日本相撲協会
[Wikipedia|▼Menu]

日本相撲連盟」とは異なります。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年1月)

公益財団法人日本相撲協会
Japan Sumo Association
両国国技館
団体種類公益財団法人
設立2014年1月30日
所在地東京都墨田区横網一丁目3番28号
法人番号4010605000084
起源東京大角力協会
主要人物理事長 保志信芳(八角信芳
事業部長 中山浩一 (尾車浩一
総合企画部長 青木康(芝田山康
活動地域 日本
活動内容日本国内における相撲興行
活動手段本場所巡業興行
収入114億6,040万3,612円(経常収益・2015年12月期)
基本財産95億7,236万476円(2015年12月31日現在)
子団体相撲博物館
ウェブサイトhttp://www.sumo.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人日本相撲協会(にほんすもうきょうかい、英語: Japan Sumo Association)は、大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年財団法人として設立され、2014年公益財団法人に移行した相撲興行団体である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の普及を定款上の目的としている。


目次

1 概要

2 不祥事

3 沿革

4 役員

4.1 評議員

4.2 理事・副理事

4.3 監事

4.4 現在の役員

4.5 理事長

4.5.1 歴代理事長

4.5.2 理事長辞任



5 協会組織

6 財団法人時代の役員

6.1 役員総説

6.2 理事・監事


7 諮問機関

8 ガバナンスの整備に関する独立委員会

9 日本相撲協会自立就職支援相談室の設置

10 処分

10.1 除名

10.2 解雇

10.3 引退勧告

10.4 過去に処分された力士・親方衆・関係者


11 協会葬

12 公式キャラクター

13 脚注

14 外部リンク


概要

日本相撲協会は、公益法人でありながら、営利的かつ職業的な相撲興行を全国規模で開催している唯一の法人である。公益財団法人に移行する前は、文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課所管[1]特例財団法人であった。通称「相撲協会」。日本国外のメディアでは「Japan Sumo Association」およびその略称のJSAが使われる。

定款第3条(目的)には、「この法人は、太古より五穀豊穣を祈り執り行われた神事(祭事)を起源とし、我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させるために、本場所及び巡業の開催、これを担う人材の育成、相撲道の指導・普及、相撲記録の保存及び活用、国際親善を行うと共に、これらに必要な施設を維持、管理運営し、もって相撲文化の振興と国民の心身の向上に寄与することを目的とする。」との定めがあり、この建前に基づき、青少年・学生への相撲の指導奨励[2]相撲教習所の維持運営、国技館の維持運営、相撲博物館の維持運営などをしているものの、現状の主な事業は、本場所巡業興行である。構成員は、年寄力士行司呼出床山若者頭および世話人などである。

公益法人としての適格性については、公益事業として相撲の指導普及を図るため指導普及部を設置し、指導普及部一般会員の進級試験も行っているものの、「興行に拘りすぎて、財団法人としての責任義務を果たしていないのではないか」という意見が多数ある。また、公益法人制度改革に関する有識者会議においても、法人の公益性の存在について疑義が提示された[3]
不祥事

近年では数々の不祥事が明るみになり、公益法人としての責任・あり方が問われている。

2007年には「週刊現代」による八百長疑惑報道、時津風部屋力士暴行死事件、横綱朝青龍明徳の無断帰国・巡業休場問題が相次いで発生し世間の注目を集めた(朝青龍は2010年に別の不祥事の責任を取り引退。また八百長疑惑については「週刊現代」の出版元である講談社を相手取り、力士・年寄により損害賠償を求める複数の民事訴訟が提起され、2011年2月現在すべて勝訴している)。

2008年8月には、現役力士の大麻所持が発覚。協会の再発防止検討委員会が実施した抜き打ち薬物検査で陽性反応が出て、当時の北の湖敏満理事長が辞職した[4]

2010年5月には大関琴光喜啓司野球賭博関与[5]に端を発し、少なからぬ力士が常習的に野球賭博を行っていたことが明るみに出た。さらに同年6月には現役の親方が暴力団幹部に本場所を維持員席(いわゆる「砂かぶり席」)で観戦させていたことが発覚した。

2011年にはそれまで協会が否定しつづけてきた八百長疑惑で、警察によって八百長に関与したとされる力士の携帯電話のメールの存在が明らかとなり、一部力士が関与を認めたとされ、これを受けて相撲協会は史上初めてとなる「不祥事による本場所開催の中止」を決定した。

2017年から2018年にかけては、秋巡業中に横綱日馬富士公平による前頭貴ノ岩義司への酒席での暴行(日馬富士は引責により引退)など部屋内外での暴力行為の続出、立行司によるセクシャルハラスメント行為の発覚、十両大砂嵐金崇郎による無免許運転行為(大砂嵐は引退勧告を受け引退)など、協会内における不祥事が相次いで続出。さらに2018年春巡業での大相撲舞鶴場所では多々見良三舞鶴市長が土俵上での挨拶中に倒れ、救命処置のため土俵に上がった女性たちに対し「女性の方は土俵から降りてください」と行司により複数回アナウンスがなされる[6][7][8][9]など、巡業における救命体制や「女人禁制」との問題点が日本国内はもとより海外にも記事が配信され、国際的に批判を浴びている[10]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:107 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE