時間
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「時間」のその他の用法については「時間 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
人類にとって、もともとは太陽の動きが時間そのものであった。アイ・ハヌム(紀元前4世紀?紀元前1世紀の古代都市)で使われていた日時計。人々は日時計の時間で生きていた。砂時計で砂の流れを利用して時間を計ることも行われるようになった。また砂時計は、現在というものが未来と過去の間にあることを象徴している。くびれた部分(現在)を見つめる。すると時間というのは上(未来)から流れてきて下(過去)へと流れてゆく流れ、と感じられることになる。スイスベルンツィットグロッゲ。ツィットグロッゲには15世紀に天文時計が設置された。

時間(じかん)は、出来事変化認識するための基礎的な概念である。芸術哲学自然科学心理学などの重要なテーマとなっている。それぞれの分野で異なった定義がなされる。


目次

1 今日の日常的な意味での時間

2 長さとしての時

2.1 現代の《時の長さ》の単位

2.2 《時の長さ》を表すもの


3 時刻

4 古代宗教における時間

5 仏教

6 ギリシャ神話

7 古代ギリシア

8 古代ローマ

9 ユダヤ教・キリスト教

10 アウグスティヌス

11 古ゲルマン

12 11世紀以降のゲルマン世界

13 自然哲学および自然科学での時間

13.1 ニュートン力学での時間

13.2 相対性理論での時間

13.3 相対性理論後

13.4 量子力学での時間


14 ニュートン以降の哲学における時間

14.1 カント

14.2 ベルクソンの説明

14.3 バシュラールの説明

14.4 大森荘蔵の説明


15 時間の向き

15.1 自然科学における「時間の矢」


16 時間の速さ

17 時間の有限・無限

17.1 時間の長さ

17.2 始まり


18 時間の構造

18.1 直線的な時間

18.2 線分的な時間

18.3 虚数時間

18.4 時間の最小単位

18.5 分岐時間


19 物語・SFなどでの時間

19.1 時間進行の操作

19.2 時間進行の逆転

19.3 タイムトラベル

19.4 未来の予知

19.5 ループ

19.6 バラバラな時間


20 脚注・出典

21 関連文献

22 関連項目

23 外部リンク


今日の日常的な意味での時間「時間 (単位)」および「時間 (クルアーン)」も参照

「時間」という言葉は、以下のような意味で使われている。
時刻。つまり、時の流れの中の一点のこと。

ある時刻と別のある時刻の間(時 - 間)。およびその長さ

空間と共に、認識のまたは物体界の成立のための最も基本的で基礎的な形式をなすものであり[1][2][3]、いっさいの出来事がそこで生起する枠のように考えられているもの[4]

時刻という意味で時間という言葉を用いるのは、日常語[3]、ないし俗語[2][5]とする辞書もある。

1. の意味の時間すなわち時刻は、ある特定の一瞬のことである。別の言い方をするなら、時の流れの中の一点(時点)である。これを数的に表す表現には例えば「5時 (five o'clock)」「2日 (the second day)」「4月 (April)」などがある。

2. の意味の時間、すなわち時刻の間およびその長さというのは「この仕事は時間がかかる[6]」とか「待ち合わせ時刻まで喫茶店で時間をつぶす[6]」などのように用いられている概念である。長さの意味での時間を数で示す表現を日本語および英語で挙げてみると例えば「5時間 (five hours)」「2日(2日間、two days)」「4ヶ月 (four months)」などがある。

3. の意味の時間、すなわち哲学的概念としての時間は、まず第一に人間の認識の成立のための最も基本的で基礎的な形式という位置づけである。カントなどの指摘に基き現在まで用いられ日々用いられるようになっている意味である。一般に人は日常的にこの意味での時間を“流れ”としてとらえていることが多い。例えば時間は、「過去から未来に絶えず移り流れる[3]」とか「過去・現在・未来と連続して流れ移ってゆく」[1]「過去・現在・未来と連続して永久に流れてゆくもの」[5]、「過去から未来へと限りなく流れすぎて」[4]などと表現されるのである。なお、時間の流れに関しては、過去から未来へと流れているとする時間観と、未来から過去へ流れているとする時間観がある(#時間の向きを参照)。
長さとしての時
現代の《時の長さ》の単位

《時の長さ》を表すのに用いられていること(ものさし、単位)としては、多くの国や地域において日常的には、 (year)、 (month)、 (day)、そして (hour)、 (minute)、 (second) が用いられており、しばしば (week) も用いられる。また、十年紀 (decade)、世紀 (century)、千年紀 (millennium) なども使われる場合がある。
《時の長さ》を表すもの

この節には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年9月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年9月)


人はもともと何かの変化を《時そのもの》として感じていた、何かの変化と時をはっきりと区別していなかった、ということは学者によって指摘されることがある(下の「古ゲルマン」などでも述べる。人々は数学的な意識では生きていなかったのであり、“単位”という概念も意識していなかったということである)。

《時の長さ》そのものと感じられていたことの中では、《》はきわめて一般的であり広くどの文化でも見られると言われている。

》というのは、もともと夜に照明を用いずに生きていた人類にとっては強く意識されていた時間の長さである。

》は神話的・宗教的概念とも深く結び付いていることが指摘されるが(後述)、一方で人類の農耕活動の定着や知的活動の高まりと関連付けられて説明されることのあるものであり、古今東西の文明で広く用いられている。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:118 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE