日本相撲協会
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

日本相撲連盟」とは異なります。

公益財団法人日本相撲協会
Japan Sumo Association
両国国技館
団体種類公益財団法人
設立2014年1月30日
所在地東京都墨田区横網一丁目3番28号
法人番号4010605000084
起源東京大角力協会
主要人物理事長 保志信芳(北勝海信芳
事業部長 中山浩一 (琴風豪規
総合企画部長 綛田清隆(栃乃和歌清隆
活動地域 日本
活動内容日本国内における相撲興行
活動手段本場所巡業興行
収入114億6,040万3,612円(経常収益・2015年12月期)
基本財産95億7,236万476円(2015年12月31日現在)
子団体相撲博物館
ウェブサイトhttp://www.sumo.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人日本相撲協会(にほんすもうきょうかい、英語: Japan Sumo Association)は、大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年財団法人として設立され、2014年公益財団法人に移行した法人である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の普及を目的としている。


目次

1 概要

2 沿革

3 役員

3.1 評議員

3.2 理事・副理事

3.3 監事

3.4 現在の役員


4 協会組織

5 財団法人時代の役員

5.1 役員総説

5.2 理事長

5.2.1 歴代理事長

5.2.2 理事長辞任


5.3 理事・監事


6 諮問機関

7 ガバナンスの整備に関する独立委員会

8 日本相撲協会自立就職支援相談室の設置

9 処分

9.1 除名

9.2 解雇

9.3 引退勧告

9.4 過去に処分された力士・親方衆


10 協会葬

11 公式キャラクター

12 脚注

13 外部リンク


概要

日本相撲協会は、公益法人でありながら、営利的かつ職業的な相撲興行を全国規模で開催している唯一の法人である。公益財団法人に移行する前は、文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課所管[1]特例財団法人であった。通称「相撲協会」。日本国外のメディアでは「Japan Sumo Association」およびその略称JSAが使われる。

定款第3条(目的)には、「この法人は、太古より五穀豊穣を祈り執り行われた神事(祭事)を起源とし、我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させるために、本場所及び巡業の開催、これを担う人材の育成、相撲道の指導・普及、相撲記録の保存及び活用、国際親善を行うと共に、これらに必要な施設を維持、管理運営し、もって相撲文化の振興と国民の心身の向上に寄与することを目的とする。」との定めがあり、この建前に基づき、青少年・学生への相撲の指導奨励[2]相撲教習所の維持運営、国技館の維持運営、相撲博物館の維持運営などをしているものの、主な事業は、本場所巡業興行である。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:98 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE