文化遺産_(世界遺産)
[Wikipedia|▼Menu]
世界遺産 > 文化遺産 (世界遺産)

ポータル 世界遺産

ユネスコが登録する世界遺産は、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されている。この項目では、そのうち「文化遺産」について扱う。

2015年の第39回世界遺産委員会終了時点では、文化遺産は802件登録されている[1]
目次

1 分類

1.1 記念物

1.2 建造物群

1.3 遺跡


2 登録基準

2.1 基準(1)

2.2 基準(2)

2.3 基準(3)

2.4 基準(4)

2.5 基準(5)

2.6 基準(6)


3 グローバル・ストラテジー

3.1 文化的景観

3.2 産業遺産

3.3 現代建築


4 その他の分類

5 ギャラリー

5.1 日本

5.2 アジア

5.3 オセアニア

5.4 アフリカ

5.5 ヨーロッパ

5.6 北・中央アメリカ

5.7 南アメリカ


6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 関連項目

分類

世界遺産条約では、文化遺産は次の3つのいずれかに分類されている。
記念物

記念物 (monument) [注釈 1]は世界遺産条約第1条では「建築物、記念的意義を有する彫刻及び絵画考古学的な性質の物件及び構造物、金石文洞穴住居並びにこれらの物件の組合せであって歴史上、芸術上又は学術上顕著な普遍的価値を有するもの」[2]と定義されている。具体的には、ケルン大聖堂ドイツ)のように単独の建造物が登録される物件は、これに分類されるのが普通である。
建造物群

建造物群 (group of buildings) は、世界遺産条約第1条では「独立し又は連続した建造物の群であって、その建築様式、均質性又は景観内の位置のために、歴史上、芸術上又は学術上顕著な普遍的価値を有するもの」[2]と定義されている。具体的には、ポルト歴史地区ポルトガル)のように町並みなどが登録される場合には、これが適用される。また、 ベルギーとフランスの鐘楼群のようにまとまった景観を形成していなくても、「建造物群」としてカテゴライズされるものがある。
遺跡

遺跡 (site) は世界遺産条約第1条では「人工の所産(自然と結合したものを含む。)及び考古学的遺跡を含む区域であって、歴史上、芸術上、民俗学上又は人類学上顕著な普遍的価値を有するもの」[2]と定義されている。このカテゴリーにはクンタ・キンテ島と関連遺跡群ガンビア)やキルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群(タンザニア)などの考古遺跡だけでなく、フィリピン・コルディリェーラの棚田群のように現存する農業文化の継承地域なども含まれる。

1992年に「世界遺産条約履行のための作業指針」に「文化的景観」の概念が盛り込まれたが、これは上記3分類の「遺跡」に規定された自然と結合した人工の所産に含まれる[3][注釈 2]
登録基準

文化遺産として登録されるためには、登録基準に照らして「顕著な普遍的価値」を有することを世界遺産委員会で認められることが必要となる。委員会での審議に先立ち、ICOMOSが調査を行い、登録にふさわしいかどうかの勧告を行う[4]

文化遺産としての登録基準は以下のとおりである。

(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。

(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

(5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

これらの基準はひとつだけの基準が適用されることよりも、複数の基準が適用されることが多い。以下、基準ごとにその基準で登録された物件の例示を行う。
基準(1)

(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。

基準(1)のみが適用されて登録された物件には、タージ・マハルインド)、シドニー・オペラハウスオーストラリア)、プレアヴィヒア寺院カンボジア)がある。この基準は、「アントニ・ガウディの作品群」や「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」のような創造的才能を発揮した個人に帰する物件にしばしば適用されるのはもちろんだが、ティヤの石碑群エチオピア)のように制作者も制作年代も定かではない物件であっても、適用されることがある。

タージ・マハル

プレアヴィヒア寺院

アントニ・ガウディの作品群

ティヤ

基準(2)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:89 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE