新実智光
[Wikipedia|▼Menu]

新実 智光
誕生 (1964-03-09)
1964年3月9日
愛知県岡崎市
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(54歳没)
日本 大阪府大阪市都島区大阪拘置所
ホーリーネームミラレパ
ステージ正大師
教団での役職自治省大臣
入信1986年
関係した事件坂本堤弁護士一家殺害事件
松本サリン事件
地下鉄サリン事件
判決死刑(執行済み)
現在の活動死亡(刑死)

新実 智光(にいみ ともみつ、または新實 智光[1]1964年3月9日 - 2018年7月6日)は元オウム真理教幹部。ホーリーネームはミラレパ。教団内でのステージは正大師で、教団が省庁制を採用した後は自治省大臣だった。1986年に教団の前身であるオウム神仙の会が最初に開催したセミナーから出席。岡崎一明大内利裕と並ぶ古参信徒で、宗教法人オウム真理教の九人の「設立時責任役員」の一人[2]坂本弁護士一家殺害事件松本サリン事件の実行犯。地下鉄サリン事件では運転手役。2010年2月死刑が確定[3]2018年7月6日大阪拘置所で死刑が執行された[4]
目次

1 人物

1.1 少年期、青年期

1.2 オウムとの出会い

1.3 神秘体験


2 出家後

2.1 ミラレパ

2.2 事件への関わり

2.3 自治省大臣

2.4 裁判


3 死刑確定後

4 人物評

5 関連事件

6 脚注

人物

1964年昭和39年)資源回収業の両親の元に愛知県岡崎市にて生まれる[3]
少年期、青年期

岡崎市内の小学校、中学校、愛知県立岡崎東高等学校を卒業

中学では水泳部に所属し、野口英世をめざして東大医学部から医者になる夢を描いていた。[5]

その風貌から「空海」というあだ名をつけられ友人にも恵まれるが、その陰で、生まれつきあった口唇の傷(口唇口蓋裂)や小柄で痩せていたことから集中的ないじめに遭う[6]。中学の卒業文集では「苦しかったことを耐えてこれた、今の僕には生きる自由がはっきり言ってない、あっても自信がない、生きる資格がない」「かろうじてがまんしてきましたが、いつ、怒りが爆発して何が起こるかわからない……そのままにしておいて、人殺しでも起こしてしまってからでは、とりかえしができません。……現状に対し、臆病になるな。逃避は敗北である」と書き綴っている。[5]

高校受験?高校生時代に地元の東岡崎駅で目撃した2度の自殺事故に衝撃を受け[7]、「死とは何か」を考え精神世界に興味をもつようになる[8]。麻原の言う「苦を感じなければ修行の道に入らない」との鉄則を高校時代から感じていた。

高校在学中から崇教真光阿含宗に入信するが、求めるものが無く脱会。読書に打ち込んだり、仙道的なことや瞑想を行うが次第に宗教から遠ざかり、空手など肉体的鍛錬に興味が移り、極真空手に短期間入門[9][8]。また、高校時代よりオカルト雑誌『ムー』を創刊号から愛読していた(学研『高一コース』に掲載されていた広告がきっかけ)[8]
オウムとの出会い

その後、愛知学院大学に入学。大学時代からは『トワイライト・ゾーン』も読むようになった[8]。友人の勧めで大学時代の終わりに、再び別の宗教団体に入信するものの、同様に「よいことをしない魂は滅びる」との教義に「存在というものは、この神々の将棋の駒に過ぎないのか、いつでもその神々の意思によってなくなるのだろうか」との思いをいだく。しかし、新実は「私は決してそうではない、私たちには本当の力があるはずだ、神と同じレベルの魂が内在するはずだ」と感じるに至る。このため、神が持つとされる霊力を自分自身も持ちたいと考えるようになる。

このときにオカルト雑誌『ムー』や『トワイライトゾーン』などで麻原彰晃空中浮揚の記事が目にとまり[3]ヒヒイロカネのプレゼントに応募したことがきっかけで、大学卒業間近の1986年正月、オウムの前身「オウム神仙の会」のセミナーに参加し、すぐに入会し会員となるが、その際に送られてきた運命鑑定書には、新実が自分では認めたくない隠していた内面が書かれていた。シャクティーパットとこの運命鑑定書により、一気に傾倒を深め行法を続けると赤と青の光が見えるようになり、著しい精神的変化が起こった。
神秘体験

麻原彰晃に惹かれたのは、他の宗教の多くが「神の啓示を受けた」とするものが多いのに比し、麻原は自分自身で修行をし苦難を乗り越えた「どこにでもいるような人」であったからだという。最初のセミナーで、新実はその雰囲気が自分自身が求めていたものと直感する。そこでバイブレーションに浸りながら修行することで身体の浄化作用を実体験し、宿便が出たり、体調の回復を実感する。この神秘体験によって、深く麻原に帰依するに至る。当初は半信半疑であったもののその考えは180度転換する。

シャクティーパットにより、アストラル体の浮遊を感得し、体が痺れ多大な至福感を覚える。このときに「麻原に一生付いていくほかない」と確信する。このときの体感を「生死を越える」に詳しく書いている。麻原に礼を言い、道場へ行くと、突然肉体のクンダリニーが昇り、シャクティー・チャクラーが起こる。ムーラ・バンダ、ウディヤーナ・バンダが起こり、その後背中の方が盛り上がり、首のところでジャーランダラ・バンダが起こり、頭の方へすっと抜けた感じがした。これが精神集中やマントラを唱えるだけで自分自身で抑えられないほどに、すぐに起こるようになる。新実自身によれば「この霊的な変化が本当に自分の内面で起こったことをきっかけとして、やっと信に目覚めさせてもらった」という。

卒業後は地元で、みそなどを製造する食品会社マルサンアイ就職し営業担当となるが、その後、勤務先でも上司の信頼を得、新入社員の代表にもなることができ業務成績も優秀で、会社始まって以来のもっとも優秀な新入社員とまで評価されるようになった。[9]

しかし、その後心が現実生活に向かったため「魔境」に陥り二度も自動車事故を起こした。1987年5月のゴールデンウィークの前頃から事故ヴィジョンが見え始める。通常なら事故のヴィジョンは否定するが、新実は事故を実際に起こせばどうなるかという気持ちが沸き起こり、時速120qで田んぼに突っ込んだことがあった。麻原のシャクティーパットや霊的な体験によって守られているという自信があったため、死なない確信があった。普通なら否定すべき誘惑に引っかかったと感じ、後にそれを「魔境」で「暴力のカルマ」だったと受け取った。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:84 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE