飛行場(FAC6051)は宜野湾市大山二丁目に所在しており、その面積は約4.8km2である(宜野湾市野嵩・新城上原中原・赤道・大山真志喜・字宜野湾・大謝名にまたがる)。これは宜野湾市の面積(19.5km2)の約25%にあたる。普天間飛行場を見渡せる場所として、佐喜眞美術館嘉数高台公園などがある。宜野湾市は過去に発行した広報資料にて那覇都市圏を構成する沖縄県の中でもっとも人口が過密な地帯の一部であり、普天間飛行場、キャンプ・フォスター(FAC6044、面積:160ha)、陸軍貯油施設(FAC6076、面積2ha)を除くと使用可能な市域の面積が1294haとなり、1995年の時点で人口密度(約6252人/km2)になると説明している[4]。これは、横田飛行場周辺自治体の人口密度に概ね相当する。

基地の周りに住宅地が密集している状況にあり、朝日新聞社発行の『知恵蔵』では「世界一危険な基地」とされているが[3]、これについては二つの側面がある。ひとつは、普天間基地の周辺は沖縄戦での激戦地区で、戦後は、日米両軍の不発弾の埋もれた危険地域であり、米軍により不発弾処理がなされたあと、民間人の収容所として確保された点(もともとの住民が戻ってきただけという話もある[5])、もうひとつは、基地建設後、本土復帰以降に顕著となった日本政府の思いやり予算に則した基地行政などにより、周辺住民が基地に依存した地域社会を形成し現在のような住宅密集地域となったという点である。ただし、那覇市のベッドタウンとして発展しており、那覇へ近い南西側の海浜地区の発展が著しく、普天間基地は市の発展に地勢的に蓋をしているという意見もある。
施設概要

本飛行場は航空基地として総合的に整備されており、滑走路のほか、駐留各航空部隊が円滑に任務遂行できるための諸施設として、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所消防署、PX(売店)、クラブバー、診療所などが存在する。
所属部隊 普天間飛行場(左下)と飛行場北側の市街地の航空写真(1977年)。国土交通省国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

第1海兵航空団司令部飛行隊(UC-35Dサイテーションを配備)

第36海兵航空群

第36海兵航空群司令部

第36海兵航空群司令部飛行隊(UC-12Fを配備)

第262海兵中型ティルトローター飛行隊(VMM-262)"Flying Tigers"(MV-22Bを配備)

第265海兵中型ティルトローター飛行隊(VMM-265)"Dragons"(MV-22Bを配備)

第36海兵航空兵站中隊

海兵重ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州ミラマーの第16海兵航空群からの分遣隊)(CH-53Eを配備)

海兵軽/攻撃ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州キャンプ・ペンドルトン(英語版)の第39海兵航空群からの分遣隊)(AH-1WUH-1N を配備)


第18海兵航空管制群

第18海兵戦術指揮中隊

第4海兵航空管制中隊

第2海兵航空支援中隊


第17海兵航空団支援群

第172海兵航空団支援中隊


その他

なお、KC-130J等を配備する第152海兵給油輸送飛行隊(VMGR-152)"Sumos" は2014年7月15日付を以って山口県岩国基地へ異動した。


歴史 普天間飛行場(右上)と飛行場南西側の市街地の航空写真(1977年)。国土交通省国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
飛行場建設以前

第二次世界大戦中にアメリカ軍によって飛行場が建設される前のこの地域にはいくつかの泉が存在し、それらを水源に畑作が営まれる丘陵地であった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE