昭和28年西日本水害
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

昭和28年西日本水害村落へ押し寄せる流木(福岡県朝倉郡大福村)
発災日時1953年6月25 - 29日

被災地域 福岡県・佐賀県熊本県
大分県など九州北部地域
災害の気象要因梅雨前線による集中豪雨
気象記録
最多雨量熊本県鹿本郡山鹿町で1,455.3注1ミリ
最多時間雨量福岡県小倉市で101.0ミリ
人的被害
死者759人
行方不明者242人
負傷者2,775人
建物等被害
全壊3,441棟
半壊29,588棟
床上浸水200,298棟
床下浸水252,895棟
被害総額2217億円
1953年時価)
出典

[1]

注1:1953年6月25 - 29日の期間中総雨量。

テンプレートを表示

昭和28年西日本水害(しょうわ28ねんにしにほんすいがい)は、1953年(昭和28年)6月25日から6月29日にかけて九州地方北部(福岡県佐賀県熊本県大分県)を中心に発生した、梅雨前線を原因とする集中豪雨による水害である。

阿蘇山英彦山を中心に総降水量が1,000mmを超える記録的な豪雨により、九州最大の河川である筑後川を始め白川など九州北部を流れる河川がほぼ全て氾濫、流域に戦後最悪となる水害をひき起こし死者・行方不明者1,001名、浸水家屋45万棟、被災者数約100万人という大災害となった。この水害により筑後川など九州北部の河川における治水対策が根本から改められることになり、現在においても基本高水流量の基準となっている。

この九州北部を襲った水害は気象庁による明確な災害名が付けられておらず、熊本県では「白川大水害」または「6.26水害」、北九州市では「北九州大水害」など、地域によって様々な呼称が用いられているほか、諸文献によっても災害名称が異なっている。本記事名は土木学会西部支部の調査報告書に準拠し、「昭和28年西日本水害」と呼称する。なお本文中の自治体名は1953年当時の自治体名(括弧内は現在の自治体名)を用いる。


目次

1 原因

1.1 気象要因

1.1.1 降水量


1.2 地質・地形要因


2 被害状況

2.1 総計

2.2 熊本県

2.2.1 白川大水害

2.2.2 菊池・小国


2.3 福岡県

2.3.1 筑後川流域

2.3.2 矢部川流域

2.3.3 北九州・筑豊

2.3.4 福岡市


2.4 佐賀県

2.5 大分県

2.6 インフラ被害

2.6.1 鉄道

2.6.2 港湾

2.6.3 水力発電所



3 被災者の実態

4 対策

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目


原因

昭和28年西日本水害が九州北部地域に甚大な被害をもたらした原因として、集中豪雨が発生し易い梅雨末期の気象要因と阿蘇山の噴火活動による地質的な要因、および九州北部を流れる河川流域の地形的な要因などがあり、それらが複合して被害を大きくしている。
気象要因福岡市北九州市▽久留米市佐賀市△長崎市▽大分市△熊本市延岡市山鹿:総雨量1,455.3mm、528.0mm/日上野田:総雨量1,148.5mm宮原:総雨量1,002.6mm小倉:101mm/時間小倉門司八幡:北九州大水害飯塚田川遠賀郡:遠賀川水系氾濫京都郡:祓川今川氾濫築上郡:山国川氾濫福岡周辺:那珂川御笠川等氾濫玉名菊池:菊池川水系氾濫熊本阿蘇:白川大水害筑紫平野広域:筑後川嘉瀬川矢部川水系氾濫日田周辺:玖珠川氾濫大分:大分川氾濫主な被害地域と降水量の記録地点九州北部で最多雨量記録となる雨が降った頃、6月26日9:00の地上実況天気図


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:143 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE