昭和
[Wikipedia|▼Menu]

「昭和」のその他の用法については「昭和 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

日本の歴史
昭和天皇

旧石器時代 – 紀元前14000年頃
縄文時代前14000年頃 – 前4世紀
弥生時代前4世紀(前10世紀) – 後3世紀中頃
古墳時代3世紀中頃 – 7世紀頃
 大和時代前660年? – 710年
 飛鳥時代0592年 – 0710年
奈良時代0710年 – 0794年
平安時代0794年 – 1185年
鎌倉時代1185年 – 1333年
建武の新政1333年 – 1336年
室町時代1336年 – 1573年
 南北朝時代1336年 – 1392年
 戦国時代1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代1573年 – 1603年
江戸時代1603年 – 1868年
 幕末1853年 – 1868年
明治時代1868年 – 1912年
大正時代1912年 – 1926年
昭和時代1926年 – 1989年
 連合国軍占領下1945年 – 1952年
平成時代1989年 – 2019年(予定)

Category:日本のテーマ史










昭和(しょうわ)は日本元号の一つ。大正の後、平成の前。昭和天皇の在位期間[1]である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。20世紀の大半を占める。

昭和は、日本の歴代元号の中で最も長く続いた元号であり、元年と64年は使用期間が共に7日間であるため実際の時間としては62年と14日となる。なお、外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、康熙(61年)および乾隆(60年)しかない。

第二次世界大戦が終結した1945年(昭和20年)を境にして近代現代に区切ることがある。
目次

1 改元

1.1 開始

1.2 終了


2 第一次世界大戦後

3 金融恐慌

4 田中内閣と山東出兵

5 普通選挙

6 満州事変

7 日中戦争(支那事変)

8 第二次世界大戦

8.1 大東亜戦争(太平洋戦争)への前夜

8.2 大東亜戦争

8.3 原子爆弾の投下


9 戦後のGHQによる占領時代

9.1 概観

9.2 GHQによる占領

9.3 日本社会党政権による社会主義政策


10 講和後・高度経済成長期

10.1 戦後経済史の流れ

10.2 家電ブーム

10.3 昭和元禄文化

10.4 防衛問題

10.5 食糧問題

10.6 住宅問題

10.7 女性史

10.8 金の卵の時代

10.9 左翼運動

10.10 社会問題(公害・福祉・交通戦争)

10.11 本土復帰

10.12 エネルギー問題


11 安定成長期

11.1 公共事業によるケインズ政策の実施

11.2 派閥政治と保革の対立

11.3 芸能史

11.4 教育問題

11.5 新自由主義への移行とバブル時代


12 戦後体制

13 略年表

13.1 昭和初期から敗戦まで

13.2 昭和中期の年表

13.3 昭和後期の年表


14 西暦との対照表

15 現代における昭和

16 昭和を冠するもの

16.1 企業・団体

16.2 教育・学校

16.3 地名

16.4 交通

16.5 公園

16.6 曲


17 その他昭和に関する事柄

18 脚注

19 参考文献

20 関連項目

21 外部リンク

改元

昭和は、旧皇室典範登極令による制度での最後の元号であり、1979年(昭和54年)の元号法制定の際、同法附則第2項により、「本則第1項の規定に基づき定められたもの」とされた[2]

「昭和」の由来は、四書五経の一つ書経堯典の「百姓昭明、協和萬邦」(百姓(ひゃくせい)昭明にして、萬邦(ばんぽう)を協和す)による。漢学者・吉田増蔵の考案。なお、江戸時代に全く同一の出典で、明和の元号が制定されている(「百姓昭明、協和萬邦」)。国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う意味である。

当時枢密院議長だった倉富勇三郎の日記によれば、宮内省(現:宮内庁)作成の元号案として「神化」「元化」「昭和」「神和」「同和」「継明」「順明」「明保」「寛安」「元安」があったが、数回の勘申の結果、「昭和」を候補とし、「元化」「同和」を参考とする最終案が決定した。一方、内閣では「立成」「定業」「光文」「章明」「協中」を元号案の候補に挙げていた。
開始

ウィキソースに昭和ト改元の原文があります。

1926年(大正15年)12月25日、大正天皇崩御。同日、皇太子摂政宮)裕仁親王(昭和天皇)の践祚を受け直ちに改元の詔書を公布して昭和に即日改元し、1926年の最後の1週間だけが昭和元年となった。西暦1926年12月25日は、大正15年であり昭和元年でもある[3]。なおこの際、東京日日新聞が「新元号は光文」と誤報した(光文事件)。

昭和改元の詔書(1926年〔大正15年〕12月25日)朕皇祖皇宗ノ威靈ニョリ大統ヲ承ケ萬機ヲ總フ茲ニ定制ニ遵ヒ元號ヲ建テ大正十五年十二月二十五日以後ヲ改メテ昭和元年ト爲ス(以下略)
終了

ウィキソースに元号を改める政令の原文があります。

1989年(昭和64年)1月7日(午前6時33分)昭和天皇が崩御し、昭和64年は昭和元年と同様にわずか1週間で終了。そして、即日皇太子明仁親王が皇位を継承し、第125代天皇今上天皇)となった。そのため、元号法の規定に基き、元号を改める政令(1989年〔昭和64年〕1月7日政令第1号)を公布した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:293 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE