文化
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

「文化」のその他の用法については「文化 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

文化(ぶんか、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。

ハイカルチャーのように洗練されたもの

象徴的な思考や学習による信念やふるまいのパターン

ある社会組織に共有されている価値観

なお、日本語の「文化」という語は坪内逍遥によるものとされている[1]


目次

1 文化の定義

1.1 概説

1.1.1 古典的・日常的な文化

1.1.2 人類学的文化

1.1.3 社会学的文化

1.1.4 考古学的文化


1.2 文化を担う集団

1.3 動物の文化


2 文化の発祥と伝播・変容

3 文化にまつわる議論

3.1 単一発展史観

3.2 環境に対する適応としての文化

3.3 文化についての語り

3.3.1 誰の文化なのか

3.3.2 文化の権利


3.4 カルチュラル・スタディーズ

3.4.1 未開文化の消滅

3.4.2 混血文化としての観光


3.5 多文化主義と文化隔離主義

3.6 文化資本と社会構造


4 ミーム

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


文化の定義
概説
古典的・日常的な文化

ラテン語 colere(耕す)から派生したドイツ語の Kultur や英語の culture は、本来「耕す」、「培養する」、「洗練したものにする」、「教化する」といった意味合いを持つ。18世紀後半に、産業化を示す技術革新、生産性の向上、社会の官僚化といった人間の外部に相当するものとしての文明と対比される、人間の精神面での向上を示す言葉として位置づけるものとしての文化という意味で議論を展開したのがマシュー・アーノルドである[2]。この定義では文化は教養と言い換えることもできる。英語やフランス語は、日本語・中国語・ドイツ語とは異なり、「文化」と区別される「教養」という語を持っていないので、その間の区分が明示的でない。
人類学的文化

人類学においては、人間と自然動物の差異を説明するための概念が文化である[3]

こうした定義の最初のものはイギリス人類学者エドワード・バーネット・タイラー (1871) の、広く民族学で使われる文化、あるいは文明の定義とは、知識、信仰、芸術、道徳、法律、慣行、その他、人が社会の成員として獲得した能力や習慣を含むところの複合された総体のことである ??エドワード・バーネット・タイラー、Primitive culture[4]

である。この文に続く進化主義的な議論は批判されているが、タイラーの定義は今でも基本的には正当性が認められている[5]

この定義は動物に社会が存在しないことが自明とされていた時代の定義であり、後に野生動物も社会を形成することが認められるようになると、新たな制約が加えられた。動物が使うことがない言語によって特徴づけるようになったのである。この場合、動物の音声コミュニケーションとは異なる特徴である再帰性象徴性が強調された。レヴィ=ストロースによれば、言語は文化の条件であるという[6]。つまり文化は、それが非言語的なものであっても言語的な性質を備えている象徴的な事象と定義するもので、構造主義文化人類学者によく使われる[7][8]


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:39 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE