日本映画
[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2009年12月)

日本映画

作品一覧
監督一覧
年度別日本公開映画
1930年代
30 31 32 33 34
35 36 37 38 39
1940年代
40 41 42 43 44
45 46 47 48 49
1950年代
50 51 52 53 54
55 56 57 58 59
1960年代
60 61 62 63 64
65 66 67 68 69

1970年代
70 71 72 73 74
75 76 77 78 79
1980年代
80 81 82 83 84
85 86 87 88 89
1990年代
90 91 92 93 94
95 96 97 98 99
2000年代
00 01 02 03 04
05 06 07 08 09
2010年代
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19










日本映画(にほんえいが)は、一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるいは日本の国内法に基づく法人出資製作)している映画を指すが、詳細な定義は識者によって異なる。画(ほうが)とも呼称される。また、時代によって活動写真キネマ、シネマ等とも呼ばれる。

トーマス・エジソンによって1891年に発明されたキネトスコープが世界的な映画の起源となるが、それを用いて日本で最初に上映がなされたのは1896年11月で、当時の西洋技術の最先端である映画が到来した年にあたる。日本人による映画撮影としては1898年浅野四郎による短編映画『化け地蔵』『死人の蘇生』に始まる。ここから現代に至るまで日本映画は日本文化の影響を強く受けつつ、独自の発展を遂げ、日本を代表する大衆娯楽のひとつとして位置付けられていった。

日本映画をジャンルとして明確に定義することは困難であり、「日本人監督によって、日本人の俳優を用いて、日本で撮影し、日本で上映する日本語の映画」という条件のもと、そのいくつかが当てはまるものを一般に日本映画と呼称している[1]。このため、『ホノカアボーイ』などの総海外ロケの映画や、フランス資本を基に黒澤明大島渚が撮影した映画、崔洋一李相日などの在日韓国・朝鮮人監督による映画など、全ての条件を満たしていなくても日本映画と認知されるものもある。

外国映画(洋画)に対する日本の映画という意味での呼称は存在するが、市場ボーダレス化等、製作、配給の両面において多国籍化が一般化している今日において、ジャンルとしての厳密な定義はほぼ無意味なものとなりつつある。
目次

1 背景

2 歴史

2.1 サイレント時代

2.2 戦前の黄金時代

2.3 戦時下の映画


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:175 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE