新海苔
[Wikipedia|▼Menu]
板海苔

あまのり 焼きのり[1]100 gあたりの栄養価
エネルギー787 kJ (188 kcal)

炭水化物44.3 g
食物繊維36.0 g

脂肪3.7 g
飽和脂肪酸0.55 g
一価不飽和0.20 g
多価不飽和1.39 g

タンパク質41.4 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテン(288%) 2300 μg(231%)25000 μg
チアミン (B1)(60%) 0.69 mg
リボフラビン (B2)(194%) 2.33 mg
ナイアシン (B3)(78%) 11.7 mg
パントテン酸 (B5)(24%) 1.18 mg
ビタミンB6(45%) 0.59 mg
葉酸 (B9)(475%) 1900 μg
ビタミンB12(2400%) 57.6 μg
ビタミンC(253%) 210 mg
ビタミンE(31%) 4.6 mg
ビタミンK(371%) 390 μg

ミネラル
ナトリウム(35%) 530 mg
カリウム(51%) 2400 mg
カルシウム(28%) 280 mg
マグネシウム(85%) 300 mg
リン(100%) 700 mg
鉄分(88%) 11.4 mg
亜鉛(38%) 3.6 mg
(28%) 0.55 mg
セレン(13%) 9 μg

他の成分
水分2.3 g
コレステロール22 mg
ビオチン(B7)46.9 μg
ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]。別名: のりエネルギー: 暫定値 


単位

μg = マイクログラム • mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。

スサビノリ乾物100g中の食物繊維[3]項目分量
食物繊維総量26.4 g
水溶性食物繊維10.8 g
不溶性食物繊維15.6 g

海苔(のり)とは、紅藻緑藻シアノバクテリア(藍藻)などを含む、食用とする藻類の総称。日本では、古く「紫菜」「神仙菜」と呼ばれた。食品として、それら藻類を加工した「生海苔」や「板海苔」などが食されており、米飯のおかず江戸前寿司などで重要な材料となっている。

日本語の「ノリ」はヌラ(ぬるぬるするの意)を語源とする[4]中の岩石のように着生する藻類全般を表す語で、広義には食用とする紅藻類・藍藻類の総称である。平安時代末期は「甘海苔」といい、アマノリを板海苔に成形した「浅草海苔」が江戸時代以降に広まった。

海苔はタンパク質食物繊維ビタミンカルシウムEPAタウリンベーターカロテンアミノ酸などが豊富に含まれており、栄養に富んでいる。日本のほか、中国韓国イギリスニュージーランドで養殖もされている。1980年代にアメリカでも養殖が試されたが、失敗に終わっている[5]
目次

1 海苔(食用)の分類

2 日本における海苔

2.1 概説

2.2 歴史

2.3 産地

2.4 養殖

2.5 輸入

2.6 海苔メーカー

2.7 海苔の消化と日本人


3 日本国外における海苔

4 海苔の色

5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク

海苔(食用)の分類

食用の海苔は、分類学的には以下のような互いに疎遠なグループに分けられる。
海藻真核生物ドメイン・植物界紅色植物門・紅藻亜門・ウシケノリ綱・ウシケノリ目・ウシケノリ科・アマノリ属 (Pyropia) に属するグループ。岩海苔(いわのり)とも呼ばれ、板海苔に加工されるアサクサノリスサビノリ (P. yezoensis)、ウップルイノリ (P. pseudolinearis) など。韓国海苔もこの属から作られる。年イギリス南ウェールズで食べられるLaver(Porphyra umbilicalis)は近縁属である。

海藻。真核生物ドメイン・植物界・緑色植物門・緑藻亜門・アオサ藻綱・アオサ目・アオサ科に属する、アオサアオノリ

産。真核生物ドメイン・植物界・緑色植物門・緑藻亜門・トレボウクシア藻綱・カワノリ目に属し、静岡県高知県埼玉県などの山間の清流に産するカワノリ

川産。細菌ドメイン・藍色細菌門・ネンジュモ綱・クロオコックス目・クロオコッカス科・スイゼンジノリ属に属するスイゼンジノリ

分類学的にはそれぞれ大きく離れているが、2と3は同じ緑藻に属し、いくらか近縁である。4は大きくかけ離れており、通常言う植物には含まれない。

分類群が異なるため、生活環はそれぞれ異なる。いずれも解明されており、1と2は、解明された知見を利用して人為的にライフサイクルを制御し、大量に種苗を作ることで、商業規模での養殖が可能となっている。
日本における海苔 品川大森での海苔取り(歌川広重) 海苔を焼く女(歌川国貞)。江戸時代
概説

海苔の種類としては、生海苔の他、板海苔[6]、切海苔、刻海苔、味付け海苔などがある。

海苔は日本人にとって身近な海産物の一つである。食品としての「海苔」は漉(す)いて紙状に乾燥させた板海苔[7]を利用する事が多い。乾燥させない海苔は生海苔とも呼ばれる。

海苔は初春の季語である[8]。2月6日である海苔の日もこの時期にあたる。
板海苔
山本山によると、江戸中期は海苔をそのまま広げて乾かした「展延法(てんえんほう)」と呼ぶ方法で作られたものが食べられていたとされる。江戸時代の品川沖は江戸前海苔(品川海苔)の産地であった。江戸前寿司に利用されたかは定かではないが、煎餅に海苔を巻いた海苔巻き煎餅は「品川巻」と呼ばれ古くから名物となっている。また、浅草のりは希少な高級品となっている。ウップルイノリとスサビノリは板海苔として、寿司(海苔巻き軍艦巻き)、おにぎり磯辺餅ふりかけラーメンの具などに使われる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:45 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE