新古典派経済学
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

新しい古典派」とは異なります。

経済学
地域別の経済
一般カテゴリ
ミクロ経済学 マクロ経済学
経済思想史
方法論 異端的アプローチ
技法
数理経済学 計量経済学
実験経済学 国民経済計算
分野
行動 文化 進化
経済成長 開発 経済史
国際 経済体系
貨幣と金融
公共厚生
医療 教育 福祉
人口 労働 人事
経営 計算
ビジネス 情報 ゲーム理論
産業組織論
農業 天然資源
環境 生態
都市 農村 地域 地理学 空間
一覧
 経済学者 学術雑誌 重要書籍
カテゴリ 索引 概要
経済
Portal:経済学










新古典派経済学(しんこてんはけいざいがく、: Neoclassical economics)とは、経済学における学派の一つ。近年盛んになった新しい古典派(ニュー・クラシカル)との区別からネオクラシカルと呼ぶこともある。

もともとはイギリスの古典派経済学の伝統を重視したアルフレッド・マーシャルの経済学(ケンブリッジ学派)を指すとされたが、広義にはオーストリア学派(ウィーン学派)、ローザンヌ学派(数理学派)、ケンブリッジ学派の三学派を指す場合もあり[1]、さらにイギリスのジェボンズフランシス・イシドロ・エッジワースジョン・ベイツ・クラークによるアメリカで隆盛したアメリカ経済学やクヌート・ヴィクセルスウェーデン学派を含める場合もある[1]。現在では一般に限界革命以降の限界理論と市場均衡分析をとりいれた経済学をさす。数理分析を発展させたのが特徴であり、代表的なものにレオン・ワルラス一般均衡理論や新古典派成長理論などがある。

新古典派においては一般に、経済を経済主体の最適化行動と需給均衡の枠組みで捉え、パレートの意味での効率性によって規範的な評価を行う。


目次

1 新古典派経済学の特徴

1.1 失業


2 新古典派(ネオクラシカル)と新しい古典派(ニュー・クラシカル)

3 新古典派総合

4 批判

5 学者の見解

6 備考

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク


新古典派経済学の特徴

新古典派経済学は自由放任主義(レッセフェール)の理論であるとの見解がしばしば表明されてきたが、ジョン・メイナード・ケインズ以前あるいはケインズ以外の自由主義経済学派の系統と呼ぶのがより実体に近く、政治思想としての自由放任主義、とくにリバタリアニズムアナキズム(無政府主義)とは大きく異なり、公共財の供給や市場の失敗への対処、あるいはマクロ経済安定化政策など政府にしか適切に行えないものは政府が行うべきであるとするなど、政府の役割も重視する。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:48 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE