明道館
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、福井藩の藩校について説明しています。玄洋社附属の武道場については「自剛天真流」をご覧ください。

明道館(めいどうかん)は、江戸時代後期の安政2年(1855年)に福井藩主・松平春嶽が設立した藩校福井城三の丸の大谷半平(大館兵馬)の屋敷地を御用地として移転させた後に設けられた。半平は安政2年の正月、加藤郷八の屋敷を代替地として賜り移った。橋本左内が学監心得となった。明治2年に移転し明新館と改称。後の旧制福井中学校、現在の福井県立藤島高等学校へとつながる。

由利公正関義臣日下部太郎などを輩出した。理科を教えたウィリアム・グリフィス、熊本から請われた横井小楠なども居た。
外部リンク

「グリフィスの知人アルフレド・ルーシィ(Alfred Lucy)について書かれた資料はあるか。」 - レファレンス協同データベース

この項目は、日本の歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。


更新日時:2018年8月15日(水)02:44
取得日時:2018/08/20 14:41


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:2886 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE