時間_(単位)
[Wikipedia|▼Menu]

じ時
Heure
Hour

時計
記号h
種類SI併用単位
時間
SI3600 s
定義60
由来1の24分の1
テンプレートを表示

時間(じかん)又は時(じ、記号:h)は、時間単位の一つである。「国際単位系(SI)と併用されるがSIに属さない単位」(SI併用単位)である[1]。なお、SIや日本の計量法では、単位の名称は「時」のみである[2]

日本語では、時刻については時(じ)の呼称が用いられ、時間間隔を言うときは通常「時間」の呼称を用いる。また同じ漢字で時(とき)と読む言葉は、昔の日本の時法における単位である。以下の不定時法の節を参照されたい。

1時間は、歴史的には地球における1(より正確には1平均太陽日)の24分の1の時間間隔として定義されてきた。現在は、秒が時間の基本単位であるので、1時間は「秒の3600倍」と定義される。1時間は60である。

単位記号の h は、1948年の第9回国際度量衡総会(CGPM)の決議7によって定められたものである。他に hr などが用いられることがあるが、国際単位系(SI)及び日本の計量法体系では、記号「h」のみが認められており、それ以外の記号は用いてはならない[3]


目次

1 歴史

1.1 不定時法

1.2 定時法


2 出典

3 関連項目


歴史

各地の古代文明(エジプト、メソポタミア、インダス、黄河)で使われ出した時間の分割は、日の出と日の入(あるいは夜明けと日暮れ)の間を12分割、もしくは1日を24分割したものであった。いずれにしても分割は十二進記数法によるものであり、これは方角などにも用いられてきた。

現在の時間の定義が定まるまで、以下のように定義は変遷した。
不定時法

当初は、日の出から日の入まで(あるいは夜明けから日暮れまで)の12分の1が1時間(日本では、6分の1が1時(とき))とされた。よって、季節によってその長さが大きく変わり、昼の1時間(1とき)は夏は長く冬は短くなる。また、緯度によっても変わることになるが、人の行動範囲が狭い間はこれについては問題にならなかった。この時法を不定時法という。東アジアでは、近世まで不定時法が用いられていた。
定時法

後に、視太陽日(正午から次の正午までの間、または日暮れから次の日暮れまでの間)の24分の1が1時間とされた。これにより、季節による1時間の長さの変動は小さくなったが、それでも視太陽日の長さは季節によりわずかに異なるので、月に数度、時計を調整する必要があった。

その後、平均太陽日の24分の1を1時間とするようになった。これで、1時間の長さは常に一定になったと思われたが、地球の自転は一定ではなく、10-8オーダーの変動(1日=86 400秒につき1?2ミリ秒程度)があることがわかり、この定義も使用されなくなった。以降の定義の変遷及び「1日の長さ」については、閏秒地球の自転を参照のこと。



出典^ 訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター 『国際文書第 8 版 (2006) 国際単位系(SI)日本語版』(PDF)、36頁。ISBN 92-822-2213-6 (原書)。2016年4月12日閲覧。「表 6 SI 単位と併用される非 SI 単位」
^ “ ⇒計量法”. 2016年4月12日閲覧。別表第一 物象の状態の量の「時間」の欄
^ 計量単位規則(平成四年十一月三十日通商産業省令第八十号) 別表第二(第2条関係)「時間」の欄 ウィキソースには、計量単位規則#別表の原文があります。

関連項目

太陽時

時刻

時間の比較

1 E3 s - 約1時間のリスト

1時間競走










時間
主要概念

過去

現在

未来

未来学

遠未来の年表

永遠

単位と規格

クロノメトリー(英語版)

UTC

UT

TAI

時間の単位















十年紀

世紀

ミレニアム

太陽年

恒星年

単位系

標準時

午前と午後

24時制

夏時間

太陽時

恒星時

メートル時間

十進化時間

16進時間(英語版)



グレゴリオ暦

ユリウス暦

ユダヤ暦

ヒジュラ暦

太陰暦

太陰太陽暦

ヒジュラ太陽暦

マヤ暦



閏秒

閏年


時計

時計学

時計の歴史

分類

原子時計

クロノメーター

日時計

天文時計

腕時計

水時計




編年

歴史


天文年代学(英語版)

ビッグヒストリー

紀年法

年代記

地質学的時間(英語版)

時代区分

元号

統治年(英語版)

年表



宗教

神話


ドリームタイム(英語版)

カーラ(英語版)

カーラチャクラ

預言

時と運命の神(英語版)

時の車輪(英語版)

不老不死

哲学

A系列とB系列(英語版)

時間のB理論(英語版)

因果性

持続

全体主義(英語版)

永劫回帰

永遠主義(英語版)

事象(英語版)

部分主義(英語版)

現在主義(英語版)

時間的有限論(英語版)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE