文久
[Wikipedia|▼Menu]

文久(ぶんきゅう)は日本元号の一つ。万延の後、元治の前。1861年から1864年までの期間を指す。この時代の天皇孝明天皇江戸幕府将軍は徳川家茂
目次

1 改元

2 出典

3 文久年間の出来事

3.1 誕生

3.2 死去


4 西暦との対照表

5 脚注

改元

万延2年
2月19日グレゴリオ暦1861年3月29日讖緯説に基づく辛酉革命の年に当たるため改元

文久4年2月20日(グレゴリオ暦1864年3月27日) 元治に改元

なお、前回の万延改元の時に最終的に絞られた2つのうち最後に外されたのが「文久」であった[1]
出典

後漢書』謝該伝の「文武並用、成長久之計」より。
文久年間の出来事
元年


2月
ロシア軍艦ポサドニック号による対馬占領事件

5月 東禅寺事件

12月 文久遣欧使節

2年


1月 幕府老中安藤信正が襲撃される坂下門外の変が起こる。

2月 皇女和宮と第14代将軍徳川家茂の婚礼。

2月 大野佐吉が浅草瓦町(現在の台東区浅草橋)で鮒佐を創業。醤油で煮る現在の佃煮の形を創り上げる。

4月 薩摩藩島津久光が上京する。徳川慶喜将軍後見職に就任する(文久の改革)。

8月 生麦事件

3年


3月 将軍徳川家茂が上洛する。

同 『青砥稿花紅彩画』(歌舞伎作品。白浪五人男、弁天娘女男白浪とも)河竹黙阿弥の代表作の一つ。江戸市村座で初演。

5月 長州藩が下関で外国艦隊に砲撃を行う。姉小路公知暗殺(朔平門外の変)。

7月 薩英戦争

8月 天誅組の変。京都で八月十八日の政変が起こる。横浜の山手にイギリス軍、フランス軍が駐屯開始(英仏横浜駐屯軍

9月 井土ヶ谷事件

10月 生野の変

誕生

元年
加藤友三郎(海軍大将、第21代内閣総理大臣

2年 新渡戸稲造国際連盟事務次長)、森鴎外(陸軍軍医、小説家

3年 徳川家達(第16代徳川宗家当主、貴族院議長)

死去

元年
ヘンリー・ヒュースケン(29歳没)

2年 吉田東洋(暗殺 享年46)、本因坊秀策(病死 享年34)

3年 清河八郎(暗殺 享年34)、姉小路公知(暗殺 享年25)

西暦との対照表

文久元年2年3年4年
西暦
1861年1862年1863年1864年
干支辛酉壬戌癸亥甲子

脚注^ 久保貴子「改元にみる朝幕関係」『近世の朝廷運営-朝幕関係の展開-』(岩田書院、1998年) ISBN 4-87294-115-2 P284-286










日本の元号
飛鳥時代

大化645-650

白雉650-654

白鳳?-?

朱雀?-?

朱鳥686

大宝701-704

慶雲704-708

和銅708-715

奈良時代
霊亀715-717

養老717-724

神亀724-729

天平729-749

天平感宝749

天平勝宝749-757

天平宝字757-765

天平神護765-767

神護景雲767-770

宝亀770-781

天応781-782

延暦782-806

平安時代
大同806-810

弘仁810-824

天長824-834

承和834-848

嘉祥848-851

仁寿851-854

斉衡854-857

天安857-859

貞観859-877

元慶877-885

仁和885-889

寛平889-898

昌泰898-901

延喜901-923

延長923-931

承平931-938

天慶938-947

天暦947-957

天徳957-961

応和961-964

康保964-968

安和968-970

天禄970-974

天延974-976

貞元976-978

天元978-983

永観983-985

寛和985-987

永延987-989

永祚989-990

正暦990-995

長徳995-999

長保999-1004

寛弘1004-1013

長和1013-1017

寛仁1017-1021

治安1021-1024

万寿1024-1028

長元1028-1037

長暦1037-1040

長久1040-1044

寛徳1044-1046

永承1046-1053

天喜1053-1058

康平1058-1065

治暦1065-1069


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:25 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE