教育
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2010年4月)

この項目では、一般的な概念としての教育について説明しています。その他の用法については「教育 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
アメリカニューヨークのレクチャーシアターFIRST Robotics Competitionにおける学生徒弟

教育(きょういく、: educatio、: education、: education, enseignement、: Bildung, Erziehung、西: educacion、: educacao、: Образование、: ??????)は、教え育てることであり[1][2]、ある人間を望ましい状態にさせるために、の両面に、意図的に働きかけることである[3]。教育を受ける人の知識を増やしたり、技能を身につけさせたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとすること[3]である。

教育の機能や効果については、さまざまなことが言われている。政治面、経済面など様々なことが挙げられている。教育は、民主化を推進することになる、と指摘されている。また経済学的に見ると、生産性が向上する、とも指摘されている。なお、教育がむしろ否定的な効果・機能を果している場合には「教育の逆機能」と呼ばれることがある。

教育を研究のする学問を教育学と言う。教育学は、哲学・心理学・社会学・歴史学などの方法を用いて教育を研究する。様々な目的で細分化されており、基礎的・基本的なものとして、教育哲学・教育社会学・教育心理学・教育史学などがあり、実践的なものとして領域教育方法論・臨床教育学・教科教育学なものがある。(中学や高校の)教師になろうとする人は、必修科目として教育学を学ぶ。(ただし大学教授は教育学を学んでいない人がなっていることは多い。)

年齢による分類もあり、乳児の場合には、その教育は乳児教育(保育)と呼ばれ、幼児の場合は幼児教育、児童の場合には児童教育、成人である場合は成人教育と呼ばれる。


目次

1 定義の諸説

2 歴史

3 教育を受ける権利

4 教育の理論、教育哲学

5 教育の分類

5.1 フォーマル教育

5.1.1 職業教育

5.1.2 特別支援教育


5.2 オルタナティブ教育

5.3 ノン・フォーマル教育

5.4 イン・フォーマル教育

5.5 自己教育

5.6 オープン教育


6 教育制度

6.1 教育行政・教育政策

6.2 教育施設


7 教育の課程・内容・方法

7.1 教育内容

7.2 教育方法

7.3 教育効果


8 教育社会学

9 教育経済学

9.1 教育費

9.2 教育と収入


10 教育問題

11 教育学

12 動物における教育

13 脚注

14 出典

15 参考文献

16 関連項目

17 外部リンク


定義の諸説
語源・語義からの定義


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:87 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE