昭和28年西日本水害
[Wikipedia|▼Menu]

昭和28年西日本水害村落へ押し寄せる流木(福岡県朝倉郡大福村)
発災日時1953年6月25 - 29日

被災地域 福岡県・佐賀県熊本県
大分県など九州北部地域
災害の気象要因梅雨前線による集中豪雨
気象記録
最多雨量熊本県鹿本郡山鹿町で1,455.3注1ミリ
最多時間雨量福岡県小倉市で101.0ミリ
人的被害
死者759
行方不明者242
負傷者2,775
建物等被害
全壊3,441棟
半壊29,588棟
床上浸水200,298棟
床下浸水252,895棟
被害総額2217億円
1953年時価)
出典:

[1]

注1:1953年6月25 - 29日の期間中総雨量。

テンプレートを表示

昭和28年西日本水害(しょうわ28ねんにしにほんすいがい)は、1953年(昭和28年)6月25日から6月29日にかけて九州地方北部(福岡県佐賀県熊本県大分県)を中心に発生した、梅雨前線を原因とする集中豪雨による水害である。

阿蘇山英彦山を中心に総降水量が1,000mmを超える記録的な豪雨により、九州最大の河川である筑後川を始め白川など、九州北部を流れる河川がほぼ全て氾濫、流域に戦後最悪となる水害をひき起こし死者・行方不明者1,001名、浸水家屋45万棟、被災者数約100万人という大災害となった。

この水害により、筑後川など九州北部の河川における治水対策が根本から改められることになり、現在においても基本高水流量の基準となっている。

この九州北部を襲った水害には、気象庁による明確な災害名が付けられておらず、熊本県では「白川大水害」または「6.26水害」、北九州市では「北九州大水害」など、地域によって様々な呼称が用いられているほか、諸文献によっても災害名称が異なっているが、本記事名は土木学会西部支部の調査報告書に準拠し、「昭和28年西日本水害」と呼称する。なお、本文中の自治体名は、1953年当時の自治体名(括弧内は現在の自治体名)を用いる。
目次

1 原因

1.1 気象要因

1.1.1 降水量


1.2 地質・地形要因


2 被害状況

2.1 総計

2.2 熊本県

2.2.1 白川大水害

2.2.2 菊池・小国


2.3 福岡県

2.3.1 筑後川流域

2.3.2 矢部川流域

2.3.3 北九州・筑豊

2.3.4 福岡市


2.4 佐賀県

2.5 大分県

2.6 インフラ被害

2.6.1 鉄道

2.6.2 港湾

2.6.3 水力発電所



3 被災者の実態

4 対策

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

原因

昭和28年西日本水害が九州北部地域に甚大な被害をもたらした原因として、集中豪雨が発生し易い梅雨末期の気象要因、阿蘇山の噴火活動による地質的な要因、および九州北部を流れる河川流域の地形的な要因などがあり、それらが複合して被害を大きくしている。
気象要因福岡市北九州市▽久留米市佐賀市△長崎市▽大分市△熊本市延岡市山鹿:総雨量1,455.3mm、528.0mm/日上野田:総雨量1,148.5mm宮原:総雨量1,002.6mm小倉:101mm/時間小倉門司八幡:北九州大水害飯塚田川遠賀郡:遠賀川水系氾濫京都郡:祓川今川氾濫築上郡:山国川氾濫福岡周辺:那珂川御笠川等氾濫玉名菊池:菊池川水系氾濫熊本阿蘇:白川大水害筑紫平野広域:筑後川嘉瀬川矢部川水系氾濫日田周辺:玖珠川氾濫大分:大分川氾濫 主な被害地域と降水量の記録地点 九州北部で最多雨量記録となる雨が降った頃、6月26日9:00の地上実況天気図対馬付近に低気圧があり、そこから上海の南を経て華中の低気圧へと梅雨前線が延びる。また、九州南岸から本州南岸を通って福島沖へも梅雨前線が延びており、この付近は太平洋高気圧と低気圧に挟まれて等圧線の間隔が狭くなっている。一方、北京付近には高気圧が張り出している。

1953年6月当時の九州地方の気象概況は、梅雨前線が一旦九州北中部に停滞し、上旬には福岡市長崎県で、中旬には熊本県で大雨を降らせたが[1]、その後奄美大島付近まで一旦南下し、奄美大島と屋久島の間を上下するという状態であった。一方フィリピンルソン島付近にあった太平洋高気圧が次第に勢力を強くして梅雨前線を押し上げ、6月21日には対馬海峡付近に達した。ところが今度は、中国大陸より移動性高気圧が九州方面へと張り出し、再度梅雨前線は南下して屋久島まで戻ったものの、再度太平洋高気圧に押されて北上した。こうして南北から高気圧によって押された梅雨前線は、阿蘇山付近に6月23日頃より停滞、そこに高気圧から吹く湿った暖かい空気が梅雨前線に流れ込むことによって前線が刺激され、さらに例年屋久島付近を通過するはずの低気圧が、この時は朝鮮半島・対馬海峡付近を次々通過。こうした気象条件が重なり、九州北部地域に未曾有の大雨をもたらした[2]

この梅雨前線は、6月から7月に掛けて、九州地方北部のほか、東は静岡県静岡市から紀伊半島中国地方四国地方など広範囲にわたって大雨を降らせており[3]、特に紀伊半島では和歌山県西牟婁郡串本町(現在の串本町は東牟婁郡所属)の潮岬で338.7mmを記録[注 1] する豪雨となったが、この後7月17日 - 18日に掛けて再度集中豪雨が発生。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:146 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE