敗戦処理
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2013年3月)


出典脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2013年3月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2013年3月)


ブルペンで投球練習をするリリーフ投手

野球におけるリリーフ(relief)、救援、または継投とは、先発投手の降板後、他の投手登板すること。

リリーフを担う投手を日本では「リリーフ投手」や「救援投手」、アメリカ合衆国(以下アメリカ)では「リリーバー(reliever)」などと呼び、その役割によって特別な名称が用いられる場合もある(#リリーフ投手の種類を参照)。


目次

1 概要

2 歴史

2.1 MLB

2.2 NPB


3 リリーフ投手の種類

3.1 抑え

3.2 中継ぎ

3.2.1 セットアッパー

3.2.2 ワンポイントリリーフ

3.2.3 ロングリリーフ・便利屋

3.2.4 敗戦処理



4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


概要

リリーフ投手は、試合途中にブルペンで投球練習を行い、あらかじめ出番に備えたうえで登板する。チームによってベンチ入り登録されるリリーフ投手の人数は異なるが、日本プロ野球(以下NPB)の場合は6 - 8人ほどである。シーズンあたりの試合数が160試合以上になり、また原則として引き分けもないため長時間の試合になりやすいメジャーリーグベースボール(以下MLB)の場合は10人ほどがベンチ入りしている。先発投手が先発ローテーションに従い中4日以上の間隔を空けて登板するのに対し、リリーフ投手は数試合連続登板することも多い(登板記録に関しては登板#登板に関する記録を参照)。

NPBにおいては「中継ぎ降格」という表現が存在することからも読み取れるように、リリーフ投手を先発投手クローザーよりも一段劣った存在とみなし、先発ローテーションに加われない・通用しなくなった投手がこなす役割であるとされ、先発争いから脱落した投手が中継ぎに回っている例が散見される。また抑え(後述)投手が炎上しやすくなるなどして中継ぎに回されることもある。

「投手の肩は消耗品」[1]という考えが根強く存在しているが、実際、特にリリーフ投手は、緊迫した局面での登板がどうしても多くなることなどから、いわゆる登板過多に伴う勤続疲労を起こしやすくなり[2]、その結果として、若くして現役引退を余儀なくされる選手が少なくない[3]

規定投球回数を満たしにくいこともあってリリーフ投手の活躍を明確な数値として表すことは容易でなく、勝利数や奪三振数などの伝統的に主要な投手記録では先発投手を上回ることが事実上不可能に近い。しかし「投手分業制」が浸透し、先発投手の完投が減少するに従って、優秀なリリーフ投手の存在がチームの勝率に与える影響は大きくなっていった。また後述するようにリリーフ投手を表彰する各種タイトルも制定されるようになり、その評価は徐々に高まってきている。
歴史
MLB

フィラデルフィア・フィリーズ監督のエディ・ソイアーは投手のジム・コンスタンティー1948年よりリリーフ専門で起用しはじめた。コンスタンティーは1950年に16勝7敗22セーブ、防御率2.66を記録する活躍を見せ、最優秀選手にも選ばれた。さらにフィリーズはこの年のナショナルリーグで優勝した。

こうしたリリーフ専門投手の登場により、MLBでは1960年に非公式ながら最も優秀な抑え投手を表彰するファイアマン賞が制定された。さらに1969年には最多セーブが公式タイトルに制定された。

1974年にはマイク・マーシャルが106試合登板・15勝21セーブの成績を残し、リリーフ投手として初めてサイ・ヤング賞を獲得した。

また、1976年にはローレイズ・リリーフマン賞2005年にはDHL デリバリー・マン・オブ・ザ・イヤーという表彰がそれぞれ開始されていった。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:39 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE