日本における検閲
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

 
検閲

国別

旧東ドイツ
アルジェリア
韓国
中国
日本
メディア

禁書
紙芝居
インターネット
音楽
コンピュータゲーム
手段

発禁
焚書
記事差止命令
改描
自主規制音
フィルタリング
ブロッキング
モザイク処理
自己検閲
表示
警視庁特別高等警察部検閲課による検閲の様子(1938年(昭和13年))

日本における検閲(にほんにおけるけんえつ)では、日本における検閲の歴史を述べる。

近代以降、戦前には大日本帝国内務省などによって、連合国占領下では連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)によって検閲が実施された。

現在の日本において、検閲(行政による事前検閲)は日本国憲法第21条によって禁止されている。


目次

1 歴史

1.1 江戸時代

1.2 大日本帝国憲法制定後

1.2.1 概説

1.2.2 内務省による検閲

1.2.2.1 新聞

1.2.2.2 書籍等

1.2.2.3 脚本

1.2.2.4 フィルム

1.2.2.5 レコード

1.2.2.6 絵画彫刻



1.3 連合国軍占領下

1.4 日本国憲法制定後

1.4.1 概説

1.4.2 議論の対象となった制度

1.4.2.1 税関検査

1.4.2.2 青少年保護育成条例による有害図書指定

1.4.2.3 教科用図書検定

1.4.2.4 インターネットにおける検閲

1.4.2.5 刑事施設における検閲




2 脚注

3 参考文献

4 関連項目

5 外部リンク


歴史
江戸時代

江戸時代から出版が盛んになるにつれて江戸幕府も検閲に乗り出すようになった。初期はキリスト教や幕政批判、江戸幕府並びに徳川氏の事績に関するものが発禁の対象だったが(「仮名手本忠臣蔵」で吉良義央高師直などと南北朝時代の話のようになっているのは実名だと検閲にかかるためである)、寛政の改革では風俗を乱すものや贅沢な出版物も対象となった。版木を没収されたものでは林子平の『海国兵談』、山東京伝の『仕懸文庫』、恋川春町の『金々先生栄華夢』などが有名である。天保の改革では、為永春水柳亭種彦らの人情本や好色本などが版木没収に遭った。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:60 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE