日本の中世文学史
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年6月)

日本の中世文学史(にほんのちゅうせいぶんがくし)は、中世(およそ鎌倉時代から安土桃山時代まで)の日本文学歴史である。


目次

1 概略

2 文学の周辺

3 中世文学の主な作品一覧

4 関連項目


概略

源頼朝鎌倉幕府を開き、政治の中心が上方から東国へ移ったが、京都は文化的中心であり続けた。鎌倉時代には藤原定家らによって華麗な技巧に特徴がある『新古今和歌集』が編まれた。また、現代日本語の直系の祖先と言える和漢混淆文が生まれ、多くの作品が書かれた。鴨長明の『方丈記吉田兼好の『徒然草』などがこれにあたる。『平家物語』は琵琶法師により、室町時代には『太平記』が太平記読みにより語られた。その他説経節等語り物の充実は、近世浄瑠璃の隆盛へと繋がってゆく。御伽草子などの物語も一般民衆の間で読まれ、文芸が知識階級のみのものではなくなり庶民の間へも広まっていく。 女流文学も引き続き盛んであったが、平安時代中期とは異なり、日記文学が主流となった。しかし、南北朝時代に、朝廷の衰微を背景にして、女流文学は途絶えてしまう。 室町時代には京都五山公家が中心となり古典研究が行われ、また鎌倉時代から上句と下句を連ねる和歌である連歌も貴族から一般民衆までの間で行われた。
文学の周辺

また、能楽などの舞台芸術が多くの人々に受け入れられ、その美学は世阿弥によって『風姿花伝』にまとめられた。日本仏教では13世紀中頃には道元の『正法眼蔵』、弟子の懐奘の『正法眼蔵随聞記』が成立したほか、禅僧達の作った「五山文藝」という膨大な文献も残されている。歴史物語は『水鏡』『増鏡』が書かれた。
中世文学の主な作品一覧

1190年以前『
山家集西行/ 私家集

1195年頃 『水鏡中山忠親(?)/ 歴史

1197年『古来風躰抄藤原俊成/ 歌論書

1201年以前『無名草子』/ 物語評論

1204年『長秋詠藻』藤原俊成/ 和歌

1205年『新古今和歌集後鳥羽院勅令/ 藤原定家源通具ら/ 勅撰和歌集

1209年『近代秀歌』藤原定家/ 歌論書

1212年『方丈記鴨長明/ 随筆

1212年頃『無名抄』鴨長明/ 歌論書

1213年『金槐和歌集源実朝/ 和歌

1215年以前『古事談』源顕兼/ 説話

1216年以前『発心集』鴨長明/ 説話

      『保元物語』未詳/ 軍記物語

      『平治物語』未詳/ 軍記物語

      『平家物語』未詳/ 軍記物語

      『たまきはる建春門院中納言/ 日記

1220年『愚管抄慈円/ 史論

1221年以降『承久記』未詳/ 軍記物語

1222年『閑居友慶政/ 説話

1223年以前『海道記』未詳/ 紀行

1233年以前『建礼門院右京大夫集』建礼門院右京大夫/ 和歌

1233年頃『拾遺愚草』藤原定家/ 和歌

1235年『新勅撰和歌集後堀河天皇勅令/ 藤原定家/ 勅撰和歌集

    『小倉百人一首』藤原定家/私選和歌集

1237年以前『正法眼蔵随聞記道元の弟子懐奘/ 仏教

1239年以後『今物語藤原信実/ 物語

1242年以前『八雲御抄順徳院/ 歌論

1242年頃『東関紀行』未詳/ 紀行

1242年以後『宇治拾遺物語』未詳/ 説話

1250年頃『撰集抄』未詳/ 説話

1250年頃『水原抄源親行/ 注釈


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE