日朝関係史
[Wikipedia|▼Menu]
日本の国際関係 > 日朝関係史

日朝関係      

  日本  朝鮮民主主義人民共和国  大韓民国

日朝関係史(にっちょうかんけいし)あるいは日韓関係史(にっかんかんけいし)では、日本朝鮮半島の両地域及びそこに存在した国家間の関係の歴史について概説する。


目次

1 古代

1.1 旧石器時代から弥生時代

1.1.1 初期の交流

1.1.2 農作物の渡来

1.1.3 国の成立


1.2 倭国と朝鮮三国時代

1.2.1 三国時代前半

1.2.2 三国時代後半

1.2.3 百済・高句麗の滅亡と新羅の統一

1.2.4 朝鮮半島統一と日本の対応


1.3 渤海・耽羅

1.4 律令国家と新羅・高麗

1.4.1 律令国家の成立

1.4.2 朝廷と新羅・高麗


1.5 経済面

1.5.1 青銅と鉄の入手

1.5.2 三国時代・新羅

1.5.3 採掘

1.5.4 渤海・耽羅


1.6 文化面

1.6.1 漢字

1.6.2 暦・占術

1.6.3 儒教・仏教

1.6.4 技術・工芸

1.6.5 文芸・芸能



2 中世

2.1 元寇

2.1.1 高麗への攻撃

2.1.2 日本への攻撃(文永の役、弘安の役)


2.2 倭寇

2.2.1 日本と高麗の倭寇対策


2.3 朝鮮王朝(李氏朝鮮)

2.3.1 日本と李朝の倭寇対策

2.3.2 倭館


2.4 対馬

2.5 経済面

2.5.1 倭銀

2.5.2 日麗貿易・日朝貿易

2.5.3 偽使

2.5.4 琉球王国と日朝貿易


2.6 文化面

2.6.1 朱子学

2.6.2 外交文書の成立

2.6.3 文芸・書画

2.6.4 文化財の流出



3 近世

3.1 女直の勃興

3.2 文禄・慶長の役(壬辰戦争、唐入り)

3.3 徳川政権による国交回復

3.3.1 朝鮮通信使


3.4 華夷変態と小中華思想

3.5 通信使と征韓論

3.6 経済面

3.6.1 倭館の再開

3.6.2 通貨問題


3.7 文化面

3.7.1 食文化・医学

3.7.2 儒教

3.7.3 文芸

3.7.4 書画・工芸

3.7.5 芸能



4 近代

4.1 日本と朝鮮の開国

4.1.1 日朝修好条規


4.2 日清戦争から韓国併合まで

4.2.1 日清戦争

4.2.2 大韓帝国の成立と日露戦争

4.2.3 日韓併合条約


4.3 日本統治時代

4.3.1 インフラストラクチャーと植民政策

4.3.2 土地政策

4.3.3 民族政策

4.3.4 労働・兵役


4.4 在日朝鮮人社会

4.5 独立運動・抗日運動

4.5.1 大韓民国臨時政府

4.5.2 抗日パルチザン

4.5.3 朝鮮半島の独立・抗日運動

4.5.4 在日朝鮮人


4.6 第二次世界大戦の対日・対朝鮮方針

4.7 経済面

4.7.1 貿易

4.7.2 産業労働者

4.7.3 労働運動

4.7.4 金融


4.8 文化面

4.8.1 思想

4.8.2 教育

4.8.3 建築

4.8.4 出版・文芸



5 第二次世界大戦後

5.1 朝鮮半島の解放・独立

5.1.1 在朝日本人・在日朝鮮人の帰国

5.1.2 朝鮮戦争


5.2 大韓民国(韓国)

5.2.1 大韓民国の建国

5.2.2 朝鮮戦争

5.2.3 国交回復

5.2.4 冷戦下の日韓関係


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:406 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE