早川紀代秀
[Wikipedia|▼Menu]

早川 紀代秀
誕生 (1949-07-14)
1949年7月14日
兵庫県川西市
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(68歳没)
日本福岡県福岡市早良区百道福岡拘置所
ホーリーネームティローパ
ステージ正悟師
教団での役職建設省大臣
入信1986年4月
関係した事件男性信者殺害事件
坂本堤弁護士一家殺害事件
判決死刑(執行済み)

早川 紀代秀(はやかわ きよひで、1949年7月14日[1] - 2018年7月6日)は、元オウム真理教幹部。元死刑囚。ホーリーネームはティローパ[2]。教団内でのステージは正悟師で[3]省庁制が採用された後は建設省大臣だった[4]
目次

1 来歴

1.1 学生時代

1.2 社会人時代

1.3 入信・出家

1.4 入信後


2 事件への関与

2.1 裁判

2.2 死刑確定後


3 人物

3.1 人物評

3.2 洗脳が解けた過程

3.3 オウムでの渡航歴


4 関連事件

5 著作

6 参考文献

7 脚注

来歴
学生時代

両親の疎開先の[5]兵庫県川辺郡東谷村(現:川西市)に生まれる。父親は国鉄職員[5]。2?3歳の時に大阪府堺市に転居[1]カトリック系幼稚園に入園し、賛美歌を歌ったり、劇で東方の三博士の一人を演じたりした[6]。祖父母の影響で小学生までは神仏を信じていた。小学校で蛇神は本当にいるといってバカにされたこともあったが、小学5年生の頃、理科に興味を持ち神仏からは離れ、その後フロイトマルクスに興味を持ちアンチ宗教となる[7]。勉強だけでなくスポーツもそこそこ得意だった[8]

大阪府立三国丘高等学校を経て神戸大学農学部園芸学科に進学[9]、航空部(グライダー部)に所属[10]。1年時は学園紛争により大学が閉鎖されていたため、アルバイト漬けの生活を送る[5]。この頃学生運動にも参加し公安にマークされていた[11]と言われているが、本人いわく事実ではないという[5]。しかし、後に麻原の公判に証人として出廷した際、心情的には学生運動に理解を示しており、「かと言われたら、左」、「自民党には投票しなかった」と述べている[12]。思想的にはベトナム戦争安保日本列島改造論ゴルフ場建設反対の立場だった[10]。3年次より造園学を専攻、緑地計画工学のゼミを受講し、卒業後は大阪府立大学大学院に進学した[5]。この頃は宗教は胡散臭いと感じていたが、スプーン曲げなどには興味があった[8][13]
社会人時代

1975年、鴻池組に入社。公園緑地設計、マンション開発の土木設計などを担当していた[5]。1979年11月結婚。1980年に鴻池組を退職し[14][15]、環境心理学をやるため日本リサーチ研究所に転職。しかし経営陣が分裂したので1984年3月にはダン計画研究所へ移り、取締役となった[5][16]

この頃、平井和正幻魔大戦』、山田正紀『神狩り』シリーズ、五島勉ノストラダムスの大予言』、夢枕獏菊地秀行栗本薫などのSF超常現象サボテンの意識説や超越瞑想など)に次第に傾倒していき、部屋の中にピラミッドをつくりそこで寝起きしたりするようになる[17]1984年には阿含宗に興味を持つ[15]。しかし教祖桐山靖雄のパフォーマンスがけばけばしいと感じ手を引いた[8]。また、友人の依頼により真如苑に名前だけ入会している[8]
入信・出家

麻原の著作『超能力の開発法』や空中浮揚写真に興味を持ち、1986年 3月にオウム神仙の会に電話をかけた。電話応対したスタッフの態度が悪く腹をたてるが、すぐに麻原彰晃本人から電話がかかってきた。麻原の真摯な説明ぶりに和み、4月に入会[5][18]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:84 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE