日蓮宗
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年7月)

日蓮宗(にちれんしゅう)は、
日本仏教宗旨の一つ。法華宗とも称する。鎌倉時代中期日蓮によって興され[注釈 1]、かつては(天台法華宗に対し)日蓮法華宗とも称した[1]

日本仏教の宗派の一つ。
1872年明治5年)、政策「一宗一管長」制に基づいて合同した日蓮門下の全門流の宗号。1874年(明治7年)、日蓮宗一致派日蓮宗勝劣派に分かれ解散[2]

1876年(明治9年)、日蓮宗一致派が公称を許された宗号[3][4][5][6]1941年昭和16年)、三派合同により解散[7][8][9]

1941年(昭和16年)、三派合同により成立した現行の「宗教法人・日蓮宗」[7][8][9]身延山久遠寺総本山とする。


目次

1 宗旨・日蓮宗の概要

1.1 教学と教義

1.1.1 日蓮に対する天台教学の影響

1.1.2 末法観と法華経

1.1.3 五綱教判

1.1.4 日蓮の一念三千


1.2 分派

1.2.1 檀林・法類(法縁・法眷)・本末関係

1.2.1.1 檀林

1.2.1.2 法縁(法類、法脈)


1.2.2 大正期の門下統合運動

1.2.3 近現代の動向



2 宗派・日蓮宗の概要

2.1 成立までの経緯

2.1.1 1872年(明治5年)成立の日蓮宗

2.1.2 1876年(明治9年)成立の日蓮宗

2.1.3 宗教法人・日蓮宗

2.1.3.1 宗教団体法による統合



2.2 概要

2.3 寺院本堂の祭壇および檀信徒の仏壇における本尊の形式

2.4 宗教法人・日蓮宗のあゆみ

2.5 主要寺院

2.5.1 祖山

2.5.2 霊跡寺院

2.5.3 由緒寺院

2.5.4 その他

2.5.5 法華寺院巡り

2.5.6 三派合同時の本山

2.5.6.1 旧日蓮宗44本山(総本山1、大本山4、本山39)、1御由緒寺院

2.5.6.2 旧顕本法華宗(総本山1、別格山8)

2.5.6.3 旧本門宗(大本山7)



2.6 宗務院

2.6.1 内局

2.6.2 宗会


2.7 大学

2.8 研究機関

2.9 布教機関・新聞社

2.10 病院


3 脚注

3.1 注釈

3.2 出典


4 参考文献

5 関連項目

5.1 法華経

5.2 宗祖日蓮と教団をめぐる人々

5.3 教義と門流

5.4 日蓮聖人門下連合会

5.5 法具

5.6 政治・社会との関わり


6 外部リンク

宗旨・日蓮宗の概要

開祖である日蓮の主要著作『立正安国論』のタイトルから類推して、国家主義的(ナショナリズム)傾向の強い教えと見る者がいる[10]。本節では鎌倉仏教の宗旨日蓮宗(法華宗)の宗祖日蓮の教えならびに分派の大要を紹介する。

この節の加筆が望まれています。

教学と教義

諸経の王とされる妙法蓮華経法華経)こそが釈迦の本懐にして最勝の教義とする。その最高無上の経典である妙法蓮華経法華経)を専ら読経すなわち「南無妙法蓮華経」と題目を唱えること(唱題)を重視[11]

「南無妙法蓮華経」とは「妙法蓮華経(法華経)に帰依する」の意であり、「題目」は経典の表題を唱えることに由来する[12]
日蓮に対する天台教学の影響

日蓮は、天台の教観二門(教相門・止観門)を教学の大綱とし、

妙法蓮華経法華経)に対しては天台智の本迹分文により、方便品の開権顕実、寿量品の開近顕遠を二門の教意とする。

二乗作仏と久遠実成妙法蓮華経法華経)の二箇の大事とする。

などは天台教学を踏襲するとともに、「妙法蓮華経(法華経)の行者」としての自覚と末法観を基調とした独自性を示した[13]。しかし、日蓮の時代は末法であり、天台宗の宗祖の説いた法華経には衆生を救う力がないとされ、南無妙法蓮華経こそが肝心であるとされる[要出典]。
末法観と法華経

日蓮は、鎌倉仏教の他の祖師たちと同様、鎌倉時代をすでに末法に入っている時代とみなしていた。そして、法華経を、滅後末法の世に向けて説かれた経典とみなし、とりわけ「如来寿量品」を、在世の衆生に対してではなく、滅度後の衆生の救済を目的として説かれたものとみなした。そして法華経に説かれた

久遠本仏の常住

遣使還告の譬

勧持品二十行の偈文


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:207 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE