教育
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2010年4月)

この項目では、一般的な概念としての教育について説明しています。その他の用法については「教育 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
FIRST Robotics Competitionにおける学生徒弟

教育(きょういく、: educatio、: education、: education, enseignement、: Bildung, Erziehung、西: educacion、: educacao、: Образование、: ??????)は、教え育てることであり[1][2]、ある人間を望ましい状態にさせるために、の両面に、意図的に働きかけることである[3]。教育を受ける人の知識を増やしたり、技能を身につけさせたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとすること[3]である。

教育の機能や効果については、さまざまなことが言われている。政治面、経済面など様々なことが挙げられている。教育は、民主化を推進することになる、と指摘されている。また経済学的に見ると、生産性が向上する、とも指摘されている。なお、教育がむしろ否定的な効果・機能を果している場合には「教育の逆機能」と呼ばれることがある。

教育を研究のする学問を教育学と言う。教育学は、哲学・心理学・社会学・歴史学などの方法を用いて教育を研究する。様々な目的で細分化されており、基礎的・基本的なものとして、教育哲学・教育社会学・教育心理学・教育史学などがあり、実践的なものとして領域教育方法論・臨床教育学・教科教育学なものがある。(中学や高校の)教師になろうとする人は、必修科目として教育学を学ぶ。(ただし大学教授は教育学を学んでいない人がなっていることは多い。)

年齢による分類もあり、乳児の場合には、その教育は乳児教育(保育)と呼ばれ、幼児の場合は幼児教育、児童の場合には児童教育、成人である場合は成人教育と呼ばれる。また、場所に着目して、家庭教育、学校教育、社会教育、世界教育(World Studies、日本では、国際理解教育と呼ぶ)という言い方もある。


目次

1 定義の諸説

2 歴史

3 教育を受ける権利

4 教育の理論、教育哲学

5 教育の分類

5.1 フォーマル教育

5.1.1 職業教育

5.1.2 特別支援教育


5.2 オルタナティブ教育

5.3 ノン・フォーマル教育

5.4 イン・フォーマル教育

5.5 自己教育

5.6 オープン教育


6 教育制度

6.1 教育行政・教育政策

6.2 教育施設


7 教育の課程・内容・方法

7.1 教育内容

7.2 教育方法

7.3 教育効果


8 教育社会学

9 教育経済学

9.1 教育費

9.2 教育と収入


10 教育問題

11 教育学

12 動物における教育

13 脚注

14 出典

15 参考文献

16 関連項目

17 外部リンク


定義の諸説
語源・語義からの定義

語源・語義からの定義の例を挙げると、「英語: education」や「フランス語: education」は、ラテン語: ducere(連れ出す・外に導き出す)という語に由来することから、「教育とは、人の持つ諸能力を引き出すこと」とする。
リチャード・ピーターズの定義

リチャード・ピーターズ(en:Richard Stanley Peters)は、「教育を受けた者」という概念の内在的な意味を探求し、自由教育(教養教育)の立場から「教育」を次の3つの基準を満たす活動として限定的に定義した[4]
教育内容 - 価値あるものの伝達

教育効果 - ものの見方が広がる

教育方法 - 学習者の理解を伴う

歴史最古の大学ともされるボローニャ大学での講義風景詳細は「教育史」、「西洋教育史」、および「日本教育史」を参照

教育に関する歴史教育史と呼ぶ。家庭教育社会教育も念頭に置けば、教育は人類の有史以来存在してきたものと考えることができる[5]

制度化された教育について、西洋では古代ギリシアまで遡ることが一般的である。高等教育機関は古代より世界各地に存在してきたが、現代の大学につながる高等教育機関が成立したのはヨーロッパの中世においてであって、11世紀末にはイタリアボローニャボローニャ大学が成立していたという。近代教育につながる教育学の祖形は、17世紀にコメニウスによって作られた。18世紀に入るとジャン=ジャック・ルソーが「エミール」を著し、この影響を受けたヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチによって学校教育の方法論が確立された。またペスタロッチは主に初等教育分野に貢献したのに対し、彼の影響を受けたフリードリヒ・フレーベルは幼児教育に、ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトは高等教育に大きな足跡を残した。19世紀に入ると産業革命以降の労働者の必要性から、民衆に対する教育の必要性が強く叫ばれるようになり、多くの国で公教育が導入され、初等教育については義務化される国が現れ始めた。この義務教育化の流れは産業化された国々を中心に広がっていったものの、多くの国で国民に対する一般教育公教育として施行されるようになったのは、20世紀に入ってからである。また、特にヨーロッパや南アメリカのカトリック圏諸国においては、初等教育を国家ではなく教会が担うべきとの意見が根強く、19世紀における主要な政治の争点のひとつとなった。この論争は20世紀に入るころにはほとんど国家側の勝利となり、ほとんどの国で初等教育は基本的に国家が担うものとなっていった。第二次世界大戦後に独立したアジアアフリカの新独立国においても教育は重視され、各国政府は積極的に学校を建設し、教育を行っていった。これにより、世界の識字率は20世紀を通じて上昇を続け、より多くの人々に公教育が与えられるようになっていった。

文献上で確認できる日本で初めて作られた教育制度は、701年大宝律令である。その後も貴族武士を教育する場が存在し、江戸時代に入ると一般庶民が学ぶ寺子屋が設けられるようになった。初等教育から高等教育までの近代的な学校制度が確立するのは明治時代である。第二次世界大戦後の教育は、日本国憲法教育基本法に基づいている。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:86 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE