文化遺産_(世界遺産)
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
世界遺産 > 文化遺産 (世界遺産)

ポータル 世界遺産

ユネスコが登録する世界遺産は、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されている。この項目では、そのうち「文化遺産」について扱う。

2015年の第39回世界遺産委員会終了時点では、文化遺産は802件登録されている[1]


目次

1 分類

1.1 記念物

1.2 建造物群

1.3 遺跡


2 登録基準

2.1 基準(1)

2.2 基準(2)

2.3 基準(3)

2.4 基準(4)

2.5 基準(5)

2.6 基準(6)


3 グローバル・ストラテジー

3.1 文化的景観

3.2 産業遺産

3.3 現代建築


4 その他の分類

5 ギャラリー

5.1 日本

5.2 アジア

5.3 オセアニア

5.4 アフリカ

5.5 ヨーロッパ

5.6 北・中央アメリカ

5.7 南アメリカ


6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 関連項目


分類

世界遺産条約では、文化遺産は次の3つのいずれかに分類されている。
記念物

記念物 (monument) [注釈 1]は世界遺産条約第1条では「建築物、記念的意義を有する彫刻及び絵画考古学的な性質の物件及び構造物、金石文洞穴住居並びにこれらの物件の組合せであって歴史上、芸術上又は学術上顕著な普遍的価値を有するもの」[2]と定義されている。具体的には、ケルン大聖堂ドイツ)のように単独の建造物が登録される物件は、これに分類されるのが普通である。
建造物群

建造物群 (group of buildings) は、世界遺産条約第1条では「独立し又は連続した建造物の群であって、その建築様式、均質性又は景観内の位置のために、歴史上、芸術上又は学術上顕著な普遍的価値を有するもの」[2]と定義されている。具体的には、ポルト歴史地区ポルトガル)のように町並みなどが登録される場合には、これが適用される。また、 ベルギーとフランスの鐘楼群のようにまとまった景観を形成していなくても、「建造物群」としてカテゴライズされるものがある。
遺跡

遺跡 (site) は世界遺産条約第1条では「人工の所産(自然と結合したものを含む。)及び考古学的遺跡を含む区域であって、歴史上、芸術上、民俗学上又は人類学上顕著な普遍的価値を有するもの」[2]と定義されている。このカテゴリーにはクンタ・キンテ島と関連遺跡群ガンビア)やキルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群(タンザニア)などの考古遺跡だけでなく、フィリピン・コルディリェーラの棚田群のように現存する農業文化の継承地域なども含まれる。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:89 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE