旧設医科大学
[Wikipedia|▼Menu]

医科大学(いかだいがく)とは、医師養成課程を有し、医学に関する研究教育臨床を行なう大学のこと。全ての座標を示した地図 - OSM
全ての座標を示した地図 - Google
全座標を出力 - KML
全座標を出力 - GPX
位置データを出力 - RDF表示


目次

1 概要

2 分科大学期

2.1 帝国大学令


3 単科大学期

3.1 改正帝国大学令

3.2 大学令

3.2.1 公立

3.2.2 私立

3.2.3 官立



4 第二次世界大戦中

5 学制改革期

5.1 官立

5.2 公立

5.3 私立


6 70年代

6.1 国立

6.2 私立

6.3 目的別医科大学


7 2010年代

8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 関連項目


概要

当初の「医科大学」は、帝国大学の分科大学を指すものであった。この定義は、1886年(明治19年)の帝国大学令から1919年(大正8年)の大学令までの約30年間用いられた(この定義での略称は「帝国医科」)。大学ではない医師養成機関には、官立である旧制高等中学校の「医学部」と、各府県立である「医学校」があった。これは、近代西洋医学を教えられる人材の養成に時間を要したため、教育できるレベルによって名称にも違いがあったことによる。1901年(明治34年)4月、官立の「医学部」が揃って医学専門学校となり、その後、「医学校」の流れを汲む病院を母体にした医学専門学校も設置された。

大学令により、帝国大学のような総合大学では「医学部」と言い、医学部のみの単科大学の場合は「医科大学」と言うようになった(この定義での「医科大学」の略称は「医科大」「医大」など)。すなわち、近代西洋医学を教育できる人材の増加によって、教育レベルよりも大学の体で名称がつけられることになった。しかし、この段階でも、全国の医師需要を満足させられるほどの大学医学部・医科大学を用意することは出来なかったため、各地に医学専門学校や大学専門部としての医学専門部などが存在していた。

医学部・医科大学(校)は日本に現在80校強あるが、60校以上が戦後に設立されたものであり、全体の8割近くを占める。戦後設立のこれらの大学も単科の医科大学として設置されたが、その後、総合大学に合併されるなどし、現在は、単科の医科大学より大学医学部の方が多い状況になっている。ただし、現在の「医科大学」は、医学部・歯学部薬学部看護学部などの医療従事者を養成する複数の学部のある大学の体をなす場合もあり、「医学部を含む医療系総合大学」が「医科大学」ということも出来る。なお、医学部を含まない医療従事者養成の大学に「医療大学」と称しているものがある。

他国における、一般の大学を卒業した後に入る専門職養成学校・プロフェッショナルスクールの体を成している学校の場合には、日本で「医学校」という名称で用いられることがある。これは、英語の school of medicine や medical school を直訳したものである(→医学部参照)。しかし、医師の養成課程は国によって大きく異なるため、日本語での呼称にはやや恣意性が見られる。※医科大学の内容説明(概要・大学一覧など)に関しては、医学部の項目と重複する部分も多い為、当該項目を参照の事。※大学の略称については本稿の説明範疇ではないので、詳細については当該項目を参照。
分科大学期
帝国大学令節内の全座標を示した地図 - OSM
節内の全座標を示した地図 - Google
節内の全座標を出力 - KML
節内の全座標を出力 - GPX
位置データを出力 - RDF表示

1886年(明治19年)の帝国大学令から1919年(大正8年)の大学令までの間は、「医科大学」は帝国大学の分科大学を指すものであった。医学部・医科大学(校)は日本に現在80校あるが、この時期に医科大学となったのは以下の4校があり、全体の5.0%を占める。

明治期の高等中学校(後の旧制高等学校)の医学部や、独立の医学専門学校では、各地の西洋医学の歴史のもとで教育を受けた教授陣により中等教育から高等教育にあたる医学教育がなされていたが、1877年(明治10年)に(旧)東京大学が設立されると、最高学府、すなわち大学レベルでの医学教育が始まった。1886年(明治19年)の帝国大学令以降は、西洋学問享受の窓口である東京大学(→帝国大学→東京帝国大学)、または先行帝国大学で教育を受けた教授陣を中心に医学教育がなされる「医科大学」が、各帝国大学の分科大学として設置された。1919年(大正8年)4月1日施行の大学令で、分科大学としての「医科大学」は「医学部」と改称した。なお、医科大学設置の際は、前身の医学教育機関の建物や病院を流用する例も見られたが、前身の医学教育機関の教授陣は異動となった。

帝国大学医科大学(1886年(明治19年)設置。現東京大学医学部。地図)前身は1877年(明治10年)設置の(旧)東京大学医学部。1897年(明治30年)に京都帝国大学が創立したため、東京帝国大学医科大学に改称した。

京都帝国大学医科大学(1899年(明治32年)設置。現京都大学医学部。地図)旧制第三高等学校医学部は岡山医学専門学校となった。同大医科大学は別に新設された。1903年(明治36年)に、同大医科大学は以下の2つに分割された。

京都帝国大学京都医科大学(1911年(明治44年)に旧称復帰)

京都帝国大学福岡医科大学(1911年(明治44年)に京都帝国大学から九州帝国大学に移管)


九州帝国大学医科大学(1911年(明治44年)設置。現九州大学医学部。地図)九州帝国大学は1911年(明治44年)1月に設置された。同年4月に福岡医科大学が京都帝国大学から移管された。

東北帝国大学医科大学(1915年(大正4年)設置。現東北大学医学部。地図)前身は仙台医学専門学校で、1907年(明治40年)設置の東北帝国大学に、同大医科大学設置を見込んで1912年に同大医学専門部として包摂された。

単科大学期

この時期に医科大学となったのは15校あり、うち13校が日本にある。医学部・医科大学(校)は日本に現在80校あるが、この時期に医科大学となった日本国内13校は、全体の16.25%を占める。
改正帝国大学令節内の全座標を示した地図 - OSM
節内の全座標を示した地図 - Google


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:64 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE