新聞
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「ニュースペーパー」はこの項目へ転送されています。コントグループについては「ザ・ニュースペーパー」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2010年3月)
新聞

新聞(しんぶん)は、事件事故政治経済芸能やスポーツや国際情勢などの動向などのニュースを報じるためのメディアで、記事文章写真、図面などが新聞紙)に印刷され綴じていないものである。

「ポスト」を名に冠する新聞が存在しているのは、帝国郵便が自前の新聞を発行していたことに由来する[1]


目次

1 概説

1.1 主な分類

1.2 新聞と社会


2 制作過程

3 歴史

3.1 前史

3.2 近代


4 語源

5 各国別日刊紙の成人人口1,000人当たりの部数

6 日本の新聞

7 インターネット新聞

8 その他

9 脚注

10 関連項目

11 外部リンク


概説

新聞は世界規模の出来事から国内外、地域内、さらにはコミュニティの内部などの情報伝達手段として様々なものが発行されている。その中でも新聞社と呼ばれる新聞・報道を専門とした会社組織・報道機関が発行する新聞は情報の影響する範囲が広範囲であり、マスメディアと呼ばれる。影響力は発行部数にほぼ比例する。小さなコミュニティの内部にも存在する場合があり、例えば学校のクラス・部活動などで発行する学級新聞学生新聞、地域で発行する地域広報などがある。

様々な新聞(リスボン

紙質は悪く、古くなると変色する(スウェーデン紙)

主な分類

視点分類肢
刊行間隔

日刊紙

週刊紙

旬刊紙

月刊紙

季刊紙

配布地域

全国紙

ブロック紙

地方紙

内容

一般紙

経済紙

スポーツ紙

予想紙

発行の性格

機関紙

商業紙

業界紙

学生新聞

読者の社会的地位

高級紙

大衆紙

メディア形態

壁新聞

瓦版

回覧板

価格

無料

有料

言語

自然言語

点字


新聞と社会

新聞は、取り扱う範囲内で様々な情報を盛り込むことを特徴としており、その対象層の中で広く読まれることや逐次性・速報性が重視されている。情報の伝達を使命としている点で同じ紙メディアでもそれ自体が強い個性を持つ書籍雑誌とは大きく異なる。そのため、使われる紙の質は悪く保存性は低い。

ラジオテレビ放送インターネットが発達した現代社会においては速報性で優位に立てず低迷傾向にありながらも利用者にとって取り扱いが簡便であることや共有性の高さなどから依然情報メディアとしての地位は揺らいでおらず、多くの人々にとって安価で多様な情報を入手するための有力手段の一つとして今なお存在感を保っており、概ねどの国でもある程度の規模の都市であれば鉄道駅商店・街頭で販売又は掲示されている様子を見ることができる。

売店販売

現代文明社会では、多くの人々にとって安価で多様な情報を入手するための有力手段

大学図書館前に掲出される新聞

市中で「号外」を配布している様子

ほとんど場所を選ばず読みやすい(列車内)

制作過程輪転印刷機による印刷の様子

概ね下記のようになっている。
企画・構想

取材・撮影

記事執筆

原稿チェック

校閲 - レイアウト後の場合がある

レイアウト - 見出し制作・価値判断も行われる

編集・割付・組版

校正

フィルム・刷版制作

印刷

梱包・発送

歴史
前史

ローマ帝国期のアルバムとも言われた、アクタ・ディウルナ[2][3]が手書きの公報として存在した。紙製としては中国の時代の713年 - 734年頃に作られた開元雑報(英語版)が存在した。16世紀、活版印刷が可能となり、ドイツで、ニュースを記述したビラやパンフレット形式の印刷物が出版されていた(フルークブラット(ドイツ語版))など)。これらは不定期であった。
近代

1605年、世界初の週刊新聞「Relation」が、ストラスブールでヨハン・カロルス(英語版)によって創刊され[4]、1650年、世界初の日刊紙ライプツィガー・ツァイトゥイング(ドイツ語版)[5](週6日)が創刊された[3]。17世紀半ばには、ニュース本が定期的に出版されるようになった。特にイギリスでは清教徒革命名誉革命を通じてニュース出版が発展し、日刊新聞や地方週刊新聞も出版されるようになった。18世紀には、いろいろな新聞を読み放題のコーヒー・ハウスが登場した。裕福な商工業者であるブルジョワジーが新聞を元に政治議論を行い、貴族のサロンと同じように論壇を形成した。

19世紀には、日曜新聞のような大衆新聞が成長した。印刷機の発達やロール紙の採用、広告の掲載などにより労働者階級に低価格で販売できるようになった[6]1884年にはオットマー・マーゲンターラーライノタイプと呼ばれる鋳植機を発明し、これによって印刷工が一行ごとにまるごと活字を鋳造できるようになったことで新聞の印刷スピードおよびコストが改善され、より安価に新聞が発行できるようになった[7]

つまり21世紀現在のような新聞の出現は産業革命以降のヨーロッパからであり、産業を支える上で大きな存在となった。これは後にマスマーケティングの手法の一環としても用いられるようになり、企業の広告活動にも一役買うようになった。

日本には江戸時代には瓦版が存在し、大事件などの際に木版で摺られ発行されていた。現存する最古の瓦版は1614年 - 1615年大坂の陣を記事にしたものである。幕末になると新聞と名付けられたものがいくつか発行されるようになり、1862年に最初の新聞『官板バタビヤ新聞』、1870年には日本初の日刊紙である『横浜毎日新聞』が創刊された[8]。「日本の新聞」も参照
語源

「新聞」という言葉は古来の日本語にはない。この語の初出は、北宋時代に編纂された唐王朝の歴史書『新唐書』だとされている。新唐書の芸文志には、唐時代に書かれた書物の一覧があるが、その中に「尉遲樞に、『南楚新聞』三卷あり」とある。ここでいう「新聞」とは今の日本語でいう「風聞」つまり「news」という意味であった。この定義での「新聞」は、清の時代にも書かれていた。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:24 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE